白石幸長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しらいし ゆきなが
白石 幸長
別名義 白石 ゆきなが
生年月日 (1955-09-04) 1955年9月4日(63歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 164 cm[1]
職業 俳優声優

白石 幸長(しらいし ゆきなが、1955年9月4日[1] - )は、日本男性俳優声優。本名同じ[1]。別名義、白石 ゆきなが

東京都出身[1]専修大学卒業[1]劇団若草に所属していた[1]

経歴・人物[編集]

声優としての代表作は『超電磁マシーン ボルテスV』の剛健一役。アニメ長浜忠夫が絡んだ作品にのみ出演している。

一旦は引退していたが、バンプレストのゲーム『新スーパーロボット大戦』で『超電磁マシーン ボルテスV』が登場することになり、スタッフからオファーを受けて健一の声を担当し、以後声優業を再開している。

また、「スーパーロボット大戦シリーズ」においては旧芸名の「白石ゆきなが」が使用されている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

舞台[編集]

  • ロミオとジュリエット(小姓)
  • NINAGAWAマクベス[1]
  • 放浪記[1]
  • 元禄港歌[1]

その他[編集]

  • 科学実験Web2002(ナレーター)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 』(1996年)、『スーパーロボットスピリッツ』(1998年)、『α』(2000年)、『α外伝』(2001年)、『第2次α』(2003年)、『第3次α』(2005年)、『A PORTABLE』(2008年)、『X-Ω』『DD』(2019年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本タレント名鑑1993』VIPタイムズ社、1993年、169頁。