ねぶた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ねぶたの山車灯籠
青森ねぶたの山車灯籠
現代の青森ねぶたの山車灯籠は、「人形型」とも呼ばれる、このように多面体構成で組み上げられた優れて立体的な造形で広く知られている。マスメディア等がねぶたを紹介するにあたって、ここに見るような青森ねぶたの山車灯籠を第一に挙げないことは例外と言っても過言ではない。それほどに代名詞的イメージが青森ねぶたの山車灯籠には形成されている。2010年の作品例1基。主題山幸彦と海幸彦
弘前ねぷたの山車灯籠
現代の弘前ねぷたの山車灯籠は、「型」とも呼ばれ、青森の人形型に比べて平面的造形である。2008年の作品例3基。主題は未確認ながら、手前の1基は戦国武将か。
五所川原立佞武多の山車灯籠/2007年に作品例1基。
つがる市木造のねぷたの山車灯籠/2013年の作品例1基。
大湊ネブタの山車灯籠/2003年の作品例1基。
浅虫ねぶたの山車灯籠/2012年の作品例1基。

ねぶたとは、古来日本で、旧暦7月7日年中行事として、すなわち七夕行事の一つとして行われてきた[1]夏祭りの一類型である。特に東日本各地で行なわれてきたが、近世以降の津軽地方江戸幕藩体制下においては弘前藩明治維新以降の青森県西部)においてはとりわけ盛んで、祭りの形態も主にこの地で進化・発展を遂げてきた。

行事の正式名称としては、青森ねぶたのように「ねぶた」と呼んで仮名表記する例のほか、「ねぷた」と呼ぶ場合や(弘前ねぷたなど)、漢字当て字で「佞武多」と記して「ねぷた」と読みならわす例(五所川原立佞武多)もある[2]

全国的に有名なのは、青森ねぶた弘前ねぷたである。これらは、1980年重要無形民俗文化財に指定されている。以下、青森県のねぶたを中心に記載する。

概要[編集]

青森県では8月初旬頃に行われているが、地域によって運行されるねぶた(ねぷた)の形態、御囃子や掛け声に違いがある[2]青森市青森ねぶた弘前市弘前ねぷた五所川原市五所川原立佞武多などが有名で、次いで黒石市黒石ねぷたつがる市木造ねぶた平川市平川ねぷたむつ市大湊ネブタなどがある。その他、ねぶた発祥の地のひとつとされる浅虫ねぶた[3]津軽地方下北半島の各市町村でも行われている。

ねぶたの起源には諸説ある[2]。一説には坂上田村麻呂が蝦夷征伐の際に敵をおびき出すために作った大きな灯籠が由来になっているという説もあったが、史実では田村麻呂は青森までは行っていないとされ伝承の一つと考えられている[2]。有力な説として禊祓に由来するという説がある[4]。また、中国から伝来した七夕行事と、東北地方などで古来から行われていた眠り流し、精霊送り、虫送りなどの行事が一体化した行事という説もある[2]

ねぶた(ねぷた)に関する最も古い史料は『弘前藩庁御国日記』(1722年)とされ「祢ふた」や「祢むた」の観覧の記述がある[2]。また、ねぶた(ねぷた)に関する最も古い絵図とみられるのが弘前藩士の比良野貞彦によって描かれた『奥民図彙』(1778年)である[2]

ねぶたは全国で地域の祭りとして取り入れる例がみられ、特に関東地方東京周辺)では阿波踊りなどと同様、イベントの1つにする祭りがある。

長崎県五島列島福江島でも行われている。

名称[編集]

「ねぶた」「ねぷた」の語源には諸説あるが、「眠(ねぶ)たし」[5]、「合歓木(ねむのき、ねぶたのき、ねぶた)」「七夕(たなばた)」「荷札(にふだ)」などに由来する説がある[4]

もともと江戸時代の史料では「ねぶた」「ねむた」「ねふた」などの表記が混在し、江戸末期になると「侫武多」の当て字も多用されるようになった[6]。その後、昭和20年代後半になり青森の東奥日報で「ねぶた」、弘前の陸奥新報で「ねぷた」の表記が一般的に使われるようになった[6]。行事の正式名称も弘前が1957年(昭和32年)から「ねぷた」を、青森が1958年(昭和33年)から「ねぶた」を名乗っている[2]。しかし「ねぶた」と「ねぷた」の表記の違いが強調されるようになったのは青森ねぶた弘前ねぷたが国の重要無形民俗文化財に指定された1980年(昭和55年)以降のこととされる[6]。一般には青森でも「ねぷた」(あるいは「ねんぷた」)、弘前でも「ねぶた」と呼ぶ例がみられる[2][6]

各地のねぶた一覧[編集]

青森県内[編集]

関東地方[編集]

東北地方の観光キャンペーンイベント等で不定期に行われているものも多々存在するが、本稿では毎年開催されているもののみを記載する。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  2. ^ a b c d e f g h i ねぶた・ねぷた楽しみ方ガイドブック”. 青森県観光国際戦略局. 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ 青い森鉄道発行「駅周辺散策マップ 浅虫温泉駅」
  4. ^ a b 西角井正慶編『年中行事事典』(東京堂出版、 1958年5月23日初版発行)p606
  5. ^ 国文学者池田彌三郎『日本故事物語』(河出書房、1958年 後に河出文庫)によれば、「眠い」を「ねぶたい」ともいうように「ねぶた」も元は「睡魔」を指し、これを追い払うのは神の災禍を受けぬ用心であったという。神の来臨するお盆の夜に眠ってはいけないと古人は信じ、「ねぶた流れよ 豆(まめ=健康)の葉よ とまれ」と歌って家内の息災を祈った。
  6. ^ a b c d 青森県史の質問箱02”. 青森県. 2021年9月17日閲覧。
  7. ^ 厳密にはねぶた祭りではなく、市町村地区の祭り行事「つがる市馬市まつり」の出し物である。
  8. ^ つがる市馬市まつり”. 青森県観光サイト アプティネット. 2016年8月26日閲覧。
  9. ^ 第22回臼井ふるさとにぎわい祭”. 臼井ふるさとにぎわい祭実行委員会. 2017年8月16日閲覧。
  10. ^ “佐倉の2雄、ねぶたに 長嶋茂雄さんと史上最強力士 雷電為右衛門 地元の祭り盛り上げへ”. 千葉日報. (2016年12月7日). http://www.chibanippo.co.jp/news/local/370414 2017年8月16日閲覧。 
  11. ^ 湘南ねぶたホームページ
  12. ^ いわき市観光情報サイト
  13. ^ 柳井金魚ちょうちん祭り”. 柳井市 (2020年7月10日). 2020年12月23日閲覧。
  14. ^ 八幡東ねぶた振興会
  15. ^ ねぷた祭りin知覧(南九州市)

参考文献[編集]

  • 成田敏「ねぶた・ねぷた祭り」『Consulant Vol.232 <特集>青森〜雪と共に生きる人の知恵〜』 建設コンサルタンツ協会(2007年3月22日)、閲覧日 2017年9月1日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]