デブ・ハーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デブ・ハーランド
Deb Haaland
Deb Haaland, official portrait, 116th Congress.jpg
生年月日 (1960-12-02) 1960年12月2日(60歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州ウィンズロー
出身校 ニューメキシコ大学
所属政党 民主党
称号 文学士
法務博士
子女 1人
公式サイト Campaign Site

在任期間 2021年3月16日 - 現職
大統領 ジョー・バイデン

選挙区 ニューメキシコ州の旗 ニューメキシコ州1区
在任期間 2019年1月3日 - 2021年3月16日

ニューメキシコ州の旗 ニューメキシコ州
民主党委員長
在任期間 2015年4月25日 - 2017年4月29日
州知事 スサナ・マルティネス
テンプレートを表示

デブラ・アン・"デブ"・ハーランド(英語:Debra Anne "Deb" Haaland1960年12月2日 - )は、アメリカ合衆国政治家弁護士。現在はジョー・バイデン政権内務長官を務めている。かつてニューメキシコ州1区選出の連邦下院議員を務めた。

2018年11月6日にシャリス・デイビッズと共にネイティブ・アメリカンの女性として初めて連邦議会議員に選出された。ニューメキシコ州民主党の元委員長でもある。

出自と教育[編集]

1960年12月2日にアリゾナ州ウィンズローに誕生した[1][2][3]。ラグナ・プエブロ族の一員として登録されている。母のメアリー・トヤ[4]もネイティブ・アメリカンで、海軍で勤務した[5]。父のJ.D.ハーランドはノルウェー系アメリカ人海兵隊退役軍人で、ベトナム戦争における戦功によりシルバースター勲章を受勲しており、2005年に亡くなった際にはアーリントン墓地に軍葬されている[4]。ハーランドには2人の姉と1人の弟がいる[4]

ハーランドは1994年にニューメキシコ大学で英語の学士号を取得した[6][7]。2006年には同大学のロースクールでネイティブ・アメリカンの法律を専攻し法務博士を取得[6][7][8]、2013年1月から2015年11月にかけてサン・フェリペ族の部族監督者を務めた[5][6][7]

政治キャリア[編集]

2018年、アメリカ合衆国議会議事堂において「カバノー判事指名反対キャンペーン」の演説をするハーランド

ハーランドは2012年のオバマ大統領再選運動で、ネイティブ・アメリカンの州投票指揮者を務めた[9]。2014年にはニューメキシコ州副知事に立候補した[5]。同選挙では党指名の州知事候補であるゲイリー・キングと共に選挙戦を戦ったが、共和党のスサナ・マルティネスとジョン・サンチェスのコンビに敗れた[9]

2015年4月にはニューメキシコ州民主党の委員長(任期は2年)に選出された[10][11]。在職中に、ニューメキシコ州民主党は同州下院で与党の座を奪還した[9]

任期終了後、州知事選挙に立候補したミシェル・グリシャムの後継者として2018年にアメリカ合衆国下院選挙にニューメキシコ州1区から出馬する意向を表明した[9]。2018年6月の民主党指名選挙ではデイモン・マルティネスを破り、指名を獲得した[12]

2018年11月6日の下院選挙では共和党のジャニス・ジョーンズを破って、ウィネバーゴ族である民主党のシャリス・デイビッズ(カンザス州3区)とともに初めてのネイティブ・アメリカンの女性国会議員となった[13][14][15]

2020年12月17日にはジョー・バイデン次期大統領が内務長官に起用すると発表した。2021年3月15日に上院で人事案が賛成51、反対40票で可決。リンゼー・グラムなど一部の共和党議員も賛成に回った一方、同党からはハーランドの石油業界に対する考え方に反対する声もあった[16]。3月16日午後に就任宣誓を行い[17]、ハーランドは先住民として初の閣僚となった。これに伴い下院議員は辞職した[18][19]

私生活[編集]

ハーランドには娘が1人おり、独りで子育てしたという[20][9]。趣味はマラソンとごちそう作り[6]

出典[編集]

  1. ^ Candidate Conversation - Deb Haaland (D)
  2. ^ Peters (2015年4月26日). “Haaland elected new state Democratic Party Chair”. Nmpoliticalreport.com. 2018年6月6日閲覧。
  3. ^ Contreras. “Deb Haaland's House Run Could Make Native American History”. Time. 2018年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c Obituaries: Haaland”. Albuquerque Journal (2005年3月4日). 2018年6月22日閲覧。
  5. ^ a b c Debra Haaland Could Make History as Lt. Gov. of NM – IndianCountryToday.com”. Newsmaven.io (2012年11月28日). 2018年6月6日閲覧。
  6. ^ a b c d Deb Haaland's Biography”. Vote Smart. 2018年6月22日閲覧。
  7. ^ a b c Debra Haaland”. LinkedIn (2018年). 2018年6月22日閲覧。
  8. ^ Oxford, Andrew (2017年5月2日). “Haaland, former Dem Party state chairwoman, running for Congress”. The Santa Fe New Mexican. http://www.santafenewmexican.com/news/haaland-former-dem-party-state-chairwoman-running-for-congress/article_c99ed6c6-4b18-59bd-9b3d-a14c557bfc50.html 2018年6月6日閲覧。 
  9. ^ a b c d e Former state Democratic Party chairwoman Haaland plans run for Congress”. Albuquerque Journal. 2018年6月8日閲覧。
  10. ^ Terrell (2015年4月25日). “State Democrats elect first American Indian to lead party”. The Santa Fe New Mexican. 2018年6月6日閲覧。
  11. ^ Democrats elect Haaland state party chairwoman”. Albuquerque Journal. 2018年6月8日閲覧。
  12. ^ Past Democratic Party chair Haaland wins nomination”. Albuquerque Journal. 2018年6月6日閲覧。
  13. ^ Democrats in Kansas, New Mexico Become First Native American Women Elected to Congress, Time Magazine, November 7, 2018. Katie Reilly. Retrieved January 3, 2019.
  14. ^ The U.S. Could Be Getting Its First Native American Congresswoman in November, Fortune, McKenna Moore, 7 June 2018. Retrieved August 13, 2018.
  15. ^ Romero (2018年6月6日). “New Mexico Could Elect First Native American Woman to Congress”. The New York Times. 2018年6月25日閲覧。
  16. ^ “米上院、ハーランド内務長官を承認 初の先住民系閣僚”. ロイター. (2021年3月16日). https://jp.reuters.com/article/usa-interior-haaland-idJPKBN2B801B 2021年3月16日閲覧。 
  17. ^ “Haaland takes oath of office as Interior Secretary”. KHQ-TV. (2021年3月17日). https://www.khq.com/regional/haaland-takes-oath-of-office-as-interior-secretary/article_c464f617-65dd-5961-b713-70773eeb2305.html 2021年3月17日閲覧。 
  18. ^ “バイデン氏、内務長官にハーランド議員起用へ=関係筋”. ロイター. (2020年12月18日). https://jp.reuters.com/article/usa-biden-interior-idJPKBN28R33Z 2020年12月18日閲覧。 
  19. ^ “米内務長官に初の先住民 女性下院議員ハーランド氏”. 共同通信社. (2020年12月18日). https://this.kiji.is/712470294059433984 2020年12月18日閲覧。 
  20. ^ NM Democratic Chair Haaland Statement On Marriage Equality”. KRWG (2015年6月26日). 2018年6月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
スコット・デ・ラ・ヴェガ(代行)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国内務長官
第54代:2021年3月16日 -
次代:
現職