斉藤康彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斉藤 康彦(さいとう やすひこ、1967年1月30日 - )は、日本の元俳優東京都出身。

人物[編集]

虫歯になって欠けた左側の上顎犬歯を見せる印象深い笑顔がチャームポイントで、当時は劇団若草子役として所属していた。

1979年に山梨県の田舎の小学校が舞台である『ガキ大将行進曲』で、主人公達のライバルであるガキ大将役で俳優デビューする。

主に学園ドラマで活躍。特に学園ドラマ色が強かった『ウルトラマン80』の第3話「泣くな初恋怪獣」では、失恋によってマイナスエネルギーの作用で誕生するウルトラマン80怪獣の代表格である硫酸怪獣ホーを産み出した少年・中野真一役として、自らが真夜中の自室にて怪獣ホーを産むシーンや、ホーを産んだ直後の自分を振った相手に対する憎しみと助けたい気持ちの板ばさみに苦しむ姿を迫真かつ劇的に演じて、視聴者に強烈な印象を与えた。

現在は芸能界を引退し、結婚して一子を儲ける。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
ビクター
1 1981年
2月5日
A面 もどかしさもSOMETIME[1] 西村達郎 馬飼野康二 SV-7084
B面 イニシャルS 松本一起
2 1981年
6月21日
A面 U(ユー) 松田侑利子 馬飼野康二 SV-7127
B面 かがやきハイ・ヌーン 西村達郎

アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]