小山勝清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山 勝清(おやま かつきよ、1896年3月29日 - 1965年11月26日)は熊本県球磨郡四浦村晴山(現・熊本県球磨郡相良村)出身。作家。「小山」の読みを、東京では「こやま」、熊本では「おやま」で通した。

経歴[編集]

熊本県立鹿本中学校(現・熊本県立鹿本高等学校)卒業後、1918年堺利彦の門下生となる。その後労働運動、農民運動を経て柳田國男に師事し、民俗学に関心を持つ。児童文学の創作で、「少年倶楽部」に『彦一頓知ばなし』でデビューした。56年「山犬少年」で小学館児童文化賞受賞。

巌流島の決闘で終わっている吉川英治の『宮本武蔵』に対して『それからの武蔵』を描きこれが広く知られる。 明石元二郎の評伝もある。

晩年帰郷し1965年に熊本県人吉市で死去した。

著書[編集]

  • 市民の敵 創作 新作社 1925
  • 或村の近世史 聚英閣 1925
  • 農村問題原理 至上社 1925
  • 煽動・大煽動 明石大佐対露革命工作 実業之日本社 1930 「明石大佐とロシア革命」原書房 1984
  • 科学戦争 実業之日本社 1933
  • 少年科学未来戦 南光社 1936.3
  • 牛使いの少年 光文社 1949
  • 指助ちえばなし メトロ出版社 1951
  • 指助とんちばなし 同和春秋社 1953
  • 指助のたんてい 同和春秋社 1954 (少年読物文庫)
  • 少年宮本武蔵 光文社 1955
  • それからの武蔵 山ノ手書房 1955-57 のち集英社文庫
    • 「肥後の武蔵 続それからの武蔵」
  • 宮本武蔵 無双二刀流 偕成社 1956
  • 源氏の若武者 講談社 1958 (少年少女日本歴史小説全集)
  • 鎮西八郎為朝 偕成社 1958 (実録時代小説)
  • 随筆・それからの武蔵 東都書房 1960
  • 心の民俗誌 里山からのメッセージ 高田宏編 五曜書房 1998.7
  • 父から息子へ 作家・小山勝清の手紙 小山勝樹編 文芸社 2002.4

再話[編集]

  • 紅はこべの冒険 オルツイ夫人 大日本雄弁会講談社 1941
  • 象の王者プーロン / キャンベル 講談社 1958 (少年少女世界動物冒険全集
  • ニルスのふしぎなたび ラーゲルレーフ 小学館 1963 (幼年世界名作文学全集

伝記文献ほか[編集]

  • 高田宏 評伝『われ山に帰る』(新潮社 1982年、岩波書店同時代ライブラリー)
  • 小山勝樹『小山勝清小伝他2編』(ほかは『木の道』『日障』)五曜書房、2004年
  • 牛島盛光『評伝小山勝清の青春・特別要視察人の記録』(1999年日本経済評論社