青森県立青森戸山高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青森県立青森戸山高等学校
Aomori toyama high school gate.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 青森県の旗 青森県
校訓 剛毅・叡智・信愛
設立年月日 1983年
閉校年月日 2013年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
美術科
学期 3学期制
高校コード 02162J
所在地 030-0951
青森県青森市大字戸山字安原7番地1
北緯40度48分41.2秒東経140度47分52.7秒
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

青森県立青森戸山高等学校(あおもりけんりつ あおもりとやまこうとうがっこう)は、青森県青森市大字戸山字安原に所在した公立高等学校。建物は現在、青森県立青森商業高等学校の新校舎として利用されている。

設置学科[編集]

所在地[編集]

  • 〒030-0951 青森県青森市大字戸山字安原7番地1

沿革[編集]

  • 青森市東南部の開発に伴い、高校設置の要望が高まる。
  • 1982年4月 - 県立青森高校内に開設準備室を設置。
  • 1983年4月 - 普通科高校として開校。
  • 2003年4月 - 美術科を設置。
  • 2008年 - 青森市・東津軽郡内の中卒予定者の減を理由に閉校を策定。
  • 2011年4月 - 生徒募集停止。
  • 2013年3月31日 - 青森県立青森東高等学校へ統廃合され、閉校。卒業生8424人。

校風[編集]

  • 校訓

剛毅 叡智 信愛

  • 教育目標

真理と正義を愛し、心身共に健康で、国家及び社会の進展に寄与する個性豊かな人材を養成する

学習面では学校設置以来、「添削指導」を行っている。生徒の負担は重いが、学習能力の向上に役立っているとされる。校風は「添削指導」に代表されるように、厳しい指導が行われ、結果として生徒の学力向上、落ちこぼれの無い指導など、進学実績を伸ばす要因となっている。 尚、この「添削指導」は伝統的に数学を中心に行われている。他の教科に関しては継続的に実施されているとはいえない。進学を重視する観点から修学旅行は行わない慣例となっていたが、21回生からは「研修旅行」と称し、普通科は国内、美術科はパリに行き、美術館や歴史的建造物等を見学している。

進学[編集]

大学・短大含め進学率は70%程度である。国公立は、弘前大学青森県立保健大学青森公立大学岩手大学北海道教育大学、などが主な進学先である。私立大学では、東北学院大学東北芸術工科大学弘前学院大学が主な進学先である。ここ数年は学年在籍数の20~25%ほどが専門学校・就職・その他を進路とするようになってきた。就職者は6%程度(平成22年度)である。

戸山ブリザード[編集]

青森戸山高校校舎

現在のように周辺の開発が進む以前の、冬の青森戸山高校は猛吹雪にあう事がしばしばで、この猛吹雪を生徒達は「戸山ブリザード」と呼んだ。猛吹雪の中通学する戸山高生の姿は雪中行軍を思わせる過酷なものであった。同様の存在に「南高ブリザード」が存在する。前述のように周辺の開発が進んだ事や時の移り変わりもあり、現在「戸山ブリザード」という呼称を知っている者は少ない。

美術科[編集]

2003年に開設された美術科は、青森県内唯一の学科で、北東北でも珍しい。県内でも美術「コース」の設置はあるが、「科」は初めてで、総合的にかつ専門的に美術を学ぼうとする生徒に向いている。2学年からは4つの専攻・副専攻を選択させて専門性を高めている。新設学科にもかかわらず、毎年のように国公立大学にも数名の合格者を出すなど(美術科の在籍は30名)、健闘している。また、各種コンテストにも出品・出場し、高い評価を得ている(ファッション甲子園2005準優勝、同2008審査員特別賞、はんが甲子園本戦出場など)。

出身著名人[編集]

三遊亭神楽(落語家、円楽一門会)本名:神博充 3回生

関連項目[編集]