藤原てい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 てい(ふじわら てい、1918年11月6日 - 2016年11月15日)は、日本の作家。夫は作家新田次郎(本名・藤原寛人)、数学者エッセイスト藤原正彦は次男。旧姓両角。

来歴・人物[編集]

長野県茅野市出身。県立諏訪高等女学校(現、諏訪二葉高等学校)卒業。1939年、新田と結婚。1943年新京の気象台に赴任する夫と共に満州に渡る。敗戦後の1945年、夫を一時残して子供を連れ満州より引き揚げ、帰国後しばらくして新田も帰国。

帰国後、遺書のつもりでその体験をもとに、小説として記した『流れる星は生きている』はベストセラーとなった。一部創作も含まれている。またTBSの『愛の劇場』で1982年にドラマ化された。

読売新聞「人生案内」の回答者を1997年3月まで約13年間務めた。

80歳を過ぎた頃から認知症を発症し、表舞台から退いた。

2016年11月15日、老衰のため死去[1]。98歳没。

著書[編集]

  • 『流れる星は生きている』日比谷出版社 1949 のち偕成社文庫中公文庫
  • 『灰色の丘』寳文館 1950
  • 『生きがい論』秋元書房 1971
  • 『いのち流れるとき ひとりの女として妻になる才覚』青春出版社 1971
  • 『赤い丘赤い河 十字架を背負って』修道社 1972
  • 『果てしなき流れのなかに』家の光協会 1977 のち中公文庫
  • 『かぎりなき日々に』家の光協会 1981
  • 『旅路 自伝小説』読売新聞社 1981 のち中公文庫
  • 『わが夫新田次郎』新潮社 1981
  • 『妻として母としての幸せ』聖教新聞社 文化教養シリーズ 1982
  • 『生きる 藤原ていエッセー集』読売新聞社 1984
  • 『たけき流れに』家の光協会 1985
  • 『家族』読売新聞社 1987
  • 『運命』読売新聞社 1989
  • 『あなた、強く生きなさい。』講談社 1993
  • 『絆』読売新聞社 1993
  • 『折々の栞』読売新聞社 1996

翻訳[編集]

テレビ出演[編集]

藤原ていを演じた人物[編集]

脚注[編集]