式場壮吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
式場壮吉
個人情報
生誕 (1939-02-09) 1939年2月9日
日本の旗 日本 千葉県市川市
死去 (2016-05-17) 2016年5月17日(77歳没)
スポーツ
競技 自動車競技
成績・タイトル
国内大会決勝 第1回日本グランプリクラス優勝
第2回日本グランプリクラス優勝

式場 壮吉(しきば そうきち、1939年昭和14年)2月9日 - 2016年5月17日[1])は、日本実業家自動車評論家、元レーシングドライバー

経歴[編集]

生い立ち[編集]

千葉県市川市の病院経営者の家に生まれ、精神病理学者の式場隆三郎の甥にあたる。成城大学文芸学部在学中より輸入車をドライブし、式場の同郷の後輩であった浮谷東次郎や、生沢徹本田博俊、杉江博愛(後の徳大寺有恒)、福澤幸雄などの日本のモータースポーツ草創期を支えた名ドライバー達と親交があった。

また、式場はアマチュアのジャズマンとして「キャンティ」やホテルオークラなどに出入りし、ミッキー・カーチス(のちにレーサーとしても活躍)やムッシュかまやつ堺正章などの芸能人とも親しかった[2]

レースデビュー[編集]

ポルシェ・904

式場は1961年3月に成城大学文芸学部を卒業後、出版社に勤務した。その傍ら、1963年の第1回日本グランプリ鈴鹿)にむけてトヨタとワークスドライバー契約を結び、日本GPではC-Vクラスでコロナをドライブして優勝した。

第2回日本グランプリではT-VIクラスでクラウンをドライブし、性能に勝るプリンス・グロリア勢を相手に3位を獲得した。また、GT-IIクラスでは個人エントリーし、ポルシェ・904をドライブして優勝した。

このレースでは、新型ポルシェの入手経緯や予選クラッシュ後の修復作業、決勝で生沢のスカイラインGTに先行された1周(「スカイライン伝説」の誕生)など、著名なエピソードを残すことになった[3](詳細は当該記事を参照)。

引退[編集]

式場はその後、浮谷や生沢らと欧州を訪問しイギリスジム・ラッセル・レーシングスクールに短期入学する。1965年の日本GPにむけてロータス・エラン (26R) を入手したが、大会が中止となり、そのままレーサーを引退した。なお、代わって開催された全日本自動車クラブ選手権(船橋CCC)では、浮谷がエランをドライブして優勝した。

引退後[編集]

その後式場は、杉江らとともに、シキバエンタープライズを設立し、同社の自動車関連アクセサリーブランドであるレーシングメイト (RACING MATE) も立ち上げ、浮谷や生沢のレース活動を裏方からサポートした。彼らのトレードマークである四葉のクローバー[4]ヴァンヂャケット (VAN) とのダブルネームは当時の若者の憧れのファッションアイテムとなった。また、自動車雑誌『カーマガジン』(ベースボール・マガジン社[5])の責任編集を行なった。しかし1960年代末にレーシングメイトも倒産、カーマガジンも休刊となり、その後は父のあとを継いで精神科病院・式場病院の経営に関わり、専務理事を経て理事長を務める。

式場はレース引退後も自動車愛好家であり、フェラーリ・F12ベルリネッタベントレーを日常の足として愛用し、1990年代にはブガッティのアドバイザーを務めた。『NAVI』や『ENGINE』などの自動車雑誌に度々登場し、ミッレミリアなどのクラシックカーレースに時々参加していた。

2016年5月に死去していたことが明らかとなった[6]。77歳没。

家族[編集]

精神病理学者の式場隆三郎を伯父に持ち、1978年台湾の国民的歌手である欧陽菲菲と再婚した。義妹の欧陽ベベ (BeiBei) は渋谷区代官山で中華料理店を営む実業家である。

愛車[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “元レーシングドライバーの式場壮吉さん死去 妻は欧陽菲菲”. スポーツニッポン. (2016年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/05/20/kiji/K20160520012620790.html 2016年5月20日閲覧。 
  2. ^ 野地秩嘉『キャンティ物語』 幻冬舎、1994年。
  3. ^ 『日本の名レース100選 '64 第2回日本GP』三栄書房
  4. ^ "2013年02月05日■ RACING MATE とライセンス契約を締結". 三和トレーディング有限会社
  5. ^ 後に出版されているネコ・パブリッシング刊の同名雑誌とは異なる。
  6. ^ “訃報:日本のモータースポーツ草創期に活躍した式場壮吉さん亡くなる”. AUTO SPORTS WEB. (2016年5月19日). http://www.as-web.jp/domestic/16864 2016年5月19日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 井出耕也『むかし、狼が走った』
  • NAVI
  • AUTO SPORTS YEAR BOOK(三栄書房)
  • AUTO SPORTS(三栄書房)
  • オートテクニック(山海堂)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]