六会日大前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
六会日大前駅
西口(2004年11月27日)
西口(2004年11月27日)
むつあいにちだいまえ
Mutsuai-Nichidai-mae
OE 09 湘南台 (1.5km)
(2.4km) 善行 OE 11
所在地 神奈川県藤沢市亀井野一丁目1番地1
駅番号 OE 10
所属事業者 OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
所属路線 OE 江ノ島線
キロ程 17.3km(相模大野起点)
新宿から49.6km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
30,477人/日
-2016年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日*
*駅名改称:
1998年平成10年)8月22日‐六会→六会日大前
テンプレートを表示
東口(2004年11月27日)
改札口(2004年11月27日)
藤沢方からホーム・駅舎を望む(2004年11月27日)
橋上駅舎になる前の六会駅駅舎(1988年頃)

六会日大前駅(むつあいにちだいまええき)は、神奈川県藤沢市亀井野一丁目にある、小田急電鉄江ノ島線である。駅番号OE 10

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。

のりばは東側を1番ホームとして、下表の通りである。

2012年6月に、行先案内表示器が新設された[1]

のりば[編集]

六会日大前駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 OE 江ノ島線 下り 藤沢片瀬江ノ島方面
2 上り 相模大野新宿C 千代田線方面

利用状況[編集]

  • 小田急電鉄 - 2016年度の1日平均乗降人員は30,477人である[利用客数 1]
    小田急線内70駅中38位で、各駅停車のみ停車する駅の中では最も多い。

近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[* 1]
年度 1日平均
乗降人員[* 2]
1日平均
乗車人員[* 3]
出典
1995年(平成07年) 14,747 [神奈川県統計 1]
1998年(平成10年) 14,484 [神奈川県統計 2]
1999年(平成11年) 13,928 [神奈川県統計 3]
2000年(平成12年) 14,349 [神奈川県統計 3]
2001年(平成13年) 14,103 [神奈川県統計 4]
2002年(平成14年) 28,454 14,239 [神奈川県統計 5]
2003年(平成15年) 28,633 14,299 [神奈川県統計 6]
2004年(平成16年) 28,477 14,115 [神奈川県統計 7]
2005年(平成17年) 27,942 13,866 [神奈川県統計 8]
2006年(平成18年) 28,151 13,974 [神奈川県統計 9]
2007年(平成19年) 28,096 13,983 [神奈川県統計 10]
2008年(平成20年) 28,307 14,116 [神奈川県統計 11]
2009年(平成21年) 28,194 14,055 [神奈川県統計 12]
2010年(平成22年) 28,083 14,007 [神奈川県統計 13]
2011年(平成23年) 27,991 13,959 [神奈川県統計 14]
2012年(平成24年) 28,987 14,464 [神奈川県統計 15]
2013年(平成25年) 30,150 15,057 [神奈川県統計 16]
2014年(平成26年) 29,703 14,842 [神奈川県統計 17]
2015年(平成27年) 30,555 15,266 [神奈川県統計 18]
2016年(平成28年) 30,477

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

  • 1929年昭和4年)4月1日 - 六会駅として六会村亀井野1769番地に開業。「直通」の停車駅となる。なお、各駅停車は新宿 - 稲田登戸(現・向ヶ丘遊園)間のみで運行されていた。
  • 1945年(昭和20年)6月 - 「直通」が廃止され各駅停車が全線で運行されることとなり、その停車駅となる。
  • 1946年(昭和21年)10月1日 - 準急が設定され、停車駅となる。
  • 1962年(昭和37年)から数年 - 朝ラッシュ時の上り通勤急行のうち、1本が停車駅となる。
  • 1995年平成7年)4月15日 - 橋上駅舎と東西を結ぶ自由通路が完成し、供用開始。
  • 1998年(平成10年)8月22日 - 六会日大前駅に改称。
  • 2012年(平成24年)6月 - 行先案内表示器が新設され、使用開始。

駅名の由来[編集]

開設当時の「六会」は、1889年明治22年)の町村制施行の際につの村(高座郡円行村、亀井野村、下土棚村、西俣野村、今田村および石川村)が合併した(結び合〔〕った)ことに由来する六会村から。

現在の駅名は日本大学の請願により「湘南日大前」という駅名が提案されたことに始まる。「六会」の地名は駅名にしか残っておらず(付近の住所表記は「亀井野」)、歴史的に意味のある地名を残して欲しいという要望が高かったことから、近隣住民と協議の末、「六会日大前」に改称された。

その他[編集]

かつて横浜ドリームランド大船駅を結んでいたモノレールドリーム開発ドリームランド線はドリームランドから六会駅までの路線を建設する計画があった。路線免許申請はなかったものの、ドリーム交通の公式文書などに明記されている。

隣の駅[編集]

OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
OE 江ノ島線
快速急行・急行
通過
各駅停車
湘南台駅 (OE 09) - 六会日大前駅 (OE 10) - 善行駅 (OE 11)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

小田急電鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
小田急電鉄の統計データ
  1. ^ 統計年報 - 藤沢市
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ 神奈川県県勢要覧
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移 - 22ページ
  2. ^ 平成12年 - 223ページ
  3. ^ a b 平成13年 (PDF) - 225ページ
  4. ^ 平成14年 (PDF) - 223ページ
  5. ^ 平成15年 (PDF) - 223ページ
  6. ^ 平成16年 (PDF) - 223ページ
  7. ^ 平成17年 (PDF) - 225ページ
  8. ^ 平成18年 (PDF) - 225ページ
  9. ^ 平成19年 (PDF) - 227ページ
  10. ^ 平成20年 (PDF) - 231ページ
  11. ^ 平成21年 (PDF) - 241ページ
  12. ^ 平成22年 (PDF) - 239ページ
  13. ^ 平成23年 (PDF) - 239ページ
  14. ^ 平成24年 (PDF) - 235ページ
  15. ^ 平成25年 (PDF) - 237ページ
  16. ^ 平成26年 (PDF) - 239ページ
  17. ^ 平成27年 (PDF) - 239ページ
  18. ^ 平成28年 (PDF) - 247ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]