オフィス・ゲンキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オフィス・ゲンキ株式会社(おふぃす・げんき)は、日本芸能プロダクション芸能マネジメントのほか、音楽関連出版肖像権管理を営む株式会社1978年創業。

1987年、社名を現行のオフィス・ゲンキ株式会社に変更。松山本人が代表取締役に就任し現在に至る。本社は東京都渋谷区。資本金は1000万円。代表取締役松山千春

概要[編集]

本社は、東京都渋谷区桜丘町3番24号 カコー桜丘ビル3-Bにあり、他に札幌支社を、北海道札幌市中央区大通西10丁目4番地 南大通りビル4階 に構える。商業登記上の本店所在地は東京であるものの、これはあくまで東京における渉外やファンクラブ「千春を見守る会」の受付窓口を担うことがもっぱらで、興行企画・応募受付や事務手続は札幌支社で行うことのほうが多い。

スタッフは、吉本興業東京支社のお笑い芸人タカアンドトシのトシの父親が、同社のマネージャー職を務めていたほか、現在はトシの姉が同社に勤務している(『さんまのまんま』出演時のトークより)。

エピソード[編集]

  • 前身会社「オフィス・パンタ株式会社」の名称は、初代代表取締役山本詔治の「がに股」の風貌がパンタグラフを連想させることから命名された。
  • 松山の心意気を反映し、財政破綻した北海道夕張市で1700人規模の無料チャリティコンサート「夕張応援コンサート」を2007年3月25日に開催するなど、利益を度外視したチャリティ目的の社会貢献を積極的に実施することで知られ、評価されている。
  • 2001年4月期の法人所得を約7000万円と申告したところ、2002年7月に東京国税局の税務調査を受け、2001年4月期までの5年間にわたり松山のCD、ビデオ制作やイベントなどの企画の際、一部について制作会社に外注したように装って経費を水増し計上するなどしていたとして、約6000万円の所得隠しを指摘され、修正申告で重加算税を含め約4000万円を追徴された。

この事件に関して一部では、同社が松山の節税目的会社化しているとの批判が持ち上がったり、当時政治問題化していた、松山の盟友・鈴木宗男に対する捜査に連動した国策介入だと指摘する声が上がった。

  • 2010年9月15日、取締役であった田中眞紀氏がガンで死去、48歳の若さだった。取締役社長である松山千春が葬儀委員長を務めた。

所属アーティスト[編集]

業務のほとんどは松山のコンサートやイベントなどの興行マネジメントに向けられている。

過去に所属していたアーティスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]