弘前ねぷた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弘前ねぷたまつり
弘前ねぷたまつりの扇ねぷた(鏡絵)
弘前ねぷたまつりの扇ねぷた(鏡絵)
イベントの種類 祭り
開催時期 8月1日 - 8月7日
会場 青森県弘前市
弘前ねぷたまつりの扇ねぷた(見送り絵)

弘前ねぷたまつり(ひろさきねぷたまつり)は、青森県弘前市で開催されるねぶた

弘前さくらまつり弘前城菊と紅葉まつり弘前城雪燈籠まつりに並び「弘前四大まつり」の一つに数えられる[1]。大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが運行される[2]

起源[編集]

弘前ねぷたまつりの起源については諸説ある[3]

語源は、「眠り流し」→「ねむた流し」→「ねむた」→「ねぷた(ねぶた)」と転訛(表記は佞武多、禰ふたと様々ある)。「眠り流し」は日本各地で行われている[3]

農作業の激しい夏期に襲ってくる睡魔を追い払い、厄災・邪悪を水に流して村の外に送り出す行事のひとつ[3]

沿革[編集]

1593年(文禄2年) - 藩祖・津軽為信が京都の津軽屋敷で盂蘭盆会の趣向として二間四方の大灯籠を運行した[4]

1682年(天保2年) - 4代藩主・津軽信政の時代、弘前八幡宮祭礼の際、神輿の露払いとして山車が始めて運行した[5][注釈 1]

1720年(享保5年)旧暦7月6日(新暦8月9日) - 5代藩主・津軽信寿報恩寺(新寺町)で「眠流」を高覧した[5]

1722年(享保7年)旧暦7月6日(新暦8月17日) - 5代藩主・津軽信寿が城下の織座で「祢ふた流」を高覧した。順番は1番=本町・親方町・鍛冶町、2番=茂森町、3番=土手町、4番=東長町・本(元)寺町、5番=和徳町、6番=紺屋町、7番=亀甲町・田茂木町、8番=荒町。紺屋町から春日町へと向かう流れで、信寿は夜五つ(20時)頃に帰った[5][注釈 2]

1727年(享保12年) - 覚書を記す。財政難につき「ねむた」仕組踊りの高覧を中止した。青森と鯵ヶ沢の両浜での祭礼も神輿だけとする旨を、弘前ならびに青森と鯵ヶ沢の町奉行と寺社奉行へ手紙で通達した[5]

1728年(享保13年)旧暦7月6日(新暦8月11日) - 覚書を記す。御家中の若者や家来が神社の門前境内などでお盆の風流踊りや豊作祈願、虫送り、雨乞いなどのために踊りをする場所や納涼する場所にて悪戯があり、先日も子供が持つ灯籠を切り落とすといった事件があったので、今後は取り押さえるのでしないように。今晩(旧暦7月6日)は弘前中の子供が「祢むた」流しをする夜なので、混乱無い様に大目付へ申し伝えた[5]

1738年(元文元年) - 6代藩主・津軽信著が弘前八幡宮祭礼で辰巳櫓(現・天守)で山車を高覧した[5]

1739年(元文4年)旧暦7月6日(新暦8月10日) - 町中子供「祢ふた」流しの時期ではあるが、礫を打ち投げ、木刀で打ちたてる様なことの無い様に、また口論もしないように町奉行へ伝達した[5]

1748年(延享5年)旧暦7月4日(新暦7月28日) - 町々で「祢ふた」流しが行われ、町内に大勢集まっているが、御家中入り混じって喧嘩口論しているようなので、このようなことが無い様に指示する。旧暦7月6日以外は「祢ふた」を硬く禁じる旨を町奉行へ指示した[5]

1756年(宝暦6年) - 7代藩主・津軽信寧が三の丸・御屋敷前で町々の祢ふたを高覧した[5]

1776年(安永5年)旧暦7月2日(新暦8月15日) - 「祢ふた」は町内限りの運行とし、他の町会まで町印などを持参し口論の種をまかないよう指示した[5]

1813年(文化10年)旧暦6月28日(新暦7月25日) - 3尺(1m)以上の「祢ふた」はたとえ子供であっても厳しく取り締まった。太鼓は1尺(33cm)以下とし、「祢ふた」に付き添わずに太鼓を打ち鳴らす行為を禁止した[5]

1828年(文政11年)旧暦7月7日(新暦8月17日) - 10代藩主・津軽信順、金木屋の「糸取り人形祢ふた」(マユから糸を紡ぐ女性の人形型ねぷた)を高覧した[6]

1830年(天保元年)旧暦7月5日,6日(新暦8月22,23日) - 和徳町のねぷたが紺屋町の端を通り抜けられないほど大型で、各地から見物客が訪れた。黒石御広敷(黒石藩からきた津軽順徳(通称=督左近将監)、のちの11代藩主・津軽順承)も見物した[6]

1842年(天保13年)旧暦6月12日(新暦7月29日) - 3尺以上の大きさのものや手の込んだ「祢婦た」を禁止する。大振りの太鼓は使用しないこと、お盆踊りの衣装も派手にしないこと、白昼の踊りもしないことを指示した[5]

1867年(慶応3年)旧暦7月6日(新暦8月5日) - 土手町の名主宅にて瓦町の人々が大型の「祢ふた」を完成させた。覚仙町にて30人持ちくらいの大型の「祢ふた」が名主によって作られた。和徳町では、子供の「組祢ふた」だが、2‐30人持ちのものが作られ、これらを運行したい旨の申請が出されたが、昨年から作柄がよくないため、町々が大型の組祢ふたを作るのは不埒の至りにつき差し止めを行った。元々は御家中の面々からの要望で町の名主が作ったものなので取り壊すよう指示したが、名主宅の裏を借りて「祢ふた」を作っていた御家中が承諾しないため、町の役人が出向き製作中の「祢ふた」を取り壊した[5]

1881年(明治14年)9月 - 明治天皇がねぷたを観覧される[7]

1882年(明治15年)8月2日 - 1873年(明治6年)からの「ねふた」禁令止を解き、「ねふた取締規則[注釈 3]」を制定した[8]

1908年(明治41年)9月 - 皇太子(大正天皇)がねぷたを観覧する[7]


明治から昭和初期にかけて、主に当時の弘前市内に複数あった町道場に通う、士族や平民の子弟らを中心とした若者達が作り練り歩いたねぷたでは、他の道場または町会のねぷたと出くわすと、相手のねぷたに石を投げつけたり、竹槍や木刀等(時には日本刀)で乱闘し、しばしば死傷者を出したため、何度も「ねぷた禁止令」が出されたことがある。この乱闘騒ぎを「ねぷた喧嘩」と呼び、ねぷた同志で喧嘩することを「喧嘩ねぷた」という[9][10][11][12][注釈 4]


1935年(昭和10年) - 秩父宮雍仁歩兵第31連隊第三大隊長として1936年(昭和11年)まで着任したことが「喧嘩ねぷた」の取締りに決定的な影響を与えた[12]

1937年(昭和12年) - 日中戦争の時局を理由に弘前警察署が「ねぷたまつり」を禁止する[12]

1944年(昭和19年) - 太平洋戦争の士気高揚のため、ねぷたを運行する。

1946年(昭和21年) - 戦争で中断していた「ねぷた祭り」が復活した[7][注釈 5]

1947年(昭和22年)8月11日 - 天皇行幸(東北巡幸)の際にねぷたを観覧される[7]

1951年(昭和26年) - 弘前青年会議所主催でネプタコンクールを実施した[13]

ねぷたの大きさを「高さ18尺、幅12尺、電線に支障のあるものは上部を折り畳み式とす」と定める[7]

1954年(昭和29年) - 弘前青年会議所が第1回ネプタ囃子講習会を開催した。

1956年(昭和31年) - この年から「ねぷた祭り」を新暦で運行する[7]

1957年(昭和32年) - 名称を弘前ねぷたまつりとする[14]

1970年(昭和45年)4月20日 - 津軽情っ張り大太鼓が完成し、4月22日にお披露目の「市中パレード」を実施した[15]

1971年(昭和46年) - 陸奥新報社の創立25周年記念で棟方志功がネプタ絵を描いた[16]

1980年(昭和55年)1月28日 - 「弘前のねぷた」が国の重要無形民俗文化財に指定された [17][注釈 6]

1983年(昭和58年) - 日本国外(アメリカシアトル市)で初めて運行した[18]

1989年(平成元年) - 市制施行100周年を記念して、生鮮卸売市場関係者が津軽剛情張大太鼓を制作し弘前市に寄贈した[19]

1996年(平成8年) - 弘前ねぷた囃子が「日本の音風景100選」に認定された[20]

2006年(平成18年) - 弘前ねぷたまつりが平成18年度「高円宮殿下記念 地域伝統芸能賞」を受賞する[21]

2011年(平成23年)7月31日 - 東日本大震災への「鎮魂ねぷた」を特別運行した[22]

8月7日 - 弘前城築城400年祭記念をテーマに「なぬか日スペシャル」を実施した[23][注釈 7]

2014年(平成26年)8月5日 - 参加者がねぷたの昇降機に頭を挟まれて死亡する事故が発生したため、事故翌日以降の開催は全面中止となった[25][注釈 8]

2020年(令和2年)4月15日 - 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、櫻田宏市長はこの年の開催中止を発表した[26]

2021年(令和3年)5月27日 - 新型コロナウイルス感染予防と拡大防止の観点から、2年連続の合同運行の中止を発表した[27]

弘前ねぷたの伝統継承のため、一部の運行団体が町内運行を実施した[28][29][30]

2022年(令和4年) - 弘前ねぷた 300年祭の公式応援キャラクターに、バーチャル・シンガー『初音ミク』を起用した[31][32]

8月1日~7日 - 新型コロナの感染拡大防止対策のもと、3年ぶりに合同運行を実施したが、審査・ちびっ子ねぷた・なぬかびおくりは中止となった[33]
8月27日・28日 - 弘前ねぷた 300年祭 特別運行を、「青森ねぶた」「しれとこ斜里ねぷた」「尾島ねぷた」を招き[注釈 9]、駅前地区にて実施した[35]
10月27日 - 弘前ねぷた 300年祭を記念し錦秋ねぷたを、「弘前城菊と紅葉まつり」開催中の弘前公園で運行した[36]

まつりの内容[編集]

  • 弘前ねぷたまつりは8月1日から7日にかけて合同運行が行われる[2]。(小雨決行、悪天候中止[37]
  • 弘前ねぷたまつりのオープニングとしてちびっ子ねぷたのお通りだいが弘前市内の幼稚園・保育園の参加[注釈 10]により行われる[39][注釈 11]
  • 最終日7日(午前運行)のことを「七日日(なぬかび)」と呼ぶ[40]
  • 8月7日の夕方からなぬかびおくり[注釈 7]岩木川悪戸河川敷にて行われ、まつりのフィナーレを飾る[24]
  • まつりの運営は、弘前市・弘前観光コンベンション協会・弘前商工会議所・弘前市物産協会・弘前ねぷたまつり合同運行安全会議の5団体で構成する「弘前ねぷたまつり運営委員会」が実施している[2]
  • 企業主催のねぷたは少なく、町会・集落単位でのねぷたが多かったが、近年は任意に仲間たちが集まって参加しているグループねぷたが増加傾向にある。
  • 期間中、1日平均約50団体が参加するが、土・日などの開催日には参加団体が多い場合がある。2006年(平成18年)の場合、木曜日の8月3日に59団体、土曜日の5日には62団体と集中したため、両日は出発時間を30分早い、午後6時半からとした。

参加団体数と人出(まつり本部集計)[編集]

開催年 参加団体数 人出
昭和40年(1965年 87団体
昭和50年(1975年 51団体
昭和60年(1985年 64団体
平成2年(1990年 64団体
平成7年(1995年 65団体
平成12年(2000年 66団体
平成13年(2001年 68団体(大型扇:52団体、大型組:6団体、小型扇:9団体、担ぎ:1団体) 136万人
平成14年(2002年 68団体(大型扇:50団体、大型組:7団体、小型扇:9団体、担ぎ:2団体) 148万人
平成15年(2003年 69団体(大型扇:51団体、大型組:7団体、小型扇:10団体、担ぎ:1団体) 173万人
平成16年(2004年 75団体(大型扇:51団体、大型組:7団体、小型扇:15団体、担ぎ:2団体) 161万人
平成17年(2005年 74団体(大型扇:53団体、大型組:7団体、小型扇:13団体、担ぎ:1団体) 144万人
平成18年(2006年 75団体(大型扇:56団体、大型組:6団体、小型扇:12団体、担ぎ:1団体) 166万人
平成19年(2007年 78団体(大型扇:58団体、大型組:7団体、小型扇:12団体、担ぎ:1団体) 168万人
平成20年(2008年 81団体(大型扇:59団体、大型組:6団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) 169万人
平成21年(2009年 82団体(大型扇:59団体、大型組:7団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) 158万人
平成22年(2010年 84団体(大型扇:63団体、大型組:6団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) 163万人
平成23年(2011年 82団体(大型扇:60団体、大型組:6団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) 161万人
平成24年(2012年 83団体(大型扇:62団体、大型組:5団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) 162万人
平成25年(2013年 80団体(大型扇:59団体、大型組:5団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) 163万人
平成26年(2014年 82団体(大型扇:63団体、大型組:4団体、小型扇:14団体、担ぎ:1団体) 130万人[41]
平成27年(2015年 80団体(大型扇:61団体、大型組:4団体、小型扇:14団体、担ぎ:1団体) 164万人
平成28年(2016年 81団体(大型扇:59団体、大型組:4団体、小型扇:15団体、担ぎ:3団体) 168万人
平成29年(2017年 80団体(大型扇:60団体、大型組:4団体、小型扇:14団体、担ぎ:2団体) 163万人
平成30年(2018年 77団体(大型扇:55団体、大型組:4団体、小型扇:15団体、担ぎ:3団体) 160万人
令和元年(2019年 74団体(大型扇:52団体、大型組:4団体、小型扇:15団体、担ぎ:3団体) 168万人
令和2年(2020年 【中止】
令和3年(2021年 【中止】
令和4年(2022年 45団体(大型扇:29団体、大型組:2団体、小型扇:11団体、担ぎ:3団体) 91万人[42]
令和5年(2023年 63団体(大型扇:44団体、大型組:3団体、小型扇:14団体、担ぎ:2団体) 137万人

運行コース[編集]

弘前ねぷたまつり運営委員会が指定する運行コース[43]

  • ちびっ子ねぷたのお通りだい(合同運行開始直前の日曜日の日中)
    • 上土手町(弘前市役所土手町倉庫駐車場)- 中土手町 - 下土手町 - 一番町 - 桜大通り
  • 8月1日 - 4日:土手町コース(午後7時運行開始)
    • 桜大通り - 一番町 - 下土手町 - 中土手町 - 土手町十文字(西谷ビル付近)
  • 8月5日 - 6日:駅前コース(午後7時運行開始)
    • 中央通り(弘前郵便局付近)- 弘前駅前 - 大町 - 上土手町(弘善商会付近)
  • 8月7日:土手町コース(午前10時運行開始)
    • 上土手町(弘善商会付近)- 中土手町 - 下土手町 - 一番町

合同運行の他に審査日の前日を前夜祭と称し、地元地域を独自に練り歩く団体が多数存在する。また、なぬか日は日中に実施されることから人員が集まらず、合同運行に参加せず前述の独自運行をする団体もある。

【参考】1980年代の運行コース[44]

  • 8月1日 - 4日:土手町コース
    • 弘前市役所 - 桜大通り - 一番町 - 下土手町 - 中土手町 - 土手町十文字(西谷薬局付近)
  • 8月5日:百石町コース
    • 弘前市役所 - 桜大通り - 一番町 - 百石町 - 横町 - 和徳町(バイパス付近)
  • 8月6日:駅前コース
    • 駅前六差路 - 弘前駅前 - 大町 - 上土手町(弘善商会付近)
  • 8月7日:土手町コース
    • 上土手町(第一大成小学校正門付近)- 中土手町 - 下土手町 - 一番町

弘前ねぷたコンテスト[編集]

1951年(昭和26年)に弘前青年会議所の主催で実施した「ネプタコンクール」が前身で、現在は弘前ねぷたまつり運営委員会(主催5団体)による審査が、参加団体を8月1日・2日の両日に分けて行われている。(雨天順延)[13]

審査は 「弘前ねぷた保存基準」を参考にした「ねぷたまつりコンテスト審査基準」に基づいて行なわれる。

本賞[45][46]

大型の部
  • 知事賞 - (扇)1団体、(組)1団体
  • 市長賞 - 3団体
  • 会長賞 - 弘前観光コンベンション協会 3団体、弘前物産協会 3団体、弘前ねぷたまつり合同運行安全会議 1団体、弘前商業連合会 3団体
  • 弘前商工会議所 会頭賞 - 3団体
  • 弘前市議会 議長賞 - 1団体
  • 弘前青年会議所 理事長賞 - 1団体
  • 友好都市賞 - 太田市長賞 1団体、斜里町長賞 1団体
小型の部
  • 市長賞 - 1団体
  • 会長賞 - 弘前観光コンベンション協会 1団体、弘前物産協会 1団体、弘前ねぷたまつり合同運行安全会議 1団体、弘前商業連合会 1団体
  • 弘前商工会議所 会頭賞 - 1団体
  • 弘前市議会 議長賞 - 1団体
  • 弘前青年会議所 理事長賞 - 1団体

その他に協賛企業・団体からの奨励賞がある。

ねぷたに使われる題材・構造[編集]

表面
表面の鏡絵人形の部分では、中国物として三国志水滸伝漢楚軍談軍談等、また和物としては源平盛衰記津軽為信などがあるが、時に世相を風刺したものも登場する[47]
裏面
裏面中央の見送り絵には唐美人や西王母、楽女のような女性、左右には袖絵が描かれる。表面と裏面の絵をつなぐ真横の部分はと呼ばれ、町内会・団体名などが書かれる[47]
開き
鏡絵や人形の下にある三角形(台形)の開きと呼ばれる部分はねぷたを支える受け皿の役割をしており、弘前藩家紋である牡丹の花が描かれる。開きの下にある(四角形)のの正面には天の川を意味する「雲漢」と書かれる[47]
左面・右面・後面
左面・右面・後面には武将の絵が描かれ、左・右面の絵の武将の眼は進行方向を向いている。使用される紙は『ねぷた和紙』等の専用紙の他、「ロンテックス」に代表される業務用障子紙等の、長尺のロール状紙が用いられる。

弘前ねぷたの運行[編集]

津軽情っ張り大太鼓

1団体につき、先頭に町内会名や団体名を記した前灯籠・町印、その次に大型ねぷたの前座である前ねぷた(角灯籠や小型ねぷた)、ねぷた本体につないだ綱を引く曳き手、そして大型ねぷた(扇や組)、太鼓・笛などの囃子方という順番で運行されるのが一般的である。ねぷた囃子は、進行・休止・戻りの3種類がある。掛け声は、進行がヤーヤドー、戻りがねーぷたーのもんどりこ、ヤーレヤレヤーレヤー'[47]

3代藩主・津軽信義が、お国自慢で作らせたという伝説[注釈 12]に基づいて1970年(昭和45年)に津軽情っ張り大太鼓保存後援会により制作された、津軽情っ張り大太鼓(つがるじょっぱりおおだいこ)とよばれる直径3.3mの大太鼓が陸上自衛隊弘前駐屯地の協力により合同運行の先陣を切る[15]。その他に、弘前市市制施行100周年の記念に作られた直径4mの津軽剛情張大太鼓(つがるごうじょっぱりおおだいこ)[48]と、民間所有の直径3.5mの弘前度天太鼓(ひろさきどってんたいこ)があるが、叩き手と曳き手不足のため運行しない年や運行しても期日限定という状況にある[19]

運行区間が城下町特有の道路の狭さゆえに、おおむね、幅は1車線分か2車線分しか取れない。また、電線に引っかからないように、扇ねぷたでは、扇の最も高い部分である、ためを外側に折り曲げたり、扇部分を昇降するようにして運行可能にしている。また、電動昇降装置付きねぷたが一般化した現在では必要性はほとんど無いが、さしまた(さすまた)と呼ばれる電線を持ち上げる道具も、かつて蝋燭照明が主流だった頃に、度々起こったねぷたの火災を消す為に使われたささらと共に、古いねぷた運行形態の名残として持ち歩かれることがある[49]

現在では会員の高齢化や後継者不足、財政難、少子化による参加者不足等の理由であまり見られなくなったが、集落内で組織をつくりその集落を運行するねぷた(「村ねぷた」と呼ばれる)などもある。現在もごく僅かではあるが、合同運行には参加せず近隣集落や町内を回る「村ねぷた」は存在し、20年以上続いている団体もある。

青森ねぶたとの違い[編集]

弘前のねぷたが「neputa」であるのに対し、青森のねぶたは、「nebuta」と表記ならびに発音が固定化されたのは1980年(昭和55年)の国の重要無形民俗文化財に指定されてからのことで、現在でもどちらもねぷた、ねぶたと両方の呼ばれ方がある[3]

形状としては、弘前は扇型が主体で、青森は人形の灯籠というイメージがあるが、弘前の扇形ねぷたは明治以降の形態であり、それ以前は箱型や人形型(組ねぷた)の灯籠が主体だった[3]。現在でも組ねぷたを製作する団体が4団体あり[注釈 13][注釈 14]、主催者も組ねぷたを推奨している[52]。弘前の組ねぷたは、上部から人形、高覧・蛇腹・板隠し・開き・額で構成されており、後面には扇ねぷたと同様に見送り絵・袖絵が描かれている[47]。青森ねぶたでは大型化の過程で高覧・開き・額・見送り絵・袖絵が省略されている[53]

その他[編集]

  • 弘前市と友好都市との交流で出張運行していた「ねぷた」が地域の祭りとして定着したものがあり、群馬県太田市尾島地区(旧・新田郡尾島町)では、尾島ねぷたとして運行されており、毎年8月14日・15日に開催されている[54]。また、北海道斜里郡斜里町では、しれとこ斜里ねぷたとして毎年7月21・22日に開催され、大小約15台の扇ねぷたが町内約2.5kmを運行している[55]。これらの祭りには弘前市長など弘前市関係者が参加する場合や[56]、弘前ねぷたまつりに友好都市の関係者が特別参加する年もある[57]
  • 弘前高校では文化祭(弘高祭)時に各ホームルーム単位で組ねぷたを製作し、弘高ねぷたとして弘前市街で運行する[58]
    • 運行コース:弘前高校 - 本町 - 親方町 - 元寺町 - 中央通り - 北大通り - 中土手町 - 下土手町 - 一番町 - 親方町 - 本町 - 弘前高校[59]
弘前の「金魚ねぷた」を参考に作られたとされる山口県柳井市金魚ちょうちん[60]
  • 山口県柳井市伝統工芸品として知られる「金魚ちょうちん」は、幕末の頃に同地の商人が弘前ねぷたの「金魚ねぷた[61]」に着想を得て考案したとの伝えがある[60]
  • 映画「満月 MR.MOONLIGHT」では作品の中で由来発祥も含めて「ねぷた」が登場した。
  • 映画「八甲田山」では回想シーンとして「ねぷた」が登場した。
  • テレビアニメ「ふらいんぐうぃっち」 - 第11話では「ねぷた」を取り上げた雑誌記事が、第12話(最終回)のエンディングで「ねぷた」が登場した。2016年(平成28年)8月1日の初日運行では、木幡真琴のCVを担当した篠田みなみと石渡那央のCVを担当した三上枝織が弘前市役所ねぷたに参加したほか、「ふらんぐうぃっち」とコラボしたねぷたも出陣した[62]
  • 弘前ねぷたと同様のまつりで比較的大きなものとしては黒石ねぷたが7月30日から[63]平川ねぷたが8月2日から行われている[64]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ のちの弘前の組ねぷたや各町内の運行順序に影響を与えたとされる。
  2. ^ この件が現存する史料で「ねぷた」が登場した最初の記録である[3]
  3. ^ 第1条「侫武多」を出すものは以下を遵守し、3人以上の役員をおき、闘争および公衆の妨害などを行わない旨明記し所轄の警察署へ許可を取ること。
    1)高さ1丈8尺以上、幅1丈3尺以上のものは許可しない。
    2)高さ1丈以上~1丈8尺以下、幅8尺以上~1丈3尺以下の物は、申請すれば許可する。
    3)高さ1丈以下、幅8尺以下の物は申請するに及ばない。
    4)代表は責任を持つこと。
    第2条 警察分署においては以下を遵守すること。
    1)第1条を守ること。
    2)解かりやすいところに「許可」証を掲載すること。
    3)「侫武多」が2台、往来で出会った際は、各々の役員が穏便に交渉するか、警察官に従うこと。 
    第3条 その土地の状況に応じて警察官はこの規則を柔軟に適用させる。
  4. ^ その名残がねぷたの肩部分などに記されている「石打無用」という言葉である。
  5. ^ 以降、毎年恒例の行事となる。
  6. ^ これを保護する目的で「弘前ねぷた保存会」が設立され、2008年(平成20年)には 「弘前ねぷた保存基準」 が制定された。
  7. ^ a b なぬかびに、まつりで役目を終えたねぷたを岩木川へ流していた慣わしを、2011年(平成23年)の弘前城築城400年祭記念行事「なぬか日スペシャル」で、炎で流し送るという意味に置き換えて実施したところ好評だったため、翌年以降「なぬかびおくり」と名称を変更して毎年行われている[23][24]
  8. ^ 事故による中止は、ねぷたの「合同運行」を開始した1958年(昭和33年)以来初めて。
  9. ^ 出陣予定だった「五所川原立佞武多」は、8月上旬に発生した大雨被害への対応のため参加辞退[34]
  10. ^ 弘前みなみ幼稚園とよつば保育園は合同運行にも出陣する[38]
  11. ^ 7月26日から8月1日の日曜日にあたる日の日中に開催する。
  12. ^ 江戸城年賀の式にて信義が「津軽には加賀百万石の六尺大太鼓より大きな十尺の櫓太鼓がある」と大法螺を吹いた。諸侯が実否を確認するため検使を派遣することになったため、信義は弘前へ早馬を走らせ「十尺に余る大太鼓を早々に作り櫓に備えよ」と命じ、名臣 服部長門守康成の才覚により見事完成させた。検使達は大太鼓を見て啞然とし言葉もなく帰ったという[15]
  13. ^ 富田清水町会青年部、西地区ねぷた親交会、必殺ねぷた人、盟友会の4団体(五十音順)[50]
  14. ^ 向外瀬ねぷた愛好会は2013年(平成25年)まで組ねぷたで参加していたが、翌年から扇ねぷたに変更。新町ねぷた愛好会は2011年(平成23年)まで組ねぷたで参加していた[51]

出典[編集]

  1. ^ まつり”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会. 2022年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c 弘前ねぷた”. 弘前市観光課. 2022年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “弘前ねぷた、3年ぶり「じゃわめぐ」夏 文献登場から300年 節目の年に合同運行再開”. 河北新報. (2022年7月25日). https://kahoku.news/articles/20220722khn000025.html 2022年10月9日閲覧。 
  4. ^ 「津軽遍覧日記」(1792年(寛政四年)木立要左衛門著)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 「弘前藩庁日記」(御国日記)
  6. ^ a b 「封内事実苑」
  7. ^ a b c d e f 「弘前ねぷた速報ガイド2022」路上社、P17 ねぷた・ねぶたの歴史
  8. ^ 「青森県警察史」
  9. ^ 近代の新聞報道にみるねぷた喧嘩‐明治期から昭和初期‐(1/4)”. 青森県庁. 2022年10月10日閲覧。
  10. ^ 近代の新聞報道にみるねぷた喧嘩‐明治期から昭和初期‐(2/4)”. 青森県庁. 2022年10月10日閲覧。
  11. ^ 近代の新聞報道にみるねぷた喧嘩‐明治期から昭和初期‐(3/4)”. 青森県庁. 2022年10月10日閲覧。
  12. ^ a b c 近代の新聞報道にみるねぷた喧嘩‐明治期から昭和初期‐(4/4)”. 青森県庁. 2022年10月10日閲覧。
  13. ^ a b 弘前ねぷたコンテスト”. 弘前ねぷた参加団体協議会. 2022年9月23日閲覧。
  14. ^ 青森の「弘前ねぷたまつり」。中止だからこそ楽しむ「城下の美風」とその思い”. オマツリジャパン (2020年8月4日). 2022年10月10日閲覧。
  15. ^ a b c 「津軽情っ張り大太鼓 五十周年史”. 津軽情っ張り大太鼓保存後援会 (公益社団法人 弘前観光コンベンション協会). 2022年10月10日閲覧。
  16. ^ 陸奥新報創刊25周年記念「志功ねぷた」”. 一般財団法人 棟方志功記念館 (2021年8月13日). 2022年10月9日閲覧。
  17. ^ 国指定文化財等データベース・・・国宝・重要無形財”. 文化庁. 2012年4月10日閲覧。
  18. ^ 津軽ひろさき歴史文化観光検定 第10回 上級(おべ仙人検定)試験、問12”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 (2020年3月1日). 2022年10月10日閲覧。
  19. ^ a b 「弘前度転太鼓」の叩き手、曳き手を募ります。”. 東地区町会連合会ねぷた (2013年7月10日). 2022年10月10日閲覧。
  20. ^ 残したい“日本の音風景100選””. 環境省 水・大気環境局大気生活環境室. 2022年10月10日閲覧。
  21. ^ 伝統芸能大賞など > 歴代の受賞者(年度別)”. 一般財団法人 地域伝統芸能活用センター. 2022年10月15日閲覧。
  22. ^ “弘前で鎮魂ねぷた まつり開幕前夜の31日に”. 朝日新聞. (2011年7月8日). https://www.asahi.com/special/10005/TKY201107070502.html 2022年10月10日閲覧。 
  23. ^ a b イベント紹介【8月のイベント】”. 弘前城築城400年祭推進室. 2022年10月10日閲覧。
  24. ^ a b 弘前ねぷたまつり「なぬかびおくり」”. いいかも!!弘前(弘前シティプロモーションWEBサイト) (2017年8月7日). 2022年10月13日閲覧。
  25. ^ “「弘前ねぷた」残りの日程中止 死亡事故受け”. 日本経済新聞. (2014年8月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75307650W4A800C1CC0000/ 2022年9月17日閲覧。 
  26. ^ “弘前ねぷたまつりもコロナで中止”. 陸奥新報. (2020年4月16日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2020/04/59534.html 2020年4月16日閲覧。 
  27. ^ 「弘前ねぷたまつり」の中止について”. 弘前市. 2022年9月17日閲覧。
  28. ^ “弘前ねぷた 合同運行中止で町内運行に奨励金”. 陸奥新報. (2021年6月19日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2021/06/65520.html 2022年9月23日閲覧。 
  29. ^ “東地区ねぷた 町内「大運行」/弘前”. 陸奥新報. (2021年8月1日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2021/08/66160.html 2022年9月23日閲覧。 
  30. ^ “感染対策し茂森新町ねぷた2年ぶり町内運行”. 陸奥新報. (2021年8月3日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2021/08/66184.html 2022年9月23日閲覧。 
  31. ^ 初音ミクが「弘前ねぷた300年祭」の公式応援キャラクターに決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES (2022年6月16日). 2022年9月14日閲覧。
  32. ^ 「弘前ねぷた300年祭×初音ミク」コラボ特設ページ”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会. 2022年9月14日閲覧。
  33. ^ “弘前ねぷた1日開幕 感染対策協力呼び掛け”. 陸奥新報. (2022年8月11日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2022/08/71671.html 2022年9月23日閲覧。 
  34. ^ “弘前ねぷた300年祭 立佞武多は参加せず”. 陸奥新報. (2022年8月18日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2022/08/71920.html 2022年9月13日閲覧。 
  35. ^ 弘前ねぷた300年祭特別運行”. 広報ひろさき (2022年8月15日). 2022年8月29日閲覧。
  36. ^ “300年祭記念し錦秋ねぷた/弘前公園”. 陸奥新報. (2022年10月30日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2022/10/73002.html 2022年11月3日閲覧。 
  37. ^ 弘前ねぷたまつり/雨天時の対応について”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会. 2022年10月13日閲覧。
  38. ^ 「弘前ねぷた平成総集編」路上社、P164-165 よつばねぷた愛好会、P209-211 弘前みなみ幼稚園
  39. ^ 2019ちびっ子ねぷたのお通りだい”. 弘前感交劇場 (公益社団法人 弘前観光コンベンション協会) (2019年7月29日). 2022年9月21日閲覧。
  40. ^ “弘前ねぷた300年 伝統継承誓う/なぬかび運行”. 東奥日報. (2022年8月8日). https://www.toonippo.co.jp/articles/-/1257602 2022年10月13日閲覧。 
  41. ^ ABAニュース 県内夏祭りの人出は減少 - ウェイバックマシン(2014年8月11日アーカイブ分)
  42. ^ “復活の弘前ねぷたに91万人”. 陸奥新報. (2022年8月9日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2022/08/71778.html 2022年9月25日閲覧。 
  43. ^ 「弘前ねぷた速報ガイド2019」路上社、P12 ねぷたスケジュール
  44. ^ 「弘前ねぷた速報ガイド'86」路上社、P8 スケジュール
  45. ^ 平成30年度 弘前ねぷたまつり 表彰(本賞)”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 (2018年8月2日). 2022年9月23日閲覧。
  46. ^ 令和元年度 弘前ねぷたまつり 表彰(本賞)”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 (2019年8月2日). 2022年9月23日閲覧。
  47. ^ a b c d e 弘前ねぷた保存基準”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 (2008年6月24日). 2022年10月10日閲覧。
  48. ^ 「津軽剛情張大太鼓」6年ぶりの出陣と公開練習のお知らせ”. 弘前感交劇場 (公益社団法人 弘前観光コンベンション協会) (2018年7月12日). 2022年10月10日閲覧。
  49. ^ 「弘前ねぷた速報ガイド2022」路上社、P15 ねぷたの運行形態と囃子
  50. ^ 「弘前ねぷた平成総集編」路上社、P66-68 必殺ねぷた人、P109-111 富田清水町会青年部、P189-191 西地区ねぷた親交会、P230-232 盟友会
  51. ^ 「弘前ねぷた平成総集編」路上社、P72-74 向外瀬ねぷた愛好会、P148-149 新町ねぷた愛好会
  52. ^ ねぷたまつりコンテスト審査基準”. 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 (2007年7月2日). 2022年10月10日閲覧。
  53. ^ 第1回「ねぶたの歴史」”. 学校法人 青森山田学園. 2022年10月15日閲覧。
  54. ^ 太田市 尾島ねぷたまつり”. ぐるっと太田 (太田市のポータルサイト). 2022年9月22日閲覧。
  55. ^ しれとこ斜里ねぷた”. 北海道Style (プレスマンユニオン). 2022年9月22日閲覧。
  56. ^ 『尾島ねぷたまつり』へ参加してきました”. いいかも!!弘前(弘前シティプロモーションWEBサイト) (2012年8月17日). 2022年11月3日閲覧。
  57. ^ 「弘前ねぷた速報ガイド2013」路上社、P26 太田市尾島ねぷた友好団体
  58. ^ “弘高ねぷた 3年ぶり中心街出陣”. 陸奥新報. (2022年7月21日). http://www.mutusinpou.co.jp/news/2022/07/71508.html 2022年9月22日閲覧。 
  59. ^ 弘高ねぷた運行に伴う交通規制のお知らせとお願い”. 青森県立弘前高等学校. 2022年10月12日閲覧。
  60. ^ a b 金魚ちょうちん”. 山口県柳井市 (2022年6月6日). 2022年9月14日閲覧。
  61. ^ 金魚ねぶたとは”. 日本の火祭り 青森ねぶた (公益社団法人 青森観光コンベンション協会). 2022年9月17日閲覧。
  62. ^ 迫力に感動!「ふらいんぐうぃっち」篠田みなみ&三上枝織から、ねぷたまつり参加コメントが到着”. Web Newtype (KADOKAWA) (2016年8月3日). 2022年9月17日閲覧。
  63. ^ 黒石ねぷたまつり”. 一般社団法人 黒石観光協会. 2022年10月12日閲覧。
  64. ^ 平川ねぷたまつり2022”. 一般社団法人 平川市観光協会 (2022年7月15日). 2022年10月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 成田敏「ねぶた・ねぷた祭り」『Consulant Vol.232 <特集>青森~雪と共に生きる人の知恵~』建設コンサルタンツ協会. (2007年3月22日). 2017年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]