落合務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

落合 務(おちあい つとむ、1947年10月30日 - )は、日本料理人東京銀座イタリア料理店・ラ・ベットラ・ダ・オチアイのオーナーシェフ。日本イタリア料理協会会長。

人物[編集]

神奈川県鎌倉市出身。東京都に育ち、高校中退後の下積みを経て19歳の時にフランス料理を志しニューオータニに入社。22歳で洋食レストラン「トップス」のコックになり、1978年31歳のときにオーナーの指令でイタリアにて4年間修行する。日本に帰国して赤坂のイタリア料理店「グラナータ」の料理長に就任。1997年に銀座の「ラ・ベットラ」のオーナー兼シェフとなり、店は「日本一予約のとれないレストラン」の二つ名で知られるようになる。その後2009年には日本イタリア料理協会の会長に就任し、テレビ・雑誌など多忙な日々を送っている。

NHKの情報番組『あさイチ』の「夢の3シェフ競演」(前番組『生活ほっとモーニング』からのコーナー)では日本料理代表の中嶋貞治(新宿割烹中嶋店主)と中国料理代表の孫成順(中國名菜孫店主)に出演している。また日本テレビのドラマ『バンビ〜ノ!』では料理監修のスタッフを担当した。

2011年4月6日、宮城県石巻市で、同年3月11日に起きた東日本大震災の被災者にパスタの炊き出しを行った[1]

著書[編集]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮城 一流シェフがパスタの炊き出し”. TBS (2011年4月6日). 2011年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]