しゃかりき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しゃかりき
SHAKARIKI
メンバー 光(光ママ)
ヒロ
結成年 2011年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2011年 -
出身 NSC大阪校33期
出会い NSC
現在の活動状況 ライブ、テレビ、YouTubeなど
芸種 漫才
コント
ネタ作成者
同期 コロコロチキチキペッパーズ
ZAZY
ヒガシ逢ウサカ
ビスケットブラザーズ
男性ブランコ
ネイビーズアフロ
霜降り明星マユリカ
きみどり
チャリンコクラブ
小西武蔵(吉本新喜劇)など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2012年 第33回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 福娘大賞
テンプレートを表示

しゃかりきは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属する日本のお笑いコンビ

メンバー[編集]

(ひかる、 (1987-06-21) 1987年6月21日(34歳) - )ボケ・ネタ作り担当。立ち位置は向かって左。

本名・渡辺 光(わたなべ ひかる)熊本県上益城郡出身。ルーテル学院高等学校卒業。
血液型:AB型
趣味・特技:野球、太ももモノマネ、鬼顔、鏡を見ずに3分で坊主にできる。
高校時代は野球部のキャプテンを務めていた。
高校卒業後は佐川急便で働いていた。社会人野球チームにも所属。
高校時代の同級生と共に大阪NSCへ入学。
俳優高良健吾とは地元の同級生であり友人。
暴露系YouTuberのガーシーこと東谷和義とは中学時代の同級生。
大阪時代はヒガシ逢ウサカの今井と同居していた。
俳優スタイリストの兄がいる。
近年は後述のコントでのキャラ・光ママとしての活動が多く、所属事務所の公式プロフィールの名前にも光ママと記載されている。

ヒロ(旧芸名:おっくん) (1989-02-28) 1989年2月28日(33歳) - )ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。

本名・奥井 浩之(おくい ひろゆき)京都府京都市出身。
血液型:A型
趣味・特技:モノマネ...堂本剛(声)、某CMミゲル(見た目)、ハリー杉山(見た目)、ライブ鑑賞
ロシア人の血が8分の1入っている。
専門学校卒業後は1年間埼玉県の会社で働いていた。
2021年4月より、芸名をヒロに改名する。[1]

来歴[編集]

吉本興業の養成学校NSC大阪校(以下NSC)で出会う。別々のコンビを組んでいたがNSC在学中に解散。2011年11月22日(いい夫婦の日)にコンビ結成。コンビ名は当時一緒にアルバイトしていた居酒屋の店名より(店名・しゃかりき432")。

2014年5月に上京。ヨシモト∞ホールのオーディションを勝ち上がり、3ヶ月後にはトップメンバーである彩メンバー入り。(当時最短記録)

エピソード[編集]

  • コンビ結成前から仲が良くアルバイトの面接も一緒に受け、働いていた。
  • 『めちゃ×2イケてるッ!ナインティナイン20周年に20のやりたいことスペシャル!!』(2011年2月26日放送)にNSC在学中の2人が映っている。(本田先生の授業中のシーン)

芸風[編集]

  • 漫才コントともに行う。
  • 光の出身ということもあり「九州男児」というワードや熊本弁をネタに織り込まれることがある。
  • コントは光が”光ママ”として、「熊本のお母さん」キャラを演じるものが多い。
  • 光の競輪選手並みの太ももを生かした「太ももモノマネ」がある。

受賞歴[編集]

2012年 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール福娘大賞

出演[編集]

単独ライブ・イベント[編集]

  • しゃかりき初単独ライブ「だまって俺についてこい!!」(ヨシモト∞ホール、2014年11月22日)
  • 「しゃかりき道場」(ヨシモト∞ホール、2015年7月28日9月22日2016年1月17日
  • 「しゃかりき道場〜結成五周年単独ライブ〜」(ヨシモト∞ホール、2015年11月22日)
  • 第3回しゃかりき単独ライブ「リニューアルオープン~一か八か~」(ヨシモト∞ホール、2018年5月27日)

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM(テレビコマーシャルなど)[編集]

ネット配信[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 今日から11年目突入”. note. 2022年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]