ジョー・バイデン内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョー・バイデン大統領(前列左)とその内閣(2021年4月1日撮影)

ジョー・バイデン内閣(ジョー・バイデンないかく、: Cabinet of Joe Biden)は、アメリカ合衆国大統領ジョー・バイデン政権における内閣アメリカ合衆国の内閣は、副大統領や各省長官(閣僚)、及び閣僚級高官で構成される行政府で、大統領顧問団とも呼称される。

概説[編集]

2020年11月3日に執行されたアメリカ合衆国大統領選挙は接戦となり、11月7日には主要メディアが民主党候補であるジョー・バイデン前副大統領の当選確実を報じバイデンが事実上の勝利宣言を行ったが、現職大統領で共和党候補のドナルド・トランプは敗北を認めず、選挙には不正があったと主張し法廷闘争を開始した[1]。これに合わせトランプはバイデンに対する政権移行手続きも認めなかったため、バイデン陣営は政権の引き継ぎ作業に必要な重要情報へのアクセスが認められなかった[2]。一方で新政権構築も同時に進められ、11月11日にバイデンが長年の側近であるロン・クレイン大統領首席補佐官に指名したことを皮切りに、閣僚人事を随時発表していった[3]

2020年11月23日にトランプが移行手続き自体は認めたため、移行手続きの権限を持つ一般調達局英語版(GSA)も関連予算の執行を認めた[4]。12月4日に選挙人による投票が執行され、バイデンは過半数の306票を獲得し正式に当選[5]。2021年1月7日に上下院による合同会議で投票内容が承認され、バイデンの当選が最終確定した[6]。しかし大統領選挙の結果について与野党間の混乱が長引いたほか、上院2議席の決選投票が1月5日に執行された影響で新閣僚の人事案承認に必要な上院の審議開始が大幅に遅れ、アントニー・ブリンケン(国務長官)、ロイド・オースティン(国防長官)、ジャネット・イエレン(財務長官)らの人事案を審議するための上院委員会の公聴会は、バイデンの就任宣誓が行われる前日の1月19日になってやっと開始するという有様だった。このためバイデンの就任宣誓が行われた1月20日時点では承認された閣僚が一人もいないという異例の政権スタートを余儀なくされ[7]、バイデンは20日に各職務を代行する代理者を指定し発表した(一覧は後述[8]。閣僚の承認第1号は国家情報長官アヴリル・ヘインズ英語版で、政権発足初日の1月20日に上院で承認され[9]、翌21日に就任した[10]

バイデン就任直前にはトランプに対する大統領弾劾裁判の審議が上院で控えていたため、さらなる審議の遅れが懸念されていた[7][11]。3月23日にようやくすべての閣僚が就任宣誓までを終えた[12][11]。閣僚級人事は行政管理予算局長について指名・承認・宣誓が残っている。

バイデン内閣では科学技術政策局局長が史上初めて閣僚級に格上げされたことが特徴である。科学を軽視する傾向が見られたトランプ前政権とは一線を画すものとされた[13][14]

閣僚・閣僚級高官[編集]

以下の表中、「順」は、大統領権限継承順位を示す。表中にない第2位、第3位は、それぞれ下院議長上院仮議長である。画像の列のソートボタンで元の順序に戻る。エネルギー長官ジェニファー・グランホルム国土安全保障長官アレハンドロ・マヨルカス英語版はともにアメリカ出生ではないため、大統領となる資格がなく継承順位を持たない。

閣僚[編集]

長官 現職 肖像 就任日
4 Department of state.svg
国務省
国務長官
(合衆国法典第22編第2651a条 22 U.S.C. § 2651a)
アントニー・ブリンケン 01/Antony Blinken.jpg 2020年11月23日発表[15]
2021年1月26日承認[16]
同日就任[16]
5 US-DeptOfTheTreasury-Seal.svg
財務省
財務長官
(合衆国法典第31編第301条 31 U.S.C. § 301)
ジャネット・イエレン 02/Janet Yellen official portrait.jpg 2020年11月30日発表[17]
2021年1月25日承認[18]
2021年1月26日就任[19]
6 United States Department of Defense Seal.svg
国防総省
国防長官
(合衆国法典第10編第113条 10 U.S.C. § 113)
ロイド・オースティン 03/Austin 2013 2.jpg 2020年12月8日発表[20]
2021年1月22日承認[21]
同日就任[22]
7 US-DeptOfJustice-Seal.svg
司法省
司法長官
(合衆国法典第28編第503条 28 U.S.C. § 503)
メリック・ガーランド 04/Merrick Garland.jpg 2021年1月7日発表[23]
2021年3月10日承認[24]
2021年3月11日就任[25]
8 US-DeptOfTheInterior-Seal.svg
内務省
内務長官
(合衆国法典第43編第1451条 43 U.S.C. § 1451)
デブ・ハーランド 05/Deb Haaland, official portrait, 116th Congress.jpg 2020年12月17日発表[26]
2021年3月15日承認[27]
2021年3月16日就任[28]
9 Seal of the United States Department of Agriculture.svg
農務省
農務長官
(合衆国法典第7編第2202条 7 U.S.C. § 2202)
トム・ヴィルサック 06/Tom Vilsack, official USDA photo portrait.jpg 2020年12月10日発表[29]
2021年2月23日承認[30]
2021年2月24日就任[31]
10 US-DeptOfCommerce-Seal.svg
商務省
商務長官
(合衆国法典第15編第1501条 15 U.S.C. § 1501)
ジーナ・ライモンド英語版 07/Governor Gina Raimondo of Rhode Island.jpg 2021年1月8日発表[32]
2021年3月2日承認[33]
2021年3月3日就任[34]
11 US-DeptOfLabor-Seal.svg
労働省
労働長官
(合衆国法典第29編第551条 29 U.S.C. § 551)
マーティ・ウォルシュ英語版 08/Marty Walsh 2015.jpg 2021年1月8日発表[32]
2021年3月22日承認[35]
2021年3月23日就任[12]
12 US-DeptOfHHS-Seal.svg
保健福祉省
保健福祉長官
(Reorganization Plan No. 1 of 1953, 67 Stat. 631
合衆国法典第42編第3501条 42 U.S.C. § 3501)
ハビエル・ベセラ英語版 09/Xavier Becerra official portrait (cropped).jpg 2020年12月7日発表[36]
2021年3月18日承認[37]
2021年3月19日就任[38]
13 US-DeptOfHUD-Seal.svg
住宅都市開発省
住宅都市開発長官
(合衆国法典第42編第3532条 42 U.S.C. § 3532)
マルシア・ファッジ英語版 10/Marcia Fudge 116th Congress photo.jpg 2020年12月10日発表[29]
2021年3月10日承認[24]
同日就任[39]
14 US-DeptOfTransportation-Seal.svg
運輸省
運輸長官
(合衆国法典第49編第102条 49 U.S.C. § 102)
ピート・ブティジェッジ 11/Pete Buttigieg by Gage Skidmore.jpg 2020年12月15日発表[40]
2021年2月2日承認[41]
2021年2月3日就任[42]
- US-DeptOfEnergy-Seal.svg
エネルギー省
エネルギー長官
(合衆国法典第42編第7131条 42 U.S.C. § 7131)
ジェニファー・グランホルム 12/Secretary Jennifer Granholm.jpg 2020年12月17日発表[43]
2021年2月25日承認[44]
同日就任[44]
15 US-DeptOfEducation-Seal.svg
教育省
教育長官
(合衆国法典第20編第3411条 20 U.S.C. § 3411)
ミゲル・カルドナ英語版 13/Secretary of Education Miguel Cardona, official portrait.jpg 2020年12月22日発表[45]
2021年3月1日承認[46]
2021年3月2日就任[47]
16 Seal of the United States Department of Veterans Affairs (1989-2012).svg
退役軍人省
退役軍人長官
(合衆国法典第38編第303条 38 U.S.C. § 303)
デニス・マクドノー 14/Secretary McDonough, official photo.jpg 2020年12月10日発表[48]
2021年2月8日承認[49]
2021年2月9日就任[50]
- Seal of the United States Department of Homeland Security.svg
国土安全保障省
国土安全保障長官
(合衆国法典第6編第112条 6 U.S.C. § 112)
アレハンドロ・マヨルカス英語版 15/Alejandro Mayorkas.jpg 2020年11月23日発表[15]
2021年2月2日承認[41]
同日就任[51]

閣僚級高官[編集]

行政機関 役職 現職 肖像 就任日
1 US Vice President Seal.svg
副大統領府
副大統領 カマラ・ハリス 01/Kamala Harris official photo.jpg 2021年1月20日
- Environmental Protection Agency logo.svg
環境保護庁
環境保護庁長官 マイケル・リーガン英語版 02/Michael S. Regan 2021 Zoom.jpg 2020年12月17日発表[43]
2021年3月10日承認[24]
2021年3月11日就任[52]
- US-OfficeOfManagementAndBudget-Seal.svg
行政管理予算局
行政管理予算局長 (空席)
シャランダ・ヤング英語版副局長
03/Replace this image JA.svg N/A
- Seal of the Office of the Director of National Intelligence.svg
国家情報長官室
国家情報長官 アヴリル・ヘインズ英語版 04/Avril Haines portrait.jpg 2020年11月23日発表[15]
2021年1月20日承認[9]
2021年1月21日就任[10]
- US-TradeRepresentative-Seal.svg
通商代表部
通商代表 キャサリン・タイ 05/Katherine Tai (cropped).jpg 2020年12月10日発表[29]
2021年3月17日承認[53]
2021年3月18日就任[54]
- Seal of the United States Department of State.svg
国務省
国連大使 リンダ・トーマス・グリーンフィールド 06/Linda-Thomas-Greenfield-v1-8x10-1.jpg 2020年11月23日発表[55]
2021年2月23日承認[56]
2021年2月25日就任[57]
- Council of Economic Advisers.png
経済諮問委員会
経済諮問委員会委員長 セシリア・ラウズ英語版 07/CeciliaRouse2010.jpg 2020年11月30日発表[17]
2021年3月2日承認[58]
2021年3月12日就任[59]
- US-SmallBusinessAdmin-Seal.svg
中小企業庁
中小企業庁長官 イザベル・グスマン英語版 08/Isabel-Guzman.jpg 2021年1月8日発表[32]
2021年3月16日承認[60]
2021年3月17日就任[61]
- US-OfficeOfScienceAndTechnologyPolicy-Seal.svg
科学技術政策局
科学技術政策局局長 エリック・ランダー英語版 09/Eric Lander (cropped).jpg 2021年1月15日発表[13]
2021年5月28日承認[62]
2021年6月2日就任[63]
- Seal of the Executive Office of the President of the United States 2014.svg
大統領行政府
大統領首席補佐官 ロン・クレイン 10/Ron Klain 2015.jpg 2020年11月11日発表[3]
2021年1月20日任命

政権発足当初の内閣[編集]

先述のようにジョー・バイデン内閣は大統領宣誓の時点で、上院の承認が必要な閣僚もしくは閣僚級高官の人事がほぼ承認されていなかったため、バイデンは政権発足の1月20日に各ポストに対して職務を代行する代理者を指名した[8]カマラ・ハリス副大統領とロン・クレイン大統領首席補佐官は、後述の理由により政権発足当初から正規のメンバーである。

種別 職名 代理者 就任日 退任日
閣僚 国務長官 ダニエル・ベネット・スミス英語版 2021年1月20日 2021年1月26日
財務長官 アンディ・バウコル英語版 2021年1月20日 2021年1月26日
国防長官 デイヴィッド・ノークイスト英語版 2021年1月20日 2021年1月22日
司法長官 モンティ・ウィルキンソン英語版 2021年1月20日 2021年3月11日
内務長官 スコット・デ・ラ・ヴェガ英語版 2021年1月20日 2021年3月16日
農務長官 ケヴィン・シェイ英語版 2021年1月20日 2021年2月24日
商務長官 ウィン・コギンズ英語版 2021年1月20日 2021年3月3日
労働長官 アル・スチュワート英語版 2021年1月20日 2021年3月23日
保健福祉長官 ノリス・コクラン 2021年1月20日 2021年3月19日
住宅都市開発長官 マット・アモン英語版 2021年1月20日 2021年3月10日
運輸長官 ラナ・ハードル英語版 2021年1月20日 2021年2月3日
エネルギー長官 デイヴィッド・ハイゼンガ英語版 2021年1月20日 2021年2月25日
教育長官 フィル・ローゼンフェルト英語版 2021年1月20日 2021年3月2日
退役軍人長官 ダット・トラン英語版 2021年1月20日 2021年2月9日
国土安全保障長官 デイヴィッド・ペコスキー英語版 2021年1月20日 2021年2月2日
閣僚級高官 副大統領 カマラ・ハリス[正規 1]
環境保護庁長官 ジェーン・トシコ・ニシダ 2021年1月20日 2021年3月11日
行政管理予算局長 ロブ・フェアウェザー英語版 2021年1月20日 2021年3月24日
シャランダ・ヤング英語版(副局長) 2021年3月24日 (現職)
国家情報長官 ローラ・シャオ英語版 2021年1月20日 2021年1月21日
通商代表 マリア・ペイガン英語版 2021年1月20日 2021年3月18日
国連大使 リチャード・M・ミルズ・ジュニア英語版 2021年1月20日 2021年2月25日
経済諮問委員会委員長 (空席)
中小企業庁長官 タミ・ペリエッロ英語版 2021年1月20日 2021年3月17日
科学技術政策局局長 ケイ・コイズミ英語版 2021年1月20日 2021年6月2日
大統領首席補佐官 ロン・クレイン[正規 2]

出典:Biden names his acting Cabinet

  1. ^ 2021年1月20日に宣誓し就任。
  2. ^ 上院の承認を必要としない。

議論となった人事[編集]

国防長官[編集]

国防長官に指名されたロイド・オースティン元陸軍大将は、退役が2016年であり、元軍人は、文民統制の観点から退役後7年間は連邦法によって国防長官には就任できないことから、就任に向け議会において規定適用を免除された上で承認された[21][64]

しかし、トランプ政権時代のジェームズ・マティスも規定適用を除外した上で、国防長官に就任しており、特別な事情がないのに退役軍人を次々に承認すれば適用除外が当たり前の手続きになってしまうとの批判もあった[65]

行政管理予算局長[編集]

当初、バイデン政権ではニーラ・タンデン英語版が行政管理予算局長に指名され、2020年11月30日に発表された[66]。ところが過去にツイッターで攻撃的な投稿を繰り返していたことや、2020年大統領選挙の後にツイッターの投稿を1,000件以上削除していたことなどが議会で批判され、共和党のみならず民主党内からも就任に反発の声が挙がった。このため上院で人事案の承認を得る見通しが立たなくなり、2021年3月2日、バイデンはタンデン本人から指名辞退の申し出を受けたとして行政管理予算局長への指名を撤回した。バイデン政権で閣僚級人事案が頓挫した初のケースである[67]。副局長に指名されていたシャランダ・ヤング英語版の人事案が3月23日に上院で承認され[68]、24日に宣誓して就任し[69]ロブ・フェアウェザー英語版に代わって局長代理を務めることとなった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “【米大統領選2020】 バイデン氏、勝利宣言 「分断でなく団結させる大統領に」”. BBC News. BBC. (2020年11月8日). https://www.bbc.com/japanese/54857107 2020年12月16日閲覧。 
  2. ^ “バイデン氏に「機密情報共有を」 米共和党にも次期大統領へのブリーフィング支持高まる”. BBC News. BBC. (2020年11月13日). https://www.bbc.com/japanese/54927041 2020年12月16日閲覧。 
  3. ^ a b “バイデン氏、大統領首席補佐官にロン・クレイン氏起用-長年の側近”. bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. (2020年11月12日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-12/QJNR4WT0G1Q401 2020年12月15日閲覧。 
  4. ^ “トランプ氏、バイデン氏への政権移行手続き開始を容認”. BBC News. BBC. (2020年11月24日). https://www.bbc.com/japanese/55053484 2020年12月16日閲覧。 
  5. ^ “【米大統領選2020】 バイデン氏、選挙人投票で正式に勝利 米民主主義の強さ称賛”. BBC News. BBC. (2020年12月15日). https://www.bbc.com/japanese/55312141 2020年12月16日閲覧。 
  6. ^ “米議会、バイデン次期大統領の選出確定”. 日本経済新聞. (2021年1月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN074TO0X00C21A1000000 2021年1月7日閲覧。 
  7. ^ a b “承認遅れ、閣僚不在で発足 前日に上院公聴会―次期米政権”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年1月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011900812&g=int 2021年1月21日閲覧。 
  8. ^ a b “Biden names his acting Cabinet”. ポリティコ. (2021年1月21日). https://www.politico.com/news/2021/01/20/biden-names-acting-cabinet-460920 2021年1月22日閲覧。 
  9. ^ a b “Senate confirms Avril Haines, Biden’s pick to lead U.S. spy agencies”. CNBC. (2021年1月20日). https://www.cnbc.com/2021/01/20/senate-confirms-avril-haines-first-biden-cabinet-member.html 2021年1月22日閲覧。 
  10. ^ a b “Key Members of Biden National Security Team Moving into Place”. ボイス・オブ・アメリカ. (2021年1月22日). https://www.voanews.com/usa/us-politics/key-members-biden-national-security-team-moving-place 2021年1月23日閲覧。 
  11. ^ a b “米 バイデン政権 15の閣僚すべて承認 高官ポストの多くはまだ”. NHK NEWSWEB. NHK. (2021年3月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210323/k10012930241000.html 2021年4月7日閲覧。 
  12. ^ a b “Walsh sworn in as labor secretary by Vice President Harris”. ボストン・グローブ. (2021年3月23日). https://www.bostonglobe.com/2021/03/23/nation/walsh-sworn-labor-secretary-by-vice-president-harris/ 2021年3月24日閲覧。 
  13. ^ a b “Joe Biden names top geneticist Eric Lander as science adviser”. ネイチャー. (2021年1月16日). https://www.nature.com/articles/d41586-021-00118-8 2021年3月3日閲覧。 
  14. ^ “バイデン氏、政府の科学顧問を閣僚級に格上げし遺伝学の権威を指名”. Engadget日本語版. (2021年1月18日). https://japanese.engadget.com/biden-science-advisor-lander-215526098.html 2021年3月3日閲覧。 
  15. ^ a b c “米国務長官にブリンケン氏 バイデン氏が発表”. 日本経済新聞. (2020年11月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66549040U0A121C2000000 2020年12月15日閲覧。 
  16. ^ a b “ブリンケン国務長官を上院承認 バイデン新政権、外交・安保チーム本格始動へ”. 産経新聞. (2021年1月27日). https://www.sankei.com/world/news/210127/wor2101270009-n1.html 2021年1月27日閲覧。 
  17. ^ a b “バイデン体制、経済は女性主導 「イエレン長官」発表”. 日本経済新聞. (2020年12月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66836030R01C20A2I00000 2020年12月15日閲覧。 
  18. ^ “米上院、イエレン氏の財務長官人事承認 初の女性起用”. 日本経済新聞. (2021年1月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN22DQQ0S1A120C2000000 2021年1月26日閲覧。 
  19. ^ Janet L. Yellen Sworn In As 78th Secretary of the United States Department of the Treasury”. アメリカ合衆国財務省. 2021年1月27日閲覧。
  20. ^ “バイデン次期米大統領、元軍幹部オースティン氏を国防長官に指名”. ロイター. (2020年12月9日). https://jp.reuters.com/article/usa-biden-austin-idJPKBN28I3CS 2020年12月15日閲覧。 
  21. ^ a b “米上院、黒人初の国防長官就任を承認 元軍人のオースティン氏”. AFPBB News. フランス通信社. (2021年1月23日). https://www.afpbb.com/articles/-/3327895 2021年1月23日閲覧。 
  22. ^ “New Defense Secretary Arrives at Pentagon, Convenes COVID Meeting”. アメリカ国防総省. https://www.defense.gov/Explore/News/Article/Article/2480314/new-defense-secretary-arrives-at-pentagon-convenes-covid-meeting/ 2021年1月23日閲覧。 
  23. ^ “バイデン次期大統領 司法長官にガーランド判事を指名と発表”. NHK NEWSWEB. NHK. (2021年1月7日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210108/k10012803161000.html 2021年1月8日閲覧。 
  24. ^ a b c “米上院、ガーランド司法長官を承認”. 日本経済新聞. (2021年3月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM111K70R10C21A3000000/ 2021年3月11日閲覧。 
  25. ^ Attorney General Merrick Garland Addresses the 115,000 Employees of the Department of Justice on His First Day”. アメリカ合衆国司法省 (2021年3月12日). 2021年3月13日閲覧。
  26. ^ “米内務長官に初の先住民 女性下院議員ハーランド氏”. 共同通信社. (2020年12月18日). https://this.kiji.is/712470294059433984 2020年12月18日閲覧。 
  27. ^ “米上院、ハーランド内務長官を承認 初の先住民系閣僚”. ロイター. (2021年3月16日). https://jp.reuters.com/article/usa-interior-haaland-idJPKBN2B801B 2021年3月16日閲覧。 
  28. ^ “Haaland takes oath of office as Interior Secretary”. KHQ-TV. (2021年3月17日). https://www.khq.com/regional/haaland-takes-oath-of-office-as-interior-secretary/article_c464f617-65dd-5961-b713-70773eeb2305.html 2021年3月17日閲覧。 
  29. ^ a b c “ライス元補佐官を中枢起用 バイデン氏”. 日本経済新聞. (2020年12月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN10CQB0Q0A211C2000000 2020年12月15日閲覧。 
  30. ^ “Senate confirms Tom Vilsack to serve again as agriculture secretary”. CNN.com. CNN. (2021年2月23日). https://edition.cnn.com/2021/02/23/politics/tom-vilsack-confirmed-agriculture-secretary/ 2021年2月25日閲覧。 
  31. ^ “Vilsack sworn in as Biden's agriculture secretary”. AP通信. (2021年2月25日). https://www.usatoday.com/videos/news/nation/2021/02/25/vilsack-sworn-bidens-agriculture-secretary/6808430002/ 2021年2月25日閲覧。 
  32. ^ a b c “WATCH: Biden, Harris officials give update on transition”. 米公共放送サービス. (2021年1月8日). https://www.pbs.org/newshour/politics/watch-live-biden-harris-officials-give-update-on-transition 2021年1月9日閲覧。 
  33. ^ “Gina Raimondo, the governor of Rhode Island, is confirmed as commerce secretary.”. ニューヨーク・タイムズ. (2021年3月2日). https://www.nytimes.com/2021/03/02/us/politics/gina-raimondo-commerce-secretary.html 2021年3月3日閲覧。 
  34. ^ “From governor to Cabinet: Raimondo is sworn in as commerce secretary”. The Providence Journal. (2021年3月3日). https://www.providencejournal.com/story/news/politics/2021/03/03/kamala-harris-swear-gina-raimondo-commerce-secretary/6906221002/ 2021年3月4日閲覧。 
  35. ^ “The Senate confirms Martin Walsh, Boston’s mayor, as Biden’s labor secretary.”. ニューヨーク・タイムズ. (2021年3月22日). https://www.nytimes.com/2021/03/22/us/politics/martin-walsh-labor-secretary-biden.html 2021年3月23日閲覧。 
  36. ^ “バイデン氏、次期厚生長官にベセラ氏を指名”. ロイター. (2020年12月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN07A9S0X01C20A2000000 2020年12月15日閲覧。 
  37. ^ “Xavier Becerra confirmed as HHS secretary over Republican opposition”. ABC News. ABC. (2021年3月19日). https://abcnews.go.com/Politics/xavier-becerra-confirmed-hhs-secretary-republican-opposition/story?id=76518625 2021年3月20日閲覧。 
  38. ^ Secretary of the Department of Health and Human Services Xavier Becerra”. アメリカ合衆国保健福祉省 (2021年3月19日). 2021年3月20日閲覧。
  39. ^ Marcia Fudge Sworn in As Secretary of Housing and Urban Development”. アメリカ合衆国住宅都市開発省 (2021年3月10日). 2021年3月11日閲覧。
  40. ^ “米運輸長官にブティジェッジ氏を指名 若手ホープ、インフラ投資に辣腕期待”. 産経新聞. (2020年12月16日). https://www.sankei.com/world/news/201216/wor2012160012-n1.html 2020年12月16日閲覧。 
  41. ^ a b “ヒスパニック初の国土安保長官承認 同性愛公表の運輸長官も―米上院”. 産経新聞. (2021年2月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020300302&g=int 2021年2月3日閲覧。 
  42. ^ “Buttigieg Is Sworn In as Transportation Secretary”. ニューヨーク・タイムズ. (2021年2月3日). https://www.nytimes.com/video/us/politics/100000007585453/buttigieg-transportation-secretary-confirmation.html 2021年4月閲覧。 
  43. ^ a b “米環境保護局長官にリーガン氏 バイデン次期大統領指名”. 日本経済新聞. (2020年12月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1807A0Y0A211C2000000 2020年12月19日閲覧。 
  44. ^ a b Jennifer M. Granholm Sworn in as 16th Secretary of Energy”. アメリカ合衆国エネルギー省. 2021年2月26日閲覧。
  45. ^ “教育長官にカルドナ氏 バイデン次期政権”. 日本経済新聞. (2020年12月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM232OV0T21C20A2000000 2020年12月23日閲覧。 
  46. ^ “Miguel Cardona confirmed as education secretary”. CNN.com. CNN. (2021年3月1日). https://edition.cnn.com/2021/03/01/politics/miguel-cardona-confirmed-secretary-of-education/ 2021年3月2日閲覧。 
  47. ^ “Miguel Cardona Ceremoniously Sworn in as Secretary of Education”. UPI通信社. (2021年3月2日). https://www.upi.com/News_Photos/view/upi/de14202eab9643bd53dbab5f82382ce9/Miguel-Cardona-Ceremoniously-Sworn-in-as-Secretary-of-Education/ 2021年3月3日閲覧。 
  48. ^ “マクドノー元大統領首席補佐官を退役軍人省長官に起用 次期閣僚人事発表”. CNN.co.jp. CNN. (2020年12月11日). https://www.cnn.co.jp/usa/35163728.html 2020年12月15日閲覧。 
  49. ^ “Senate confirms Denis McDonough as secretary of Veterans Affairs”. CNN.co.jp. CNN. (2021年2月8日). https://edition.cnn.com/2021/02/08/politics/denis-mcdonough-secretary-of-veterans-affairs-confirmation-vote/index.html 2021年2月10日閲覧。 
  50. ^ A message from VA Secretary Denis McDonough”. アメリカ合衆国退役軍人省. 2021年2月11日閲覧。
  51. ^ Alejandro Mayorkas Sworn in as Secretary of Homeland Security”. アメリカ合衆国国土安全保障省. 2021年2月3日閲覧。
  52. ^ Michael S. Regan Sworn in as 16th EPA Administrator”. アメリカ合衆国環境保護庁 (2021年3月11日). 2021年3月13日閲覧。
  53. ^ “米上院、タイ氏のUSTR代表指名を承認 全会一致”. ロイター. (2021年3月18日). https://jp.reuters.com/article/usa-trade-tai-idJPKBN2B92M4 2021年3月18日閲覧。 
  54. ^ Katherine C. Tai Sworn in as USTR Ambassador”. アメリカ合衆国通商代表部 (2021年3月18日). 2021年3月20日閲覧。
  55. ^ “バイデン氏、重要閣僚人事を発表 国務長官に側近起用”. BBC News. BBC. (2020年11月24日). https://www.bbc.com/japanese/55053836 2021年3月3日閲覧。 
  56. ^ “米上院、トーマスグリーンフィールド氏を国連大使に承認”. 日本経済新聞. (2021年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2404W0U1A220C2000000/ 2021年3月3日閲覧。 
  57. ^ “トーマスグリーンフィールド米国連大使が着任”. 日本経済新聞. (2021年2月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN250XQ0V20C21A2000000/ 2021年3月3日閲覧。 
  58. ^ “米上院、ラウズ氏のCEA委員長指名を承認 黒人初”. ロイター. (2021年3月3日). https://jp.reuters.com/article/usa-biden-economist-idJPKCN2AV078 2021年3月3日閲覧。 
  59. ^ “Cecilia Rouse And The Women Over 50 Who Are Crucial To America’s Economic Recovery”. フォーブス. (2021年3月15日). https://www.forbes.com/sites/maggiemcgrath/2021/03/15/cecilia-rouse-and-the-women-over-50-who-are-crucial-to-americas-economic-recovery/ 2021年3月22日閲覧。 
  60. ^ “Senate confirms Isabel Guzman to lead Small Business Administration”. CNN.com. CNN. (2021年3月16日). https://edition.cnn.com/2021/03/16/politics/isabel-guzman-senate-confirmation-small-business-administration/ 2021年3月18日閲覧。 
  61. ^ Person - Isabella Casillas Guzman”. アメリカ合衆国中小企業庁. 2021年3月18日閲覧。
  62. ^ “Senate confirms Eric Lander to lead White House science shop”. アメリカ科学振興協会. (2021年5月28日). https://www.sciencemag.org/news/2021/05/senate-confirms-eric-lander-lead-white-house-science-shop 2021年6月10日閲覧。 
  63. ^ “Biden’s new science adviser shares views on foreign influence, research budgets, and more”. アメリカ科学振興協会. (2021年6月3日). https://www.sciencemag.org/news/2021/06/biden-s-new-science-adviser-shares-views-foreign-influence-research-budgets-and-more 2021年6月10日閲覧。 
  64. ^ “バイデン氏、国防長官にオースティン氏の起用発表”. 日本経済新聞. (2020年12月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0906X0Z01C20A2000000 2020年12月16日閲覧。 
  65. ^ “【社説】国防長官にオースティン氏は適任か”. wsj.com. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2020年12月9日). https://jp.wsj.com/articles/SB11337479942064503444304587148174109377962 2020年12月16日閲覧。 
  66. ^ “バイデン次期米大統領、イエレン氏ら経済チーム第一陣を発表”. bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. (2020年12月1日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-30/QKM7SAT0G1KY01 2020年12月15日閲覧。 
  67. ^ “バイデン氏、予算局長の指名撤回 閣僚級で初”. 日本経済新聞. (2021年3月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN030XJ0T00C21A3000000/ 2021年3月3日閲覧。 
  68. ^ “Shalanda Young is confirmed as the Office of Management and Budget’s deputy director.”. ニューヨーク・タイムズ. (2021年3月23日). https://www.nytimes.com/2021/03/23/us/shalanda-young-biden-administration.html 2021年3月31日閲覧。 
  69. ^ “Shalanda Young Takes Office as OMB Deputy Director”. MeriTalk. (2021年3月26日). https://www.meritalk.com/articles/shalanda-young-takes-office-as-omb-deputy-director/ 2021年3月31日閲覧。 

外部リンク[編集]