山崎真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまさき まみ
山崎 真実
プロフィール
愛称 まみヤン
生年月日 1985年9月20日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市住吉区
血液型 B型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 171 cm / kg
スリーサイズ 84 - 59 - 87 cm
備考 靴サイズ:25 cm
活動
デビュー 2004年
ジャンル グラビアアイドル
他の活動 女優タレント
事務所 ABP inc.
受賞歴 ミスマガジン2004読者特別賞受賞
アイドル: テンプレート - カテゴリ

山崎 真実(やまさき まみ、1985年9月20日 - )は、日本グラビアアイドルタレント女優。本名同じ[要出典]

大阪府大阪市[2]住吉区[要出典]出身。アジア・ビジネス・パートナーズ(ABP inc.)所属。

略歴[編集]

4歳から新体操を始め、相愛中学校・高等学校では新体操部に所属。高校2年当時の2002年、高知国体に新体操大阪代表(団体)として出場[2]

2004年ミスマガジン2004で読者特別賞を受賞し芸能界入り。同年より、ミスマガジン2004グランプリの小阪由佳とともに、サークルKサンクスのイメージキャラクターを務め、テレビCMにも登場。

2005年、4月からNHK教育テレビの語学番組『100語でスタート!英会話』のレギュラーを1年間務めた。また、つくばテレビエンタ!371」では、無料ナビゲーション番組『エンタ!SELECTION』の2005年度ナビゲーターを1年間務めた。この年にはミスマガジン歴代受賞者等で結成された芸能人女子フットサルチーム「ミスマガジン」のメンバーともなった。

2006年、特撮番組『轟轟戦隊ボウケンジャー』の風のシズカ役で準レギュラー出演。10月よりTBSラジオ山崎真実のイヤならいうてな!』で初ラジオで冠番組を得た。

2007年度のスーパーヒーローMAXドランクドラゴンとともに司会を務めた。通常、同枠の司会は前年の戦隊ヒロインが務めるのだが、山崎は異例の抜擢となった[3]

2007年12月から2008年6月までの間、漫画情報サイトマンガナビにて、コラム「山崎真実の『マンガ好きですから!』」を連載。

2012年9月、デビューから約9年間在籍したヴィズミックから離籍[4]TVスター名鑑2014年版によると、移籍先は「ABP inc.」であった[5]

人物[編集]

作品[編集]

イメージビデオ[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他テレビ番組[編集]

テレビCM[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • バレンタイン☆キッス(Pures、2007年2月10日 - 13日、於:シアターアプル) - 水ノ江キョウコ 役(ヒロイン)
  • NEN,GOO! 〜お江戸のスターが勢ぞろい(J's PRODUCE、2008年4月9日 - 13日、於:あうるすぽっと) - さくら 役(ヒロイン)
  • モダンスイマーズ デンキ島「松田リカ篇」(2011年3月9日 - 16日、於:あうるすぽっと) - 篠原スミエ 役
  • Jellyfish-岸辺の亀とクラゲ(ウォーキングスタッフプロデュース、2011年6月9日 - 19日、於:シアター711) - 辻さゆり役(主演)
  • 舞台「戦国BASARA3」 (2011.10/14〜16 イオン化粧品 シアターBRAVA!(大阪)/ 10/23〜30 シアターGロッソ(東京)) - 雑賀孫市

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

ミュージックビデオ(PV)[編集]

Webムービー[編集]

その他[編集]

  • WORST (漫画)の21巻12ページ目に、鳳仙学園内のポスターとして〜崎真実(山崎真実)が描かれている。

書籍[編集]

写真集[編集]

関連書籍[編集]

3D立体ポスター[編集]

  • 1/1Scale Stereo Screen 山崎真実 等身大3D立体ポスター (トイボック[1]

トレーディングカード[編集]

  • 山崎真実オフィシャルカードコレクション〜Metamorphose〜 (2005年5月28日、さくら堂
  • Hit's LIMITED 「山崎真実」(2006年9月、ムービック
  • BOMBリミテッド「山崎真実」(2007年9月、ムービック)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式プロフィール”. キャスティングドットジェイピー. 2016年10月16日閲覧。
  2. ^ a b 山崎真実 (2005年3月14日). 山崎真実 美貌とナイスバディー&ど根性. (インタビュー). ZAKZAK.. http://www.zakzak.co.jp/people/archive/20050314.html 2016年10月16日閲覧。 
  3. ^ 戦隊ヒロインでない司会者は彼女が唯一である。
  4. ^ ご報告”. 山崎真実オフィシャルブログ (2012年9月5日). 2012年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月7日閲覧。
  5. ^ 東京ニュース通信社「TVスター名鑑2014年版」p.169
  6. ^ 月刊チャージャー 2006年12月号 No.10 - Yahoo! JAPAN(2007年2月2日時点のアーカイブ
  7. ^ スポーツニッポン」、2008年3月29日28ページ
  8. ^ 2匹の愛猫は私の人生の師匠!女優・山崎真実さん【ねこじん】│ペットトゥモロー

外部リンク[編集]