デブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

デブとは日本語で肥満体型、またはそのような体型の人間を指す俗語である。太っちょ[1]

語源[編集]

江戸時代から「でっぷり」という擬態語が使われており、短縮・繰り返しのオノマトペ「でぶでぶ」という言葉が名詞化されたというのが一般的である。

民間語源的な別の説としては、肥満体の人物が呈する様態の一つである(おとがい)の周りの皮膚がたるんで二重になる「二重顎」を意味する「Double chin」という英語が肥満を揶揄するスラングとして使われているうちに、明治時代以降の日本において日本人に「でぶちん」として聞き取られて次第に略されたというものもあり[2]浅田次郎からは前述の「でっぷり」説や「でぶちん」説と併記する形で開発を意味する英語である「development」が略されたものではないかという説も提示されている[3]

概要[編集]

一般的には蔑称差別用語として扱われることが多いが、お笑い芸人などには、奇形的なデブであることを売りにしているタレントもいる(略して「デブタレ」などと呼ばれる)。例えば、テレビ番組『元祖!でぶや』は、主な出演者がデブであることを売りにしている。

デブにフェティシズムを持つ人間を「デブ専」と呼び、アダルトビデオの1ジャンルにもなっており、専門のAVメーカーも存在する。

英語では fatfatty という単語が日本語の「デブ」と同様の意味を持つため、stout(恰幅が良い、年配者に用いる)、“plump” / “chubby”(丸々と肉付きが良い、ぽっちゃりした、赤ん坊や子供・若年層に用いる)などと言い換えられる。女性に対しては "BBW" (Big Beautiful Woman) と表現される。

応用[編集]

デブのうちでも、肥満の度合いが著しい者を「百貫デブ」と呼ぶ。百貫の『』とは、尺貫法質量であり、百貫をメートル法に換算すると、正確に375キログラムであるが、八百屋白髪三千丈と同じく「百貫デブ」の体重基準は無く、あたかもその位はありそうに見える状態を指す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑 第五版』 岩波書店2004年ISBN 978-4000801119
  2. ^ 「でぶちん」は英語だった!? | <高麗川駅前徒歩1分> 学校では教えてくれない英会話 Nexus English - アメーバブログ
  3. ^ 浅田次郎「つばさよつばさ 考える葦」、日本航空SKYWARD 2017年11月号』

関連項目[編集]