佐藤由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 由美(さとう ゆみ、1976年(昭和51年)12月22日 - )は、山形県鶴岡市出身の、元陸上競技中距離走長距離走マラソン駅伝女子選手。現役時代は資生堂ランニングクラブ所属で、2009年3月まで同クラブのキャプテンを務めていた(2009年4月より藤永佳子と交替)。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • かつて資生堂ランニングクラブの元チームメートで、その後セカンドウィンドACに移籍した嶋原清子とは、奇遇にも佐藤の誕生日と全く一緒の1976年12月22日生まれだった。嶋原も2012年1月の大阪国際女子マラソンを最後に佐藤と同じく現役引退を表明したが、結果4位[1]でゴール。同レースで一般参加選手として5位[1]でフィニッシュした佐藤は、ゴール後嶋原と二人で抱き合いラストランの健闘をたたえ合っていた。

関連項目[編集]

主な出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 2012年の大阪国際女子マラソンで当初2着だったタチアナ・ガメラ=シュミルコウクライナ)が、2015年11月にドーピング違反により失格判定。2011年8月以降の記録・順位も抹消され、佐藤由美の当初6着・嶋原清子の当初5着の各順位から一つずつ繰り上がった。

外部リンク[編集]