パパは独身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パパは独身
ジャンル テレビドラマ
脚本 布勢博一ほか
出演者 桜木健一
西川和孝
岡江久美子
小林千登勢
太宰久雄
名古屋章
河内桃子
前田昌明ほか
製作
プロデューサー 橋本洋二(TBS)
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年12月6日 - 1977年9月5日
放送時間 月曜19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 40
テンプレートを表示

パパは独身』(パパはどくしん)は、1976年12月6日から1977年9月5日までTBS系列の『ブラザー劇場』で放送されたテレビドラマである。全40話。

概要[編集]

数年前に母を亡くし、父も交通事故で亡くなった甥を引き取った独身の建築家が、育児に明け暮れながら、仕事や恋に生きる物語。

かつて『ブラザー劇場』で放送された『刑事くん』の、第1部から第4部まで主演した桜木健一の、最後の『ブラザー劇場』主演作。共演者の中には、『刑事くん』で時村署長を演じた名古屋章や、『刑事くん』第5部(星正人版)で星演じる勝村剛の弟・三郎を演じ、後年『コメットさん』(大場久美子版)にも出演する西川和孝の顔も見える。

当初「全26話」の予定であったが[1]、40話まで延長した。

出演者[編集]

ほか

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. やっぱりパパだ (1976年12月6日)
  2. パパはぼくの味方か? (12月13日)
  3. パパのためのクリスマス (12月20日)
  4. さよならパパ (12月27日)
  5. なんたってパパだ! (1977年1月3日)
  6. ふたりぼっちのパパとぼく (1月10日)
  7. 大変だ!パパ (1月17日)
  8. 天使のようなママ (1月24日)
  9. バンザイ!新しいパパ (1月31日)
  10. かっこいいパパ (2月7日 ゲスト:宮脇康之
  11. パパ!ぼくの小犬だ! (2月14日)
  12. 死ぬなよ!パパ (2月21日)
  13. ぼくはマッチ売りの少年? (2月28日)
  14. 小犬よ負けるな! (3月7日)
  15. パパ大嫌い! (3月14日)
  16. 親指姫と金太郎 (3月21日)
  17. 勉強がすきになる薬 (3月28日)
  18. ママはかぐや姫? (4月4日 ゲスト:萩尾みどり
  19. ぼくはシンデレラボーイ (4月11日)
  20. こんにちは歌のお兄さん (4月18日 ゲスト:田中星児
  21. 友情は春風にのって (4月25日 ゲスト:根上淳
  22. しあわせ見つけた (5月2日)
  23. 若いママっていいな (5月9日)
  24. 困った!母の会 (5月16日)
  25. 青い鳥見つけた (5月23日)
  26. みんな、ありがとう (5月30日)
  27. ガンコ父子 (6月6日)
  28. ステキなお父さんとは? (6月13日)
  29. 歌うナイチンゲール (6月20日 ゲスト:岡田奈々
  30. ほんとに好きなのダレ? (6月27日)
  31. 友だち祭り星祭り (7月4日)
  32. ステキなプレゼント! (7月11日)
  33. 男はみんな狼か? (7月18日)
  34. アメリカまで泳ぐぞ (7月25日)
  35. 山だキャンプだSOS (8月1日)
  36. われは海の子 (8月8日)
  37. すいとんって何だ? (8月15日)
  38. スーパーカーに乗った! (8月22日)
  39. ああ!プロポーズ (8月29日)
  40. おめでとう!パパとママ (9月5日)

参考資料[編集]

テレビドラマデータベース

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1976年12月6日 毎日新聞 テレビ欄での本作紹介より。
TBS ブラザー劇場
前番組 番組名 次番組
刑事くん
(第4部)
パパは独身