津軽信寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
津軽 信寧
Tsugaru Nobuyasu.jpg
津軽信寧像(弘前藩歴代藩主絵像、正伝寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 元文4年2月27日1739年4月5日
死没 天明4年閏1月2日1784年2月22日
戒名 戒香院殿梅渓常薫大居士
墓所 寛永寺 津梁院
官位 従五位下、越中
幕府 江戸幕府
陸奥弘前藩
氏族 津軽氏
父母 父:津軽信著
兄弟 信寧仙石好古
正室:越前松平明矩の娘・綾姫
側室:歌喜(妙詮院、青木助右衛門の妹)
信明、娘(阿部正倫継室)、娘(堀親忠正室)、
娘(堀親忠継室)、娘(那須資明室)ら

津軽 信寧(つがる のぶやす)は、江戸時代後期の大名陸奥弘前藩(津軽藩)の第7代藩主。

元文4年(1739年)2月27日、第6代藩主・津軽信著の長男として生まれる。延享元年(1744年)8月2日、父・信著の跡を継いで藩主となった。また、一族の津軽著教に3000俵を分け与える。宝暦3年(1753年)2月18日、将軍徳川家重にお目見えする。同年12月18日、従五位下土佐守に叙任する。

信寧の治世中、弘前藩は飢饉といった天災が相次いで領地は荒廃し、借金は35万にも及んでいた。しかも重臣である3名が商人と結託して藩内の米を買い占めて江戸へ売却して暴利をむさぼるなど、不正も起こった。明和3年(1766年)7月8日、地震のために弘前城が壊れて、幕府から4000両を借り入れた。さらに天明元年(1781年)から起こった天明の大飢饉は藩にとどめを刺すこととなる。天明3年12月25日、幕府から飢饉対策のために1万両を借り入れる。このため信寧は財政改革に乗り出そうとしたが、その矢先の天明4年(1784年)に急死し、跡を長男の信明が継いだ。

偏諱を与えられた人物 [編集]

  • 津軽(黒石津軽家第6代当主、信寧の嫡男・信明の死後にその跡を継いで弘前藩の9代藩主となる)

関連項目[編集]