ワルデマル・ボンゼルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルデマル・ボンゼルス
Waldemar Bonsels
Waldemar Bonsels.jpg
ワルデマル・ボンゼルス(1923年)
誕生 1881年2月21日
Flag of the German Empire.svgドイツ国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州アーレンスブルク
死没 (1952-07-31) 1952年7月31日(満71歳没)
Flag of Germany.svg西ドイツバイエルン州アンバッハ
職業 小説家児童文学
文学活動 新ロマン主義
代表作 『蜜蜂マーヤとその冒険』(1912年)
『インド紀行』(1916年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ワルデマル・ボンゼルスWaldemar Bonsels1881年2月21日 - 1952年7月31日)は、ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州内の、ハンブルクに接するシュトルマルン郡en:Stormarnde:Stormarn)の一都市アーレンスブルクen:Ahrensburgde:Ahrensburg)生まれ[1]の作家、児童文学作家。ワルデマールワイデマールウァイデマルヴァルデマールの表記もある。

概要[編集]

若い頃からヨーロッパ各地やインド・エジプト等へ旅し、各地の植物・動物を観察し、作品にまとめていった。独特の感性と深い愛情に基づいた自然観察と、宗教的敬虔に裏打ちされた神秘的な世界とが織り成す作品は、ドイツ新ロマン主義文学の傑作の一つとして多くの読者を得た。しかし、晩年の世界観を詠った哲学的な詩作品は、そのような成功には至らなかった。

武田忠哉世界文藝大辭典1937年[2]にこう記している。

ドイツ新浪漫派の代表者。牧歌的な世界に、特に動物の生活を通じて自己の體驗を構成し、神に對する敬虔と人生への愛着と自然への歸依とを告白した。『蜜蜂マーヤーの冒險』“Die Biene Maja und ihre Abenteuer”(1912)は、世界の浪漫派文學に一つの地位を持つ傑作と云はれ、蜜蜂マーヤーの遍歷と冒險を中心として深い感情と人生に對する叡智に充たされてゐる。その他、『天國に住むもの』“Himmelsvolk,” 『インド行』“Indienfahrt,” 『死の故鄕』“Die Heimat des Todes.”

—武田忠哉(『世界文藝大辭典』第6巻[3]より)

1952年7月31日、バイエルン州オーバーバイエルン県バート・テルツ=ヴォルフラーツハウゼン郡en:Bad Tölz-Wolfratshausende:Bad Tölz-Wolfratshausen)にある、シュタルンベルク湖畔のミュンジング市en:Münsingde:Münsingアンバッハde:Ambach)で没した。

著作リスト[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実吉捷郎訳『蜜蜂マアヤ』(1937年、岩波文庫)の「附記」参照。
  2. ^ 利用した版は上述の「参考文献」欄に記したもの。
  3. ^ 武田忠哉は1944年に亡くなっているため、現在、著作権の保護期間を満了している。よって、全文をここに録して広く供することにした。
  4. ^ 邦訳多数。邦題には、「みつばちマーヤの冒険」「みつばちマーヤ」「みつばちマーヤのぼうけん」「蜜蜂マアヤ」「ミツバチ・マアヤの冒険」などがある。
  5. ^ 吉村博次訳『大空の種族―花と動物と神の童話』(創文社〈アルプ選書〉、1960年)として邦訳がある。
  6. ^ 実吉捷郎訳になる邦訳(岩波文庫、上:1943年ISBN 4-00-324592-X/下:1945年ISBN 4-00-324593-8)がある。
  7. ^ 鈴木正治(すずきまさじ)訳・木下公男絵になる邦訳(白水社1964年)がある。
  8. ^ 吉江喬松編『世界文藝大辭典』(中央公論社、1937年)の復刻版。

外部リンク[編集]