藤井敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじい としお
藤井 敏夫
本名 藤井 敏夫
生年月日 (1950-02-07) 1950年2月7日(68歳)
出生地 日本の旗 群馬県利根郡水上町
身長 175cm
血液型 O型
ジャンル 俳優
活動期間 1968年 -
配偶者 あり
事務所 オフィス天童
主な作品
テレビドラマ
サンダーマスク』『おゆう
舞台
『花の生涯』『しぐれ茶屋おりく』
『おしん』『蝉しぐれ』

藤井 敏夫(ふじい としお、1950年2月7日[1][2] - )は、日本俳優[2]。本名同じ[3]群馬県利根郡水上町(現・みなかみ町)出身[4]。身長175cm、体重68kg[1][2]。血液型はO型[2]明治大学卒業[3]オフィス天童所属[1]

来歴・人物[編集]

1968年テアトル・エコーに入団し、俳優活動を開始[1]。劇団公演の傍ら、テレビドラマにも出演し、ひろみプロ制作の特撮ドラマ『サンダーマスク』(日本テレビ)ではレギュラーで活躍した。1974年にテアトル・エコーを退団[1]。その後、さち子プロに所属し[5]、オフィス天童へと移籍[1]

近年[いつから?]は商業演劇への出演が主である。既婚で一女あり[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

舞台[編集]

  • われら今夜の悪夢(1968年、テアトル・エコー
  • 11ぴきのネコ (1973年、テアトル・エコー)
  • しぐれ茶屋おりく(1980年)
  • 濡れ髪権八(1982年、新歌舞伎座
  • 花の生涯(1988年、御園座
  • 吉良の仁吉(1992年) - 増川仙右衛門
  • おしん(1995年、宝塚劇場
  • 波の鼓(1996年、帝国劇場
  • 十六夜心中(1996年、女歌舞伎 劇団尚)
  • もず(1997年、芸術座
  • 花のうさぎ屋(1998年、帝国劇場)
  • おもろい女(1998年、日生劇場
  • 恋伝説 愛すればこそ(1998年、新宿コマ劇場
  • びっくり怪盗伝(2000年、新宿コマ劇場) - 佐々木助三郎
  • 旗本退屈男(2001年、御園座)
  • おんなの旅路(2001年、中日劇場
  • 松平健公演 / 暴れん坊将軍 二人吉宗(2002年、御園座)
  • 滝の白糸(2002年、御園座)
  • 旅姿 恋の東海道(2003年、新宿コマ劇場)
  • 氷川きよし公演
    • 草笛の音次郎(2003年、新宿コマ劇場)
    • 初恋道中(2006年、新宿コマ劇場・新歌舞伎座)
  • 橋幸夫公演
    • 新版・徳川宗春 にぎわい大名(2004年、中日劇場)
    • 夢の架け橋(2005年、中日劇場)
  • 舟木一夫公演 / 坊ちゃん奉行(2006年、南座
  • 細川たかし長山洋子公演
    • ゆうれい貸します うらめし屋繁盛記(2007年、新歌舞伎座)
    • さみだれ道中(2007年、明治座)
  • 蝉しぐれ(2007年、松竹座
  • 都はるみ公演 / 好きになった人(2008年、新宿コマ劇場・松竹座)
  • 里見浩太朗公演 / あばれ獅子(2009年、御園座

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 藤井敏夫”. オフィス天童. 2017年6月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 藤井敏夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月17日閲覧。
  3. ^ a b 日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、115頁。
  4. ^ 『芸能手帳 タレント名簿録 VOL.30』 連合通信社1995年、183頁。
  5. ^ さち子プロによる公式プロフィール(2013年5月1日時点のアーカイブ
  6. ^ 藤井敏夫(出典:日本タレント名鑑) - Yahoo!検索(人物)(2013年5月1日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]