三遊亭神楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭さんゆうてい 神楽じんらく
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}神楽(じんらく)
三ツ組橘は、圓楽一門の定紋である。
本名 じん 博充ひろみつ
生年月日 (1970-02-25) 1970年2月25日(50歳)
出身地 日本の旗 日本青森県青森市
師匠 5代目三遊亭圓楽
出囃子 ねぶた囃子
活動期間 1997年 -
所属 円楽一門会→五代目円楽一門会

三遊亭 神楽(さんゆうてい じんらく、本名:じん 博充ひろみつ1970年2月25日 - )は、青森県青森市出身の落語家出囃子は『ねぶた囃子』。円楽一門会所属。血液型はA型。

来歴[編集]

青森市桜川に男三人兄弟の次男として生まれる。

青森県立青森戸山高等学校時代は3年間クイズに没頭し、『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)に応募した(出場には至らず)。

立正大学法学部時代もクイズ研究会(初代会長)のほか、少林寺拳法部にも所属した。1992年に大学を卒業して、CSKに入社したが、2年後の1994年5月に退職して国内および世界各地を放浪した。

1997年4月、5代目三遊亭圓楽の23番目の弟子になる。22番目弟子の三遊亭全楽以来、8年9か月ぶりの弟子だった一方、24番目の弟子の三遊亭上楽とはわずか15分差での弟子入りであった。高座名の神楽(じんらく)は本名の苗字「神(じん)」をとって5代目三遊亭圓楽が命名した。

2000年3月に二つ目、2007年10月に真打に昇進する。2008年7月21日に真打昇進披露公演を故郷・青森市の「アラスカ」で行い、約600名の観客を集めた。

人物[編集]

いつも高座でのまくら「魅惑のワンダーランド○○○○(公演している場所)へようこそおいで下さいました」が定番文句となっている。

正統派の古典落語人情噺を得意としている。地元青森での独演会では津軽弁の落語を披露することもある。

故郷青森をこよなく愛し、毎年開催される青森ねぶた弘前ねぷたには必ず参加している。

趣味・特技[編集]

趣味は多岐にわたっており、旅行、写真、散歩、鉄道、自転車、クイズ、格闘技観戦、マラソン、ラーメン食べ歩き、駅弁食べ歩き、御守収集があげられる。

また、特技は少林寺拳法、尊敬する人物はアントニオ猪木である。

過去出演番組[編集]

2008年3月9日 円楽一門会 真打昇進披露口上

2008年4月12日 町人 鶴次郎役 連続ドラマ初出演

弟子[編集]

  • 三遊亭エンジン(廃業)

出典[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]