なかもとみゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

なかもと みゆき1979年12月12日 - )は、日本の舞台女優。独自のスタイルで表現する「ひとり語り芝居」は高い評価を受けている。相愛高等学校卒。奈良県生駒市出身、在住。山吹草太事務所所属。演劇創作集団TPN(シアター・プロジェクト・奈良)代表。

来歴[編集]

1998年、大阪にて詩人の山吹草太が主宰する劇団『演劇詩人月のひまわり』に入団。心斎橋T・B HALLにて『不滅の恋』に主演。

同年、劇団の拠点が神奈川県川崎市に移動したため、同市に転居。

1999年 - 2002年NHKテレビアニメ忍たま乱太郎』の劇場版ミュージカル及び劇団飛行船制作『三匹の子豚』を全国巡演。どちらも主演を務める。

2000年、財団法人川崎市生涯学習振興事業団の芸術支援事業に選考され、新百合トウェンティワンホールにて『最後の晩餐』に主演。 このとき、俳優の酒井康行、古澤龍児(Wキャスト主演)の妹役を演じ、唐木恵子(現、浪曲師の春野恵子)とも共演している。

2001年神奈川県ダイエーイベント広場及び児童養護施設三春学園にて、チャリティー公演『リトル・ボーイ〜広島断章〜』出演。

同年、財団法人川崎市国際交流協会主催イベントにて『フランスパンを買いに』出演。このときのセリフは全て英語であった。

同年、『第18回全国都市緑化フェアゆめみどりいしかわ2001「森のシアター」』の振付・演技指導を務める。上演に際し、石川県金沢市の金沢市民芸術村にて、地元の俳優20名にワークショップを行う。

2002年、『演劇詩人月のひまわり』活動停止。

2003年、同劇団主宰の山吹草太のもと、舞台表現者としてソロ活動開始。

2003年2005年、毎月1回『ポエトリー・リーディング』を実施。計24回を行う。これが、一人で芝居をしながら朗読をする、「ひとり語り芝居」の原点である。山吹草太の詩や短編を上演するものが多かったが、その時点ではあまり世に知れ渡っていなかった『千の風になって』の物語(絵本)をアレンジして上演したこともある。上演にあたり、『千の風になって』の作曲及び絵本の著者、新井満に直接電話をかけ、上演許可をもらったという。 同年、川崎市のダイニングバーでDJを務める。

2004年 - 2005年FMかわさきにて『なかもとみゆきのポエトリー・ラジオボックス』のパーソナリティを務める。このときも、新井満が電話でゲスト出演した。その他、現在、秀々として活動中の三味線奏者・尾上秀樹もスタジオ出演している。

2005年タイ王国衛生省(日本の厚生省)管轄のタイ古式マッサージの資格を、総本山ワットー・ポー(ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム)のマッサージ・スクールで習得。

同年、地元奈良県に転居。

2006年、奈良の季刊情報誌『naranto(ナラント)』に尼僧モデルとして登場。翌号より、奈良県出身や奈良県で活躍している対談を記事にした『LIFE is the Stage』を連載。主な対談者は、薬師寺録事・小林澤應、元林院の芸妓・菊乃、映画監督河瀬直美万葉学者上野誠、映画『殯の森主演・うだしげき宇多滋樹)、シンガーソングライターやなせなな日本ユニセフ協会奈良県支部専務理事・山藤エリザベス、龍笛奏者・出口煌玲、落語家上方噺家)・桂文福など。なお、2010年、『naranto』終刊に伴い、全15回で終了。

2007年、地元のわらべうたCD制作に語りで参加。

同年、『ポエトリー・リーディング・奈良』を開催。

2008年、歌手河島英五の長男・河島翔馬とともに、自然保護のためのチャリティーコンサート『元気だしてゆこう〜僕らの言霊〜』を開催。

同年、奈良少年院奈良少年刑務所山吹草太とともに慰問公演。

この年から、アウトドア総合メーカーのモンベルのイベント『モンベルフレンドフェア』の司会も担っている。

2009年、平城遷都1300年祭(平城遷都1300年記念事業)県民活動支援事業に採択された、奈良演劇プロジェクト『シアター・プロジェクト・奈良(TPN)オーディション・ワークショップ』(財団法人社会教育財団主催)にて講師助手を務める。

同年、奈良ウェルネス倶楽部にて、「詩の学校」・「奈良演劇工房」にて、朗読及び演技指導助手を務める。

同年、表現活動の一環として、ココロとカラダの繋がりを考えた活動を開始。タイ古式マッサージの資格を活かし、リラクゼーションサロンをオープン。

2010年、山吹草太とともに演劇創作集団シアター・プロジェクト・奈良(TPN)を旗揚げ。

同年、TPN旗揚げ公演(平城遷都1300年祭記念公演)『家族』準主演。

同年、大阪大学大学院教授の堀江新二に招かれた演劇ワークショップにて、モスクワ演劇国立大学(ロシア国立舞台芸術学院、現ロシア舞台芸術アカデミー)教授でユーゴザーバード劇場主席演出家のワレリー・ベリャコーヴィチに「あなたはとても良い感覚を持っているから、このまま演劇を続けなさい」と褒められた。

2011年、TPN東日本大震災復興支援公演『一粒の麦』主演・作曲。

震災遺児・孤児のための寄付活動は今も続いている。

同年より、近畿各圏でTPN小学校公演『木の実は誰のもの?』を巡演。

2012年、TPN特別公演『愛しき者たちの記憶』を上演。歌手・豊岡厚恵とのコラボレーション公演で、詩の朗読および短編芝居『恋の忘れもの』主演。

同年、奈良NPOセンターの「もうひとつの学び舎」との共同事業で、「奈良こども劇団」を発足。主任講師を務める。

2013年、TPN劇場公演2013「あなたに褒められたくて」準主演・振付。

同年、奈良県主催イベント「NaRaくすりと健康2013」にて啓発演劇を上演。 また、同イベントのゲスト、2013ミス・ユニバース奈良代表・浅井美保のトークショーにて、聞き手役としても登壇。

2014年、TPN劇場公演2014「9番目のアンドロイド」主演・振付。

2015年、TPN劇場公演2015「名も無き花の咲く頃に」出演・振付・作曲。

2016年、TPN劇場公演2016「初恋」出演・振付。

2017年、TPN劇場公演2017「小さな物語をあなたに」主演・振付。

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 不滅の恋
  • 最後の晩餐
  • 家族
  • 一粒の麦
  • 恋の忘れもの
  • あなたに褒められたくて
  • 9番目のアンドロイド
  • 名も無き花の咲く頃に
  • 初恋
  • 小さな物語をあなたに

イベント[編集]

  • リトル・ボーイ〜広島断章〜
  • フランスパンを買いに
  • 木の実は誰のもの?

ひとり語り芝居[編集]

  • 幸せの種
  • マリーの指輪
  • 裏通りにいた老婆
  • 帰郷
  • 特別なジャガイモ
  • 誰も知らない恋の物語
  • 鼠と男と台所
  • 千の風になって
  • 石仏
  • 2匹の犬
  • パンと牛乳
  • 千年桜姫
  • 母地蔵
  • 風になった少年

MC[編集]

  • 劇団飛行船制作『三匹の子豚』(2000年)
  • NHKテレビアニメ『忍たま乱太郎』忍たま新春スペシャル忍たまランド(監修:総合ビジョン、2001年)
  • 『ポエトリー・リーディング・noborito』(2003年 - 2005年)
  • 『ポエトリー・リーディング・奈良』(2007年 -2008年 )
  • 株式会社モンベル主催『モンベルフレンドフェア』(2008年 - )
  • 宇陀商工会主催『榛原あいさこいさ祭り秋の伊勢街道おかげ祭り』(2011年)
  • 奈良県主催奈良NPOセンター委託事業『みほんいち奈良県東部山間地域フォーラム&PR展』(2013年)

ラジオ・DJ[編集]

  • ダイニングレストラン『なかもとみゆきのポエム・オブ・ミュージック・ボックス』DJ(2002年)
  • FMかわさき『なかもとみゆきのポエトリー・ラジオ・ボックス』パーソナリティ(2004年)
  • NHKラジオ第1放送『ここはふるさと・旅するラジオ』出演(2007年)

外部リンク[編集]