ボー・バイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボー・バイデン
Beau Biden
Beau Biden 2013 (cropped).jpg
ボー・バイデン(2013年1月27日撮影)
第44代デラウェア州司法長官
任期
2007年1月2日 – 2015年1月6日
前任者 カール・ダンバーグ
後任者 マシュー・デン
個人情報
生誕 (1969-02-03) 1969年2月3日
デラウェア州ウィルミントン
死没 (2015-05-30) 2015年5月30日(46歳没)
メリーランド州ベセスダ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ハリー・オリヴィエ・バイデン(2002 - 2015、ボーの死
親戚 ジョー・バイデン(父)
ネイリア・バイデン(母; 故人)
ジル・バイデン (継母)
ハンター・バイデン(弟)
ナオミ・バイデン(妹; 故人)
アシュリー・バイデン(異母妹)
子供 ナタリー・バイデン(娘)
ハンター・バイデン(息子)
出身校 ペンシルベニア大学
シラキュース大学
職業 政治家弁護士軍人
宗教 ローマ・カトリック
公式サイト www.beaubiden.com
映像外部リンク
父親を「マイヒーロー」と呼んだ2008年民主党全国大会におけるボー・バイデンのスピーチ(ABC News)
ボー・バイデン
Beau Biden
所属組織

Emblem of the U.S. Department of the Army.svgアメリカ陸軍

デラウェア州陸軍州兵
軍歴 2003 - 2015年
最終階級 Army-USA-OF-03.svg 少佐英語版
テンプレートを表示

ジョセフ・ロビネット 「ボー」 バイデン3世英語: Joseph Robinette "Beau" Biden III , 1969年2月3日 - 2015年5月30日)は、アメリカ合衆国政治家弁護士軍人

第47代アメリカ合衆国副大統領ジョー・バイデンの長男である。アメリカ合衆国のセカンドレディジル・バイデンは継母にあたる。デラウェア州司法長官英語版を2期務め、「バイデン王朝英語版」の期待の新星として注目されていた[1]2016年デラウェア州知事選挙英語版に出馬する意向を明らかにしていたが、2015年5月30日に脳腫瘍のため46歳で亡くなった。

生い立ちと家族[編集]

ボー・バイデンは1969年2月3日アメリカ合衆国デラウェア州ウィルミントンにて、ジョー・バイデンと彼の最初の妻であるネイリア・ハンター・バイデンの長男として出生した[2][3]。母親のネイリアは1972年12月18日に[4]クリスマスに備えた買い物をするために3人の子供と車で出掛けたが、彼女の運転するステーションワゴントレーラーに追突される事故が起こった。彼女は1歳1か月の娘のナオミ・クリスティーナ・バイデンとともに死亡した。同乗していた当時3歳の長男ボーと次男ハンター英語版は命を取り留めたが、事故による負傷で入院することになった[5][6]。一家を見舞った不幸にジョーは絶望して一時は自殺も考えた。選出された連邦上院議員を辞退することも決めたが、その後に思い直して病院のボーが横たわるベッドのそばで就任の宣誓を行った[5]

ネイリアの死から2年半が経過した頃にボーとハンターはジョーが交際している女性、ジル・ジェイコブスと会った。二人は父親が彼女と再婚するように励ました[5]。父親と息子の仲は非常に良好であった[2][6]。ジル・ジェイコブスは1977年にボーの「第二の母」となり、1981年に新たな妹となるアシュリーが生まれた[4]

1987年にカトリック系の私立学校であるアーキメア・アカデミー英語版を卒業した[3]。1991年にペンシルベニア大学学士号を取得し、1994年にはシラキュース大学ロー・スクール英語版法学位英語版を取得した[3]

1995年から2004年までは最初に政策開発室の法律顧問として、次いで連邦地方検察局英語版の連邦検察官としてフィラデルフィア連邦司法省の業務に携わった[7]。2004年からデラウェア州司法長官英語版に選出される2006年までの間は3つの法律事務所(ビフェレイト、ジェンティロッティ、バイデン・アンド・バリック)のパートナーとなり、弁護士として活動していた[7][8]

2008年民主党全国大会英語版でジョー・バイデンがアメリカ合衆国副大統領候補に指名された後、ボーはスピーチを行い、父親の誠実な人柄を紹介した。彼は母親と乳児の妹を死に至らしめた自動車事故について振り返った。二人の息子を育てるために一時は連邦上院議員を辞退することを考え、議員になってからも息子のために毎日、(1日4時間費やす[3])デラウェア州ウィルミントンの自宅からワシントンD.C.までの電車通勤を継続した父親に敬意と感謝の気持ちを表した[9]。このスピーチはジョーを含め、多くの出席者の涙を誘った[2]

私の最も幼い頃の記憶では“パパ”はいつも入院中の私たちに付き添ってくれました。彼は上院には目もくれず、私たちのことしか頭にありませんでした。・・・彼は就任の宣誓をしないことに決めました。「デラウェアの上院議員には代わりがいるが、“坊や”の父親は私しかいないからね」と言っていました。[6]

兵役[編集]

ボーは2003年にデラウェア州陸軍州兵の一員としてアメリカ陸軍に加入した[2]。のちにデラウェア州スマーナ英語版に拠点を置く第261戦域戦術通信旅団英語版の一部をなす陸軍法務部英語版少佐英語版に昇進した[2]

ボーが所属する部隊は2008年10月3日にイラクに展開した[10]。父親が合衆国副大統領として宣誓を行うバラク・オバマの第一期大統領就任式に出席するために、2009年1月にイラクから一時帰国した[1][3][11]。2009年7月4日にキャンプ・ヴィクトリー英語版基地でジョーの訪問を受けた[12]。2009年9月に1年近くに及ぶ任務を完了し、イラクから帰国した[13]

ボーは出国する前にイラクでの展開中もデラウェア州に残る彼のオフィスのシニアスタッフと協力しながら働いていくことで、デラウェア州司法長官英語版としての務めを積極的に果たしていく意向を表明していたが[14]、部隊のメンバーにはイラクでの任務に専念するために司法長官の業務の多くを代理の者に引き継いだことを話した[15]

ジル・バイデンの著書『Don't Forget, God Bless Our Troops』は義理の息子であるボーの従軍が彼の若い家族に与えた影響について書かれたものである[16]

政治家としてのキャリア[編集]

2006年11月7日。ジョー・バイデンジル・バイデンが見守る中、デラウェア州司法長官選挙勝利記念のスピーチを行うボー・バイデン
2013年5月21日。記者会見を行うデラウェア州司法長官ボー・バイデン

ボーは2006年にデラウェア州司法長官選挙への出馬を表明して政治家としての第一歩を踏み出した。彼は個人情報の盗難行為、ペドフィリア(小児性愛者)によるインターネット上のストーカー行為、街頭犯罪高齢者虐待といった問題に対処するために州司法省を再編成することを約束した[17][18][19]。対立候補となったフェリス・ウォートンは連邦検事補であった[20]。選挙ではボーが得票率で5%近くの差をつけて勝利した[21]

州司法長官に就任したボーのもと、デラウェア州では2008年1月7日に「性犯罪者登録英語版システム」の強化を目的とする法律が施行された[22]

バラク・オバマのランニングメートとして2008年アメリカ合衆国大統領選挙に勝利したジョー・バイデンは副大統領に就任するために連邦上院議員を辞職することになった[23]。ボーがジョーの後を継ぐことになるとの憶測が流れたが[24]、彼はイラクに従軍することを理由として指名の受け入れを拒否する意向を明らかにした[25][26]デラウェア州知事ルース・アン・ミナー英語版は空席を埋めるための議員にジョーを長らく補佐してきたテッド・カウフマン英語版を指名した[24][26]。ジョーはカウフマンが指名された後に出した声明の中で次のように述べている。

私が息子のボー・バイデン司法長官を偉大な司法長官だと考えているのと同様に、彼が偉大な合衆国上院議員になると信じているのは紛れもない事実であります。ですが、彼は公職生活に入った瞬間からいかなる仕事も自分の力で勝ち取っていく意思を明確にしております。[26]

デラウェア州の小児科医アール・ブラッドリー英語版が起こした悪名高い児童性的虐待事件を徹底的に追及していくために、2010年1月に同年に行われる父親のかつての上院議席を得るための上院選挙に出馬しない意向を明らかにした[17]。ボーは「私には司法長官としての義務があり、一刻も早く重大な問題に取り組まなければならないのです。しかも、それは私がやらなければならないことです」と説明している[6][27]。翌2月にブラッドリーは11年間で103人の児童患者(102人の女児と1人の男児)を性的に虐待した罪で起訴された[28]。2011年8月に児童に対する14件の第一級強姦罪などで有罪となり、14つの終身刑懲役165年を宣告された[27]

2010年11月2日にボーはデラウェア独立党英語版から出馬した対立候補のダグ・キャンベルを大差で破り、デラウェア州司法長官に再選された[29]

3選は目指さず、2014年のデラウェア州司法長官選挙には出馬しなかった[30]。2014年4月に2016年デラウェア州知事選挙英語版に立候補する意向を明らかにした[31]。当時は公表されていなかったが、この時にはボーは既に死の原因となるがんを宣告されていたものの、寛解期に突入していた。

2015年初めにオフィスを去った後は企業訴訟を専門とするデラウェア州の法律事務所に入り、弁護士としての活動を再開した[17]

公職
公職名 タイプ 場所 選挙年 任期開始日 任期終了日 備考
デラウェア州司法長官英語版 行政 デラウェア州ドーバー 2006 2007年1月2日 2011年1月3日
デラウェア州司法長官英語版 行政 デラウェア州ドーバー 2010 2011年1月3日 2015年1月3日
選挙結果
選挙年 公職名 選挙方式 勝者 政党 得票数 得票率 対立候補 政党 得票数 得票率
2006 デラウェア州司法長官英語版 一般 ジョセフ・R・バイデン3世 民主党 133,152 52.5% フェリス・ウォートン 共和党 120,062 47.4%
2010 デラウェア州司法長官英語版 一般 ジョセフ・R・バイデン3世 民主党 196,799 78.9% ダグ・キャンベル デラウェア独立党英語版 52,517 21.1%

健康上の問題と死[編集]

映像外部リンク
ボー・バイデンの死を伝えるニュース(NBC News)
バイデン一家の平安と希望への祈り(USA TODAY)
ボーに永遠の別れを告げるハンターとアシュリー(USA TODAY)

ボーは死の数年前から脳腫瘍に冒されていた[1][6]。2010年5月12日にしびれまひ頭痛を訴えた後にデラウェア州ニューアークのクリスティーナ病院に搬送された[32]。当局者は「軽い脳卒中」と報告している[6][32]。その後にフィラデルフィアトーマス・ジェファーソン大学病院英語版に移り、経過観察のために5月18日まで同病院にとどまった[32]

2013年8月にホワイトハウス当局者が「見当識障害と衰弱の発作」と述べた症状を経験した後、ヒューストンの「テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター」に入院した[6]。この時に初めて脳腫瘍と診断され[33]、手術後に放射線療法化学療法を行うことでがんが寛解し、その年の11月には医師から「健康証明書」を与えられた[1][3][18][19]。退院直後の報道では、がんセンターに入院していた時期の医療行為の内容について「詳細不明」とされていた[34]

ところが2015年春にボーの脳腫瘍が再発した。彼はメリーランド州ベセスダの「ウォルターリード国立軍事医療センター英語版」に入院して再度がんの治療を受けることになった[1][3]。5月20日に同センターに入院していることが公表されたが、入院理由は明らかにされなかった[35]。脳腫瘍による闘病生活の末、2015年5月30日に親族に見守られながら息を引き取った。46歳没[36]。ハリー未亡人には2人の子ども、11歳の娘ナタリーと9歳の息子ハンターが残された[6][17][27]。同日にジョー・バイデンは故人をしのび、「私の父はかつて、子育てが成功したことは子どもが自分を超えた時に分かると話していた。ボーはまさにその言葉通りの息子だった」と述べた[2][36]

葬儀は2015年6月6日にデラウェア州ウィルミントン市内の聖アンソニーズ・ローマ・カトリック教会英語版でしめやかに営まれ、同日にデラウェア州グリーンヴィル英語版の聖ジョセフの上のブランディワイン墓地に埋葬された[37]

後に父ジョーはオバマ大統領がボーの病気治療のため、個人的に資金援助してくれたことを明かしている[38]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Paul Kane (2015年5月30日). “Beau Biden, vice president’s son, dies at 46 of brain cancer” (英語). The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/politics/2015/05/30/e1ac5a2a-0731-11e5-a428-c984eb077d4e_story.html 2015年12月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f Johnlee Varghese (2015年5月31日). “Beau Biden Obituary: Things to Know about Son of US Vice President Joe Biden” (英語). International Business Times. http://www.ibtimes.co.in/beau-biden-obituary-things-know-about-son-us-vice-president-joe-biden-634192 2015年12月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g Laurence Arnold,Angela Greiling Keane (2015年5月31日). “Beau Biden, VP’s Eldest Son, Succumbs to Brain Cancer” (英語). Bloomberg L.P.. http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-05-31/beau-biden-vice-president-s-election-winning-son-dies-at-46 2015年12月25日閲覧。 
  4. ^ a b “A timeline of U.S. Sen. Joe Biden's life and career”. The San Francisco Chronicle. (2008年8月23日). オリジナルの2008年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080925021142/http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=%2Fn%2Fa%2F2008%2F08%2F22%2Fpolitics%2Fp222636D16.DTL 2015年12月25日閲覧。 
  5. ^ a b c Evan Osnos (2015年6月1日). ““We Bidens,” an American Family” (英語). The New Yorker. http://www.newyorker.com/news/news-desk/we-bidens-an-american-family 2015年12月25日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h Michael D. Shear (2015年5月30日). “Beau Biden, Vice President Joe Biden’s Son, Dies at 46” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2015/05/31/us/politics/joseph-r-biden-iii-vice-presidents-son-beau-dies-at-46.html 2015年12月25日閲覧。 
  7. ^ a b “Beau Biden dead of brain cancer at 46” (英語). Delaware State News. (2015年5月30日). http://delawarestatenews.net/news/beau-biden-dead-at-the-age-of-46/ 2015年12月25日閲覧。 
  8. ^ Matt Bittle (2015年1月12日). “Delaware law firm hires Beau Biden” (英語). Delaware State News. オリジナルの2015年6月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150602210427/http://delaware.newszap.com/centraldelaware/137604-70/delaware-law-firm-hires-beau-biden 2015年12月25日閲覧。 
  9. ^ Kevin Connolly (2008年8月28日). “Biden shows more bark than bite” (英語). British Broadcasting Corporation. http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7585384.stm 2015年12月25日閲覧。 
  10. ^ Shailagh Murray (2008年8月20日). “Biden's Son Off to Iraq” (英語). The Washington Post. http://voices.washingtonpost.com/44/2008/08/bidens-son-off-to-iraq.html 2015年12月25日閲覧。 
  11. ^ “Beau Biden gets D.C. duty, will attend inauguration” (英語). DelawareOnline. (2009年1月15日). http://www.delawareonline.com/article/20090115/NEWS/90115047/1006 2015年12月25日閲覧。 
  12. ^ Gina Chon (2009年7月6日). “Iraqis Say Reconciliation Is an Internal Matter” (英語). The Wall Street Journal. http://www.wsj.com/articles/SB124671322919594625 2015年12月25日閲覧。 
  13. ^ “Vice president's son returns from Iraq” (英語). Army Times. (2009年9月30日). http://archive.armytimes.com/article/20090930/NEWS/909300349/Vice-president-s-son-returns-from-Iraq 2015年12月25日閲覧。 
  14. ^ Beau Biden (2008年9月29日), “Open Letter to Delawareans” (プレスリリース), Attorney General of Delaware, オリジナルの2009年4月29日時点によるアーカイブ。, http://www.attorneygeneral.delaware.gov/media/releases/2008/openletter.pdf 2015年12月25日閲覧。 
  15. ^ Jason Horowitz (2009年10月23日). “Beau Biden Lays Low Amidst Senate Talk” (英語). CBS News. オリジナルの2009年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091025204518/http://www.cbsnews.com/stories/2009/10/23/politics/washingtonpost/main5414082.shtml 2015年12月25日閲覧。 
  16. ^ “Jill Biden tiptoes into 2012 election” (英語). Politico: p. 3. http://www.politico.com/news/stories/1012/81877_Page3.html 2015年12月25日閲覧。 
  17. ^ a b c d “Beau Biden dies at 46; son of VP had life of adversity” (英語). AJC.com. (2015年5月31日). http://www.ajc.com/ap/ap/political/biden-announces-death-of-son-beau-of-brain-cancer/nmRjj/ 2015年12月25日閲覧。 
  18. ^ a b “Beau Biden, son of Vice President Joe Biden, dies of brain cancer” (英語). Fox News. (2015年5月31日). http://www.foxnews.com/politics/2015/05/31/beau-biden-son-vice-president-joe-biden-dies-brain-cancer/ 2015年12月25日閲覧。 
  19. ^ a b Darlene Superville,Randall Chase (2015年5月31日). “Beau Biden, Delaware attorney general and son of vice president, dies of brain cancer” (英語). Salon.com. http://www.salon.com/2015/05/31/beau_biden_delaware_attorney_general_and_son_of_vice_president_dies_of_brain_cancer/ 2015年12月25日閲覧。 
  20. ^ Judge Ferris W. Wharton” (英語). Delaware State Courts Official Website. 2015年6月16日閲覧。
  21. ^ Delaware Department of Elections (2006年11月7日). State of Delaware 2006 Election Results. Delaware Department of Elections. p. 2. http://electionsncc.delaware.gov/2006g/2006_results_book.pdf 2015年12月25日閲覧。. 
  22. ^ “Delaware's enhanced sex offender law starts” (英語). 6abc Action News. (2008年1月7日). http://6abc.com/archive/5874960/ 2015年12月25日閲覧。 
  23. ^ “Minner to make announcement about Biden's senate seat” (英語). DelawareOnline. (2008年11月24日). http://www.delawareonline.com/article/20081124/NEWS/81124021 2015年12月25日閲覧。 
  24. ^ a b Lauren Kornreich (2008年11月24日). “Former Biden advisor picked as Senate replacement” (英語). CNN. http://politicalticker.blogs.cnn.com/2008/11/24/former-biden-advisor-senate-replacement-picked/#more-31280 2015年12月25日閲覧。 
  25. ^ Chris Cillizza (2008年11月18日). “Beau Biden Will Not Accept Senate Appointment” (英語). The Washington Post. http://voices.washingtonpost.com/thefix/senate/beau-biden-will-not-accept-app.html 2015年12月25日閲覧。 
  26. ^ a b c Sarah Brumfield (2008年12月25日). “Ted Kaufman: Biden's Replacement Picked” (英語). The Huffington Post. 2015年12月25日閲覧。
  27. ^ a b c Louise Boyle (2015年6月1日). “How Beau Biden made it his mission to prosecute a sick pedophile pediatrician rather than run for the Senate” (英語). The Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-3105948/The-sick-pedophile-pediatrician-Beau-Biden-prosecuted-run-Senate.html 2015年12月25日閲覧。 
  28. ^ Emily Friedman (2010年2月23日). “Pediatrician Earl Bradley Charged With Molestation of 103 Children” (英語). ABC News. p. 1. http://abcnews.go.com/WN/delaware-pediatrician-earl-bradley-indicted-103-counts-sexual/story?id=9921990 2015年12月25日閲覧。 
  29. ^ “State Of Delaware – Elections Results”. State of Delaware. http://elections.delaware.gov/results/html/election.shtml 2015年12月25日閲覧。 
  30. ^ Esteban Parra (2014年11月5日). “Denn takes race for Attorney General” (英語). DelawareOnline. http://www.delawareonline.com/story/news/politics/2014/11/04/denn-takes-race-attorney-general/18508679/ 2015年12月25日閲覧。 
  31. ^ “Beau Biden says he plans to run for governor in Delaware” (英語). CNN. (2014年4月17日). http://politicalticker.blogs.cnn.com/2014/04/17/beau-biden-says-he-plans-to-run-for-governor-in-delaware/?hpt=hp_t2 2015年12月25日閲覧。 
  32. ^ a b c Cris Barish (2013年8月21日). “Beau Biden awaits cancer results” (英語). USA Today. http://www.usatoday.com/story/news/politics/2013/08/21/beau-biden-awaits-cancer-results/2680405/ 2015年12月25日閲覧。 
  33. ^ Lenny Bernstein (2015年5月31日). “Brain cancers like Beau Biden’s kill about 15,000 adults each yea” (英語). The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/news/to-your-health/wp/2015/05/31/brain-cancers-like-beau-bidens-kill-about-15000-adults-each-year/ 2015年12月25日閲覧。 
  34. ^ “Beau Biden returns to work as Delaware Attorney General after medical procedure” (英語). The Daily News. (2013年9月4日). http://www.nydailynews.com/news/politics/biden-returns-work-delaware-attorney-general-article-1.1446339 2015年12月25日閲覧。 
  35. ^ Jason Molinet (2015年5月20日). “Vice President Joe Biden's son, Beau Biden, hospitalized at Walter Reed” (英語). The Daily News. http://www.nydailynews.com/news/politics/vice-president-joe-biden-son-beau-biden-hospitalized-article-1.2228792 2015年12月25日閲覧。 
  36. ^ a b “バイデン米副大統領の長男が死去、脳腫瘍で 46歳”. CNN. (2015年5月31日). http://www.cnn.co.jp/usa/35065232.html 2015年12月25日閲覧。 
  37. ^ Jobina Fortson (2015年6月6日). “Final goodbye to Beau Biden” (英語). WMDT. http://www.wmdt.com/news/more-local-news/Final-goodbye-to-Beau-Biden/33442714 2015年12月25日閲覧。 
  38. ^ “オバマ大統領、バイデン副大統領にサプライズ 大統領勲章を授与”. ロイター (ロイター). (2017年1月13日). http://jp.reuters.com/article/obama-biden-medaloffreedom-idJPKBN14X0ID 2017年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]