長沢節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長沢 節(ながさわ せつ、本名:長沢昇(ながさわ のぼる)、1917年5月12日 - 1999年6月23日)は、イラストレーター水彩画家デザイナーエッセイストファッション評論家映画評論家セツ・モードセミナー創設者。日本のファッション・イラストレーターの草分け。

略年譜[編集]

  • 1917年5月12日福島県会津若松市に生まれる。文化学院美術科卒業。
  • 1954年、節スタイル画教室をサロン・ド・シャポー内の一室で始める。その後、セツ・モードセミナーと改称。
  • 1965年、セツ・モードセミナーの校舎を新宿に移転。
  • 1946年、スカートをはいて銀座を歩き街頭スナップの写真記事が掲載。
  • 1960年、1年間渡仏。
  • 1964年、「モノセックスショー」開催、銀座ワシントン靴店協賛。
  • 1970年、「ホモ・ジュッピーズ」開催。
  • 1999年6月23日、自転車で転倒し、脳挫傷にて死去、享年82。

人物[編集]

小学校時代、画家で小学校教師の渡辺菊二と出会う。会津中学入学。建築家を夢見るが断念。

軍事教練不合格で官立校の東京美術学校(東京芸大)への進学を断念、文化学院へ入学。卒業後水彩画へ。春日部たすく画伯と親交。

戦前から中原淳一の推薦で女性誌『新女苑』にデビュー。『それいゆ』や『ひまわり』といった雑誌にイラストやエッセイを掲載(当時セツが書いた小説が、親交のあった三島由紀夫の目に留まる)。昭和初期に池袋モンパルナスと呼ばれたすずめヶ丘のアトリエ村に住む時期もあった。戦時中はやせこけた画風から軍部に執筆停止処分を受ける。

新作家賞受賞(その他は辞退)。戦後の日本ファッション界に当時としては刺激的なスタイル画で一世を風靡。アドセンターの依頼でプレタポルテ運動のため日本ではじめてのファッションショーを開く。水彩連盟にスタイル画(現・キッシュアート)部門を創設。

主催する学校セツ・モードセミナーから、様々な分野の多くの優れた人材を輩出。服飾雑誌『装苑』でセツ・シネマセミナーを連載27年間連載。山下充、春日部洋、星信郎、初川良ほか6人で絵画団体「サンチマン・ヌーボー」を結成。

生涯独身を通す。自由で上品な美しさというセツ美学を持つ。

デザイン[編集]

  • 『銀座旋風児』(ギンザマイトガイ)(1959)の主人公の服飾デザイン担当

TV[編集]

受賞歴[編集]

(その他の受賞は全て辞退していた)

作品展[編集]

  • 弥生美術館 長沢節展 〈セツ神話〉の秘密に迫る2004年4月1日(木曜日) - 2004年6月27日(日曜日)

著書[編集]

  • 「スタイル画教室 モード・エスプリ・デッサン」美術出版社、1956年
  • 「長沢節デッサン集. 第1輯」作品社、1957年
  • 「デッサン・ド・モード 女と男の新しい形を描く」美術出版社、1966年
  • 「細長いスネをもつ優しい男たちの中で」文化出版局、1970年
  • 「わたしの水彩」美術出版社、1980年
  • 「大人の女が美しい」草思社、1981年
  • 「セツの100本立映画館」草思社、1985年
  • 「弱いから、好き。」文化出版局、1989年
  • 「長沢節と風景たち」美術出版社 1992年12月
  • 「美少年映画セミナー」角川書店、1994年
  • 「あいまいな色が好き。 セツのおしゃれノート」文化出版局、1994年
  • 「スタイル画の世界」長沢節監修、穂積和夫河原淳共編、ダヴィッド社、1976年

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]