アメリカ合衆国国土安全保障長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国土安全保障長官
United States Secretary of
Homeland Security
Seal of the United States Department of Homeland Security.svg
国土安全保障省紋章
Flag of the United States Secretary of Homeland Security.svg
国土安全保障長官旗
Alejandro Mayorkas, United States Secretary of Homeland Security.jpg
現職者
アレハンドロ・マヨルカス英語版(第7代)
Alejandro Mayorkas

就任日 2021年2月2日
行政府
種類閣僚
所属機関大統領顧問団
担当機関国土安全保障省
指名大統領
ジョー・バイデン
任命上院の承認
初代就任2003年1月24日
初代トム・リッジ
継承第18位[注釈 1]
職務代行者国土安全保障副長官代理
(空席)
ウェブサイトwww.dhs.gov

アメリカ合衆国国土安全保障長官(アメリカがっしゅうこくこくどあんぜんほしょうちょうかん、United States Secretary of Homeland Security)は、アメリカ合衆国と国民の安全の防衛を担当するアメリカ合衆国国土安全保障省の長である。同職は大統領内閣の一員であり、2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件を受けて設置された。

大統領継承順位への包含[編集]

伝統的に、(副大統領下院議長上院仮議長に続く)大統領継承の順序は管轄する省の創設時期に従って決められ、合衆国法典第3編第19条の下でそのように明記された。

2006年3月9日、ブッシュ大統領は公法第109-177号として下院議案第3199号に署名した。これは、米国愛国者法を改め、大統領継承法を修正し、退役軍人長官に続く継承権を国土安全保障長官に付与するものである。

歴代長官[編集]

国土安全保障省の創設以前は、2001年のアメリカ同時多発テロ事件を受けて創設された国土安全保障局担当大統領補佐官が存在していた。初代長官はトム・リッジ[1]

肖像 氏名 居住地 在任期間 大統領
1 Tom Ridge トム・リッジ ペンシルベニア州 2003年1月24日 - 2005年2月1日 ジョージ・W・ブッシュ
代理 James Loy ジェームズ・M・ロイ英語版 ペンシルベニア州 2005年2月1日 - 2005年2月15日
2 Michael Chertoff, official DHS photo portrait, 2007 (cropped).jpg マイケル・チャートフ英語版 ニュージャージー州 2005年2月15日 - 2009年1月20日
3 Janet Napolitano official portrait (cropped).jpg ジャネット・ナポリターノ アリゾナ州 2009年1月20日 - 2013年9月6日 バラク・オバマ
代理 Rand Beers official portrait (cropped).jpg ランド・ビアーズ英語版 コロンビア特別区 2013年9月6日 - 2013年12月16日
4 Jeh Johnson official DHS portrait (cropped).jpg ジェイ・ジョンソン英語版 ニュージャージー州 2013年12月23日 - 2017年1月20日
5 John Kelly official DHS portrait (cropped).jpg ジョン・フランシス・ケリー マサチューセッツ州 2017年1月20日 - 2017年7月31日 ドナルド・トランプ
代理 Elaine Duke official photo (cropped).jpg エレイン・デューク英語版 オハイオ州 2017年7月31日 - 2017年12月6日
6 Kirstjen Nielsen official photo (cropped).jpg キルステン・ニールセン フロリダ州 2017年12月6日 - 2019年4月10日
代理 Kevin McAleenan official photo.jpg ケビン・マカリーナン英語版 ハワイ州 2019年4月11日 - 2019年11月13日
代理 Chad F. Wolf 2017.jpg チャド・ウルフ英語版 バージニア州 2019年11月13日 - 2021年1月11日
代理 Peter Gaynor official photo (cropped).jpg ピーター・ゲイナー英語版 ニュージャージー州 2021年1月12日 - 2021年1月20日
代理 David Pekoske official TSA portrait.jpg デイヴィッド・ペコスキー英語版 コネチカット州 2021年1月20日 - 2021年2月2日 ジョー・バイデン
7 Alejandro Mayorkas, United States Secretary of Homeland Security.jpg アレハンドロ・マヨルカス英語版 ワシントンD.C. 2021年2月2日 - 現職

継承順位[編集]

国土安全保障長官の継承順位は、以下の通り[2]

  1. 国土安全保障副長官
  2. 国家防衛及び計画担当国土安全保障次官
  3. 管理担当国土安全保障次官
  4. 政策担当国土安全保障次官補(次官と同等の働きをする)
  5. 科学技術担当国土安全保障次官
  6. 国土安全保障省訴追部長
  7. 国土安全保障次官補(運輸保安庁 TSA)
  8. 連邦緊急事態管理庁 FEMA 長官
  9. 税関・国境警備局 CBP 長官
  10. 出入国管理・税関取締担当国土安全保障 ICE 次官補
  11. 合衆国公民権・移民管理局 USCIS 長官
  12. 最高財務責任者
  13. 連邦緊急事態管理庁第5地方局長
  14. 連邦緊急事態管理庁第6地方局長
  15. 連邦緊急事態管理庁第7地方局長
  16. 連邦緊急事態管理庁第9地方局長
  17. 連邦緊急事態管理庁第1地方局長

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現職のアレハンドロ・マヨルカスはキューバ出生のため、大統領となる資格がなく継承順位を持たない。

出典[編集]