津軽信明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
津軽 信明
Tsugaru Nobuakira.jpg
津軽信明像
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦12年6月22日1762年8月11日
死没 寛政3年6月22日1791年7月22日
別名 熊五郎(幼名)、松五郎(幼名)
戒名 體孝院殿貞境普照大居士
墓所 寛永寺津梁院
官位 従五位下、土佐
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
陸奥弘前藩
氏族 津軽氏
父母 父:津軽信寧、母:歌喜(妙詮院・青木助右衛門の妹)
正室松平朝矩の娘・喜佐姫
娘(柴田勝峯室)
養子寧親

津軽 信明(つがる のぶあきら)は、江戸時代後期の大名陸奥弘前藩(津軽藩)の第8代藩主

生涯[編集]

宝暦12年(1762年)6月22日、第7代藩主・津軽信寧の長男として生まれる。安永5年(1776年)3月1日、将軍徳川家治にお目見えする。同年12月18日、従五位下出羽守に叙任する。幼少期から才能に恵まれ、宇佐美恵助戸沢惟顕らから教えを受けてその才能に磨きをかけた。また、当時名君と呼ばれていた肥後熊本藩主・細川重賢出羽米沢藩主・上杉鷹山(治憲)、そして陸奥白河藩主・松平定信らと親交を持ったことも、信明の才能と見識を広げる一因となった。

天明4年(1784年)2月晦日、父の急死により家督を継いで藩主となった。この頃、弘前藩では天明の大飢饉では、死者13万人と言われるほどの大被害を受け、その救済費などによる出費から財政が悪化していた。このため信明は藩財政改革に乗り出し、乳井貢毛内有右衛門ら有能な士を登用、不正を行なう家臣に対しては厳しい処罰で臨んだ。

改革のうち珍しいものとして、有右衛門の進言を容れての藩士の帰農、土着策がある。有右衛門は武士の窮乏化が促進するのは武士が年貢である米に頼りすぎるからであるとし、藩士を織田信長兵農分離以前の半農半士の状態に戻そうとしたのである。この頃、弘前藩では飢饉という天災が相次いで領地は荒廃し、百姓は差し出す年貢さえなく、田を捨てて逃亡するという有様であった。そこで藩士を半農半士にすることで、荒廃した田畑を復興させようとしたのである。しかし、当初は反対論が多く、はじめは希望者のみにとどめた。その後、赤石安右衛門菊地寛司らの尽力もあって、荒廃した田畑のうち1,000町歩が復興した。

信明はさらに倹約令や出費の大幅削減、義倉設置による食糧備蓄、藩校の開設と教育の普及、藩法の制定、年貢徴収方法を定免法から検見法に改めるなどして、着実な改革を行なって財政を再建した。しかし寛政3年(1791年)、30歳の若さで急死し、改革は後一歩というところで挫折した。これには毒殺説もある。嗣子がなかったため、跡を養嗣子の寧親(別家の津軽著高の子)が継いだ。