てなもんや一本槍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
てなもんや一本槍
ジャンル コメディ番組
放送時間 日曜 18:00 - 18:30(30分)
放送期間 1968年4月7日 - 1970年2月22日(99回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
演出 馬場淑郎
脚本 香川登志緒
出演者 藤田まこと
九重佑三子
柳家金語楼
丹下キヨ子
平参平
ピーター
芦屋雁之助
長門勇
原哲男
白木みのる
ほか
テンプレートを表示

てなもんや一本槍』(てなもんやいっぽんやり)は、1968年4月7日から1970年2月22日までTBS系列局で放送された朝日放送(ABC)製作のコメディ番組である。てなもんやシリーズの第2弾。全99回。放送時間は毎週日曜 18時00分 - 18時30分 (JST) 。

概要[編集]

6年弱にわたって放送された『てなもんや三度笠』に替わってスタートした番組。この番組では戦国時代が舞台となり、一国一城の主を夢見る男・長吉が足軽となり、乱世をたくましく生き残る作品となった。

『てなもんや三度笠』から引き続き藤田まことが主演を、香川登志緒が脚本を担当していたが、演出は澤田隆治に替わって馬場淑郎が担当した。そして提供も前田製菓からサンスター歯磨(現・サンスター)と久光製薬に変わり、冒頭の藤田の口上の締めも「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」から「貼っていいのはサロンパス」に変えられた。そして最大の特徴は、『てなもんや三度笠』が公会堂での公開番組だったのに対し、この番組はスタジオ収録に変わったことで、合成によって同じ顔のキャラクターが2人登場するという、公開時代では出来ない演出が多用されていた点である。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

コミカライズ[編集]

つのだじろうによるコミカライズ作品が『週刊少年サンデー』(小学館刊)に連載された。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

TBS系列 日曜18時台前半・朝日放送製作枠
前番組 番組名 次番組
てなもんや一本槍
(1968年4月 - 1970年2月)