八代順子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やしろ じゅんこ
八代 順子
本名 国沢 純子
生年月日 (1948-02-17) 1948年2月17日(71歳)
出生地 日本の旗 日本高知県
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
映画
ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども
ガメラ対大魔獣ジャイガー
ボクは五才
テレビドラマ
『女の時がほしいの』
テンプレートを表示

八代 順子(やしろ じゅんこ、1948年[1]2月17日 - )は、日本の元女優。本名、国沢 純子(くにざわ じゅんこ)。 

高知県出身[1][2]高知県立須崎高等学校卒業[2][3]

人物・来歴[編集]

高校卒業後、歌手を目指して上京[1]

1967年大映のニューフェイス募集で合格し、第19期ニューフェイスとして大映に入社[4]1968年ガメラシリーズ第4作『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』で渥美マリ、八重垣路子とともにデビュー[1]。デビュー直後の紹介記事では、三枚目や明るい下町娘役を目標の役柄に挙げている[3]

その後、渥美、南美川洋子たちとともに「五人娘」として売り出し[5]、『ある見習い看護婦の記録 赤い制服』(1969年)、『十代の妊娠』(1970年)などの青春映画で活躍する[4]

1971年よりテレビドラマに活動の場を移し、『めだかの歌』の準主役を経て、『女の時がほしいの』ではヒロイン役を演じた[6]。『女の時がほしいの』当時の紹介記事では「ヒロインが同年代のためやりやすい」と述べている[6]

同年に大映が倒産した後もテレビドラマで活動を続けたが、結婚を機に芸能界を引退した[4]

趣味は、ボウリング[5]

出演作品[編集]

映画[編集]

※『ザ・カゲスター』以外大映作品。

  • ガメラシリーズ
  • セックス・チェック 第二の性(1968年) - 女中
  • 不信のとき(1968年) - マントールのホステス
  • ある女子高校医の記録 妊娠(1968年) - ツンコ
  • 女賭博師尼寺開帳(1968年) - マーケット女店員
  • フリーセックス 十代の青い性(1968年) - 戸沢富子
  • 高校生芸者(1968年) - 関根直江
  • ある女子高校医の記録 初体験(1968年) - マキ
  • 女賭博師奥ノ院開帳(1968年) - みどり
  • ある女子高校医の記録 失神(1969年) - 三瓶花子
  • ある見習い看護婦の記録 赤い制服(1969年) - 五条文枝
  • ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども - (1969年)トップ
  • ある女子高校医の記録 続・妊娠(1969年) - 芦沢かおる
  • ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地(1969年) - ちか子
  • あなた好みの(1969年) - 鬼熊虎子
  • ヤングパワー・シリーズ 大学番外地 - (1969年) - 坂井純子
  • 女組長(1970年) - 千枝 
  • 続・いそぎんちゃく (1970年) - 佐々木芳枝
  • でんきくらげ(1970年) - 伸子
  • 十代の妊娠(1970年) - 石垣桃代 
  • 高校生番長 棒立て遊び(1970年) - 小川ひろみ
  • ボクは五才(1970年) - 水沢すみ子
  • おさな妻(1970年) - 瀬上和子
  • すっぽん女番長(1971年) - 弥生
  • ザ・カゲスター(1976年、東映) - 豹女  

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『福島民友』1968年2月29日付夕刊、2面。
  2. ^ a b 『毎日新聞』1971年1月22日付朝刊、12面、ラジオ・テレビ欄。
  3. ^ a b 『福島民報』1968年5月29日付朝刊、6面。
  4. ^ a b c 『日本映画俳優全集 女優編』キネマ旬報社〈キネマ旬報増刊〉、1980年12月31日、705頁。
  5. ^ a b 『毎日新聞』1969年12月7日付朝刊、27面。
  6. ^ a b 『福島民友』1971年6月1日付朝刊、10面。
  7. ^ 『毎日新聞』1971年8月2日付朝刊、20面、ラジオ・テレビ欄。

外部リンク[編集]