水着少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水着少女』(みずぎしょうじょ)は、テレビ東京2004年1月5日から2005年3月30日まで放送されていたバラエティ番組関東ローカル放送であったが、開始から2004年3月末までテレビ愛知テレビ大阪でも放映されていた。ナレーション三村ロンド。2004年4月からは水曜日に移動(「Se-女!2」の開始に伴うもの)。

コーナー[編集]

水着ハウス[編集]

毎週3 - 4人の女性アイドルが「水着ハウス」と称する家[1]を訪れ、水着に着替えて本を朗読したり、お菓子を食べたり、ゲームをしたり、手紙を読んだり[2]と様々だった。ルールとして、ポラロイド写真を撮ることが義務付けられており、撮った写真は番組ホームページに掲載された。

水着ハウスには岩佐真悠子ほしのあき山崎真実小阪由佳川村ゆきえ青木小明喜屋武ちあき大久保麻梨子といったグラビアなどで活躍するアイドルや、堀口としみ内田さやか水谷さくら福愛美都築あこ番ことみ渋谷千賀といったレースクイーンも出演していた。

番組末期には表ハウスと裏ハウスに分けられ、表ハウスにはアイドルの卵といえる無名タレントが、裏ハウスには蒼井そらや、春菜まいといったAV女優や、青木りんなどの着エロアイドルが水着を着て出演していた。

アイドル水泳大会[編集]

水着ハウスとは別に毎週5 - 6人のアイドルが出演して、アイドル水泳大会が行われる。番組開始当初は特撮戦隊もののパロディが登場、プールに浮かんでいる犬のぬいぐるみを救出するゲームコーナーだったが、後に競泳障害物競走騎馬戦などに変更された。優勝したアイドルには金のビキニがプレゼントされたが、負けたアイドルには臭いのきつい牛乳を飲まされるといった過酷な罰ゲームがあった。

ミニコーナー[編集]

この他にもアイドルの心臓音を聴かせるという「アイドルの心臓ON!」というコーナーもあった。番組末期はアイドルの新作DVDを紹介するコーナー(進行役はかわい瞳)だった。

ネット局と放送時間[編集]

テレビ東京
  • 2004年1月5日 - 2004年3月30日:毎週火曜日深夜3時10分 - 深夜3時40分
  • 2004年4月7日 - 2005年3月30日:毎週水曜日深夜3時10分 - 深夜3時40分
テレビ大阪
  • 2004年1月7日 - 2004年3月31日:毎週水曜日深夜2時35分 - 深夜3時05分
    この番組のネットが打ち切られた後、代わりにテレビ大阪では、ほしのが司会のアイドル番組、「農ドルちゃん」がスタート、2004年9月まで放送された。

備考[編集]

最終回(2005年3月30日放送)のスタッフロールでディレクターのABEX555(阿部聡)が「学生時代に見た週刊おとなの絵本や「ギルガメッシュないと」のような今では絶対できないような番組を作れたらいいなと思って作ったのがこの番組だった」と独白した。ちなみにこの番組を立ち上げた佐藤哲也は、「ギルガメッシュないと」のスタッフの1人。

スタッフ[編集]

第1期
  • 構成:小杉四駆郎、江戸川ダビ夫、中垣ヒデキ、渡辺ヒロシ
  • 演出:田中久也、正久仁
  • ディレクター:ツーナカ、阿部聡、木原憲和、山木健司、佐野克己
  • 技術:STUDIO38
  • 音効:井上研一、岡沢秀二
  • プロデューサー:佐藤哲也(テレビ東京)、本橋武夫、伊藤真和、井出雄介(つくばテレビ
  • 音楽協力:テレビ東京ミュージック
第2期
  • 構成:小杉四駆郎、江戸川ダビ夫、中垣ヒデキ
  • 音声:エルビス
  • 編集:島根ユキヒロ
  • MA:丸山晃
  • ディレクター:ツーナカ、阿部聡、木原憲和、佐野克己
  • 演出:田中久也
  • プロデューサー:佐藤哲也(テレビ東京)、正久仁

メインスポンサー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 都内のマンションの一室。
  2. ^ おしゃれカンケイ』(日本テレビ)の1コーナー「16小節のLOVE SONG」のパロディ

関連項目[編集]

テレビ東京 火曜 27:10 - 27:40枠
前番組 番組名 次番組
Se-女!
(2003年10月7日 - 2003年12月23日)
水着少女(第1期)
(2004年1月6日 - 2004年3月30日。
同年4月からは水曜深夜へ移動)
Se-女!2
(2004年4月6日 - 2004年9月28日)
テレビ東京 水曜27:10 - 27:40枠
27:10 - 27:15 ミュージックブレイク
27:15 - 28:10 ワールドテレショップ
水着少女(第2期)
(2004年4月7日 - 2005年3月30日)
-