ザ・リガニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・リガニーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォーク
活動期間 1967年 - 1970年
2005年 -
レーベル EXPRESS / 東芝音楽工業
共同作業者
メンバー 新田和長 (ギター)
内山修 (ベース)
吉田光夫 (ギター、バンジョー)
常富喜雄 (ギター)
旧メンバー 武藤敏史 (ギター)
所太郎 (ギター)
渡辺真木雄 (ギター)

ザ・リガニーズ (The Rigannies) は、1967年 - 1970年に活動した日本のフォークグループである。

メンバー[編集]

  • 新田和長 (ギター) 神奈川県横浜市出身
  • 武藤敏史 (ギター) 埼玉県飯能市出身
  • 内山修 (ベース) 東京都江東区出身 
  • 吉田光夫 (ギター・バンジョー) 東京都杉並区出身
  • 常富喜雄 (ギター) 東京都世田谷区出身   

元メンバー

  • 所太郎 (ギター) 東京都出身
  • 渡辺真木雄 (ギター) 東京都出身

来歴[編集]

1967年夏、早稲田大学公認バンドサークルWFS(Waseda Folksong Society) のメンバーが結成。当初は新田・内山・吉田・所・渡辺の5人だったが、所と渡辺が脱退し武藤と常富が加入。

ある日、まるで彼らの歌に聞き入るかのように、一匹のザリガニが田んぼの中にうずくまっていた。格好がいいとはお世辞にも言えない一匹のザリガニに妙に心惹かれるものがあり、その一匹のザリガニが「ザ・リガニーズ」というグループ名誕生のきっかけとなった。なお、この名称は大学卒業をもってクラブの後輩だったエ・ビガニーズに受け継がれる予定だったが、後のブレイクにより、この名称は使われ続けることになった。

1968年7月1日、「海は恋してる」でデビュー。10万枚を超えるヒットとなり「カレッジ・ポップス」の先鞭となった。この詞を作詞したのは、垣見源一郎というクレジットではあるが、垣見源一郎とは日本鋪道 (現NIPPO)に努める村石政志 (現常務執行役員土木部長) [1]

1970年5月9日に解散。内山修と常富喜雄は「」の結成に参加した。

新田は在籍中の1965年に東芝音楽工業 (現:EMIミュージック・ジャパン) に入社し、音楽プロデューサーとしての活動を開始。その後1984年にファンハウス (→BMGファンハウス→BMG JAPANアリオラジャパン) を設立、2001年にドリーミュージックを設立した。

武藤も東芝音楽工業に入社し、オフコースなどのプロデューサーを務めた。

所太郎はTHE・サンデー (日本テレビ)、スーパーモーニング (テレビ朝日)などといったワイドショー番組の、政治・社会 (主に事件現場) などの部門のレポーターとして現在も活躍中。

2005年に新田・内山・吉田・常富の4人で再結成される。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 海は恋してる (1968/07/01)
    作詞:垣見源一郎 / 作曲:新田和長 / 編曲:ありたあきら
  • スキッピー (1968/11/10) 日本テレビ系テレビ映画「カンガルー・スキッピー」主題歌
  • 落葉の季節 (1968/12/05)
    作詞:内山修 / 作曲:内山修 / 編曲:青木望
  • 白いゆり (1969/04/01)
    作詞:片桐和子 / 作曲:内山修 / 編曲:青木望
  • 君のおもかげ (1969/09/01)
    作詞:垣見源一郎 / 作曲:ザ・リガニーズ / 編曲:
  • 明日では遅すぎる (1970/07/05)
    作詞:阿久悠 / 作曲:筒美京平 / 編曲:筒美京平

アルバム[編集]

  • YOU AND THE SEA (1969/04/01)
  • 1. 海は恋してる 2:47
  • 2. 白いゆり 3:12
  • 3. 戦争は知らない 3:43
  • 4. 七つの水仙 3:07
  • 5. 花ちゃん 3:36
  • 6. 虹の中の少女 4:50
  • 7. 落葉の季節 3:17
  • 8. 二人の明日 3:09
  • 9. 君の涙になりたい 2:49
  • 10. 大きなゲタの唄 3:15
  • 11. ランブリン・ボーイ 4:17
  • 12. 惜別の時 3:15

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲~「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話~』ヤマハミュージックメディア、2007年、40頁。ISBN 978-4-636-82548-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]