伊東きよ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊東 きよ子
生誕 (1947-01-24) 1947年1月24日(72歳)
出身地 北海道札幌市
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1965年 - 1970年代前半
レーベル 日本コロムビア
1967年 - 1968年
アポロン音楽工業
(1968年)
CBS・ソニー
(1968年 - 1972年
事務所 渡辺プロダクション

伊東 きよ子(いとう きよこ、1947年1月24日 - )は、日本歌手北海道札幌市出身。1967年の『花と小父さん』のヒットで知られる。

来歴[編集]

1964年青山学院高等部を卒業後、宝塚音楽学校へ入学。東宝のインターナショナル・ダンシング・チームのオーディションに合格し、6月にはミュージカル『ノー・ストリングス』にダンサーとして出演するがアキレス腱炎のため踊りを断念。宝塚音楽学校を退学する。

当時日本の若者の間で流行していたフォーク・ソングに注目、歌手への転身を決め、1965年12月19日に日本劇場で開催された『第一回フォークソングフェスティバル』で歌手としての初舞台を踏んだ。翌1966年5月に来日したアメリカの人気グループ、ニュー・クリスティー・ミンストレルズ英語版のオーディションに合格、正式メンバーとなる。そのまま渡米し、ビザが切れる10月までグループに在籍[1]

帰国後は渡辺プロと契約。1967年6月に日本コロムビアCBSレーベルより浜口庫之助作の『花と小父さん』でデビュー。オリコンチャート38位のヒットとなった。翌年(1968年)の10月にレコード会社をCBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)) に移籍し、1970年代前半まで歌手として活動した。現在は引退している。

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. 花と小父さん c/w 愛のかけら(1967年/日本コロムビア/LL-10030-JC)
    元は植木等のソロアルバムのために書かれた曲。1998年に畠田理恵がシングルでカバー。2001年には市井紗耶香杉田二郎がアルバム『FOLK SONGS』でカバー。 2005年にはみのもんたがシングルのB面でカバーしている。2012年熊田胡々里見浩太朗がカバー。「愛のかけら」は伊東自身の作詞・作曲。
    • 花と小父さん - 作詞・作曲:浜口庫之助/編曲:中村五郎
    • 愛のかけら - 作詞・作曲:伊東きよ子/編曲:中村五郎
  2. リンゴの花咲くころ c/w さよならが云えない(1967年/日本コロムビア/LL-10041-JC)
    すぎやまこういち作曲。オリコン60位。
  3. 見知らぬ世界 c/w 星からの便り(1968年1月/CBS・ソニー/SONA-86009)
    明治百年記念芸術祭参加。"Unknown World / A Letter From The Stars" のタイトルで海外盤もリリースされた。型番は米Columbia 4-4877。
    • 見知らぬ世界 - 作詞・作曲:浜口庫之助/編曲:クニ河内
    • 星からの便り - 作詞・作曲:浜口庫之助/編曲:クニ河内
  4. 花のマドンナ c/w 廃虚のバラ(1968年4月10日/日本コロムビア/LL-10052-JC)
    筒美京平作曲。オリコン67位。後に渚ようこがカバー。
    • 花のマドンナ - 作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平
    • 廃虚のバラ - 作詞:山上路夫/作曲:Simpson/編曲:筒美京平
  5. 涙のびんづめ c/w パパとママになる日(1969年/CBS・ソニー/SONA-86038)
    寺山修司作詞。JASRACには「涙のびんめ」として登録。
    • 涙のびんづめ - 作詞:寺山修司/作曲:すぎやまこういち/編曲:クニ河内
    • パパとママになる日 - 作詞:山上路夫/作曲:村井邦彦/編曲:クニ河内
  6. さびしい時には家に来て c/w 5時から10時までの私(1970年/CBS・ソニー/SONA-86088)
    • さびしい時には家に来て - 作詞:安井かずみ/作曲・編曲:宮川泰
    • 5時から10時までの私 - 作詞:山上路夫/作曲:村井邦彦/編曲:馬飼野俊一
  7. 特別な関係 c/w すずめ(1970年/CBS・ソニー/SONA-86135)
    • 特別な関係 - 作詞:小平なほみ/作曲:クニ河内/編曲:小谷充
    • すずめ - 作詞:小平なほみ/作曲:クニ河内/編曲:小谷充
  8. 青いシャツ c/w 小犬と結婚なさい(1971年/CBS・ソニー/SONA-86181)
    • 青いシャツ - 作詞:山上路夫/作曲・編曲:渋谷毅
    • 小犬と結婚なさい - 作詞:山上路夫/作曲・編曲:渋谷毅
  9. 湖と砂丘のある町 c/w 悪女への出発(1971年12月4日/CBS・ソニー/SONA-80207)
  10. まもなく朝 c/w ひとりごと(1972年/CBS・ソニー/SOLA-14)
    • まもなく朝 - 作詞:千家和也/作曲・編曲:筒美京平
    • ひとりごと - 作詞:千家和也/作曲:筒美京平/編曲:青木望

コンパクト盤[編集]

アルバム[編集]

オムニバスアルバム[編集]

  • (CD) オルタナティヴ・フォーク・コレクションvol.2 1998年5月21日/ソニー・ミュージックレコーズ SRCL4229(2曲収録「あなたと暮らしたい」,「歌は残ってる」)
  • (CD) girlie cherie & sweet 1999年1月15日/ワーナーミュージック・ジャパン WPC7-8595(2曲収録「オーガンソ」,「花と小父さん」)
  • (CD) 東京ボサノヴァ・ラウンジ 2002年6月21日/テイチクエンタテインメント TECN-25800(1曲収録「オーガンソ」)
  • (CD) ソフトロック・ドライヴィン〜美しい誤解 2006年11月29日/ソニー・ミュージックダイレクト MHCL936(2曲収録「青いシャツ」,「小犬と結婚なさい」)

脚注[編集]

  1. ^ 1966年10月1日に日本で発売されたニュー・クリスティ・ミンストレルズのシングル、「歌は流れにのって The Music Of The World A Turnin'/太陽がほしいんだ If I Could Start My Life Again」のジャケットに伊東が在籍時のメンバー写真が使用されているが、解説に記載の録音データによれば音源は在籍時のものではない。日本コロムビア LL-973-C

外部リンク[編集]