ルイス・ガースナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・ガースナー
生誕 1942年3月1日
ニューヨーク州ミネオラ
出身校 ダートマス大学工学部卒業
職業 アメリカン・エキスプレス元会長兼CEO
RJRナビスコ元会長兼CEO
IBM元会長兼CEO
カーライル・グループ会長
配偶者 あり
子供 あり
テンプレートを表示

ルイス・ガースナー(Louis V. Gerstner, Jr. 1942年-)は、アメリカン・エキスプレス会長兼最高経営責任者(CEO)、RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)、IBM会長兼最高経営責任者(CEO)、カーライル・グループ会長を歴任したアメリカを代表する経営者の1人である。

経歴[編集]

ニューヨーク州ミネオラ出身。1963年ダートマス大学を卒業後、1965年ハーバード大学ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得し、米国マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、アメリカン・エキスプレス、RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)を歴任し、1993年4月、IBM初となる外部招請の会長兼最高経営責任者(CEO)に就任した。1991年28億ドルに上る創業初の赤字を計上し、1993年までの3年間で累積赤字総額150億ドルに陥ったIBMを経営再建し、ネットワーク・コンピューティング(1995年)、e-ビジネス(1997年)を提唱した。2002年3月に最高経営責任者(CEO)を退任、同年12月に会長職を退任した。2003年1月からは、カーライル・グループ会長に就任し、2008年9月まで同職を務めた。

略歴[編集]

  • 1942年3月 - ニューヨーク州ミネオラに生まれる
  • 1956年 - ミネオラにあるシャミネード高等学校に入学
  • 1963年9月 - ダートマス大学卒業
  • 1965年6月 - ハーバード大学ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得後、米国マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社
  • 1985年 - アメリカン・エキスプレス会長兼最高経営責任者(CEO)に就任
  • 1989年3月 - アメリカン・エキスプレス会長兼最高経営責任者(CEO)を退任
  • 1989年4月 - RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)に就任
  • 1993年3月 - RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)を退任
  • 1993年4月 - IBM会長兼最高経営責任者(CEO)に就任
  • 2002年3月 - IBM最高経営責任者(CEO)を退任
  • 2002年11月 - 日本経済新聞「私の履歴書」に連載される(11月1日~30日連載)[1]
  • 2002年12月 - IBM会長職を退任
  • 2003年1月 - カーライル・グループ会長に就任
  • 2008年9月 - カーライル・グループ会長を退任

著作[編集]

  • Louis V. Gerstner,Jr. (翻訳:山岡 洋一、高遠 裕子) 『巨象も踊る』 日本経済新聞社、2002年12月2日ISBN 4-532-31023-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本経済新聞. “私の履歴書 since1956”. 2011年11月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • Louis V. Gerstner,Jr. (翻訳:山岡洋一、高遠裕子) 『巨象も踊る』 日本経済新聞社、2002年12月2日ISBN 4-532-31023-7
  • 『日本経済新聞 - 私の履歴書』 日本経済新聞社、2002年11月
  • Doug Garr (翻訳:渡会圭子) 『IBMガースナーの大変革 - こうして巨象は甦った』 徳間書店。ISBN 4-198-61199-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]