山岡洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山岡 洋一(やまおか よういち、1949年 - 2011年8月20日[1])は、神奈川県出身の翻訳家青山学院大学文学部英米文学科の兼任講師も勤めた。灘高等学校卒業、東京大学中退。

略歴[編集]

経済、経営、金融を中心とする社会科学分野全般の翻訳に携わるほか、J.S.ミル自由論』やアダム・スミス国富論』等、古典の新訳もおこなっていた。翻訳をテーマとしたオンライン・ジャーナル『翻訳通信』を主宰していた。

2011年8月20日、心筋梗塞のため横浜市の病院で死去。62歳没[1]

著書[編集]

  • 『翻訳とは何か―職業としての翻訳』(日外アソシエーツ, 2001年)
  • 『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』(ちくま新書, 2002年)

編著[編集]

  • 『ビジネスマンのための経済・金融英和実用辞典』日経BP社 1996

訳書[編集]

  • レイシー・H.ハント『アメリカ金融・景気指標の読み方 投資家のための手引書』東洋経済新報社 1988
  • マーク・ファーバー『相場の波で儲ける法 大マネー・ゲーム時代の成功術』東洋経済新報社 1989
  • テリー・ジョーンズ『エリック・ザ・バイキング』日本放送出版協会 1990
  • トム・バウアー『海に消えた怪物 メディア王マクスウェルは現代史の黒幕たらんとしたのか』(文藝春秋、1992年)
  • セイモア・ハーシュ 『サムソン・オプション』(文藝春秋、1992年)
  • ヴラジーミル・ソロヴィヨフ/エレーナ・クレピコヴァ『エリツィンの選択』(文藝春秋、1992年)
  • ジョエル・クルツマン『デス・オブ・マネー』講談社 1993
  • パスカル・ザカリー『闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達』(日経BP出版センター, 1994年)
  • エドワード・リンカーン『新生日本の条件』講談社 1994
  • ジェームズ・アベグレン『東アジア巨大市場―日本は「脱米入亜」に舵を取れ』(阪急コミュニケーションズ, 1994年)
  • ボブ・ウッドワード『大統領執務室 裸のクリントン政権』仁平和夫共訳(文藝春秋、1994年)
  • ケネス・S.カーティス『見えざる富の帝国』講談社 1994
  • 『IFR国際金融用語辞典』ビジネス教育出版社 1995
  • ロナルド・タカキ『アメリカはなぜ日本に原爆を投下したのか』(草思社, 1995年)
  • ジム・コリンズ、ジェリー・ポラス『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』(日経BP社, 1995年)
  • アンソニー・サンプソン『カンパニーマンの終焉』ティビーエス・ブリタニカ 1995
  • 大前研一『地域国家論 新しい繁栄を求めて』仁平和夫共訳 講談社 1995
  • マイケル・クスマノリチャード・セルビーマイクロソフト シークレット―勝ち続ける驚異の経営』(日本経済新聞社, 1996年)
  • レスター・サロー『資本主義の未来』(阪急コミュニケーションズ, 1996年)(仁平和夫との共訳)
  • ポール・クルーグマン『クルーグマンの 良い経済学 悪い経済学』(日本経済新聞社, 1997年)のち文庫
  • ロバート・リード『インターネット激動の1000日 WWWの地平を切り開くパイオニアたち』日経BP社 1997
  • ズビグニュー・ブレジンスキー『ブレジンスキーの世界はこう動く―21世紀の地政戦略ゲーム』(日本経済新聞社, 1997年)『地政学で世界を読む―21世紀のユーラシア覇権ゲーム』日経ビジネス人文庫 
  • レスター・サロー『日本は必ず復活する』廣瀬裕子共訳(阪急コミュニケーションズ, 1998年)
  • ダニエル・ヤーギンジョゼフ・スタニスロー『市場対国家―世界を作り変える歴史的攻防』(日本経済新聞社, 1998年) のち文庫 
  • ボブ・トーマス『ディズニー伝説 天才と賢兄の企業創造物語』田中志ほり共訳 日経BP社 1998
  • ブルース・ワッサースタイン『ビッグディール―アメリカM&Aバイブル』(日経BP社, 1999年)
  • レスター・サロー『富のピラミッド―21世紀の資本主義への展望』(阪急コミュニケーションズ, 1999年)
  • エドワード・ルトワク『ターボ資本主義 市場経済の光と闇』ティビーエス・ブリタニカ 1999
  • ジミー・カーター『老年時代 だれも気づかなかった33の美徳』日経BP社 1999
  • エドワード・チャンセラー『バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ』(日経BP社, 2000年)
  • デス・ディアラブリチャード・ブランソン 勝者の法則―意思決定を速く、行動はもっと速く起こせ』高遠裕子共訳(PHP研究所, 2000年)
  • ボブ・ウッドワードグリーンスパン―アメリカ経済ブームとFRB議長』高遠裕子共訳(日本経済新聞社, 2001年)のち文庫 
  • ロバート・ブーデリ『世界最強企業の研究戦略』田中志ほり共訳 日本経済新聞社 2001
  • ジム・コリンズ『ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則』(日経BP社, 2001年)
  • ラム・チャラン『ビジネスの極意は、インドの露天商に学べ!』角川書店 2001
  • ジョセフ・ナイ『アメリカへの警告―21世紀国際政治のパワー・ゲーム』(日本経済新聞社, 2002年)
  • ルイス・ガースナー『巨象も踊る』高遠裕子共訳(日本経済新聞社, 2002年)
  • アラン・S.ブラインダー,ジャネット・L.イェレン『良い政策悪い政策 1990年代アメリカの教訓』日経BP社 2002
  • ロバート・ケーガン『ネオコンの論理 アメリカ新保守主義の世界戦略』 (光文社、2003年)
  • ジョセフ・ナイ『ソフト・パワー 21世紀国際政治を制する見えざる力』(日本経済新聞社, 2004年)
  • ジェームズ・アベグレン『新・日本の経営』(日本経済新聞社, 2004年)
  • アルビン・トフラー/ハイジ・トフラー『富の未来』(講談社, 2006年)
  • ジョン・ステュアート・ミル『自由論』(光文社古典新訳文庫, 2006年/日経BPクラシックス, 2011年)
  • ジェームズ・C.コリンズ『ビジョナリー・カンパニー 特別編』日経BP社 2006
  • アダム・スミス『国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究』(日本経済新聞社, 2007年)
  • アラン・グリーンスパン『波乱の時代』(日本経済新聞出版社, 2007年)(高遠裕子との共訳)
  • チャールズ・R.モリス『なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか 信用バブルという怪物』日本経済新聞出版社 2008
  • アラン・グリーンスパン『波乱の時代 特別版 サブプライム問題を語る』日本経済新聞出版社 2008
  • ジェイムズ・バカン『真説アダム・スミス- その生涯と思想をたどる』(日経BP社, 2009年)
  • ドナルド・R.キーオ『ビジネスで失敗する人の10の法則』日本経済新聞出版社 2009
  • ヌリエル・ルビーニ,スティーブン・ミーム『大いなる不安定 金融危機は偶然ではない、必然である』北川知子共訳 ダイヤモンド社 2010
  • ケインズ説得論集』日本経済新聞出版社 2010
  • ロバート・スキデルスキー『なにがケインズを復活させたのか? ポスト市場原理主義の経済学』 日本経済新聞出版社 2010
  • ジム・コリンズ『ビジョナリー・カンパニー3 - 衰退の五段階』(日経BP社, 2010年)
  • ジョセフ・S.ナイ『スマート・パワー 21世紀を支配する新しい力』藤島京子共訳 日本経済新聞出版社 2011
  • ポール・ジョンソンチャーチル―不屈のリーダーシップ』(日経BP社, 2013年)(高遠裕子との共訳、野中郁次郎解説)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:山岡洋一氏死去(翻訳家)

外部リンク[編集]