ジャネット・イエレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャネット・イエレン


第15代連邦準備制度議長
任期
2014年2月3日 – 2018年2月3日
前任者 ベン・バーナンキ

任期
2010年10月4日 – 2014年2月3日
前任者 ドナルド・コーン

任期
2004年6月14日 – 2010年10月4日
前任者 ロバート・T・パリー
後任者 ジョン・C・ウィリアムズ

任期
1997年2月13日 – 1999年8月
大統領 ビル・クリントン
前任者 ジョセフ・スティグリッツ
後任者 マーティン・N・ベイリー

任期
1994年8月12日 – 1997年2月17日
指名者 ビル・クリントン

出生 1946年8月13日(67歳)
ニューヨーク州ブルックリン
民族 ユダヤ人
配偶者 ジョージ・アカロフ
母校 イェール大学 (Ph.D.)
ブラウン大学 (A.B.)
Fed議長 ベン・バーナンキによって宣誓をさせられるイエレン, 2010年10月.

ジャネット・ルイス・イエレンJanet Louise Yellen1946年8月13日 - )は、ニューヨーク州ブルックリン生まれのアメリカ合衆国経済学者。第15代連邦準備制度理事会議長(在任:2014年 - )。FRB史上初の女性議長である[1]

ビル・クリントン政権の大統領経済諮問委員会委員長(在任:1997年 - 1999年)、サンフランシスコ連邦準備銀行総裁(在任:2004年 - 2010年)、連邦準備制度理事会の副議長(在任:2010年 - 2014年)を歴任した。夫は2001年ノーベル経済学賞を受賞したジョージ・アカロフである。

略歴[編集]

業績および賞[編集]

家族[編集]

著作[編集]

  • "The Fabulous Decade: macroeconomic Lessons from the 1990s" (with Alan Binder), The Century Foundation Press, New York, 2001 (邦訳はアラン・ブラインダー、ジャネット・イエレン著、山岡洋一訳『良い政策 悪い政策ーー1990年代アメリカの教訓』日経BP社、2002年)
  • "Trends in Income Inequality and Policy Responses," Looking Ahead, October 1997 and James Auerbach and Richard Belous, eds., "The Inequality Paradox: Growth of Income Disparity," National Policy Association, 1998
  • "The Continuing Importance of Trade Liberalization," Business Economics (1998).
  • "Monetary Policy: Goals and Strategy," Business Economics (July 1996).
  • "An Analysis of Out-of-Wedlock Childbearing in the United States," (with George Akerlof and Michael Katz). Quarterly Journal of Economics (May 1996).
  • "East Germany In From the Cold: The Economic Aftermath of Currency Union" (with George Akerlof, Andrew Rose, and Helga Hessenius), Brookings Papers on Economic Activity 1991:1.
  • "How Large are the Losses from Rule of Thumb Behavior in Models of the Business Cycle?" (with George Akerlof) in Willima Brainard, William Nordhaus, and Harold Watts, eds. Money, Macroeconomics and Economic Policy: Essays in Honor of James Tobin, Cambridge, Mass.: MIT Press (1991).

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イエレン氏が2月1日に米FRB議長就任、3日に宣誓式ロイター 2014年1月31日 2014年2月2日閲覧)
  2. ^ Asahi Digital
  3. ^ 斉場保伸 (2014年1月7日). “FRB イエレン議長承認”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014010702000249.html 2014年1月9日閲覧。 
  4. ^ Raff, D., and Summers, L. (1987), “Did Henry Ford pay efficiency wages?”, Journal of Labor Economics, Oct 1987

関連項目[編集]