やなせなな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やなせなな
生誕 (1975-07-17) 1975年7月17日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 奈良県
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 2004年 -
レーベル Studio Tabby
公式サイト 公式サイト

やなせ なな(本名:梁瀬 奈々、1975年7月17日 - )は、奈良県出身のシンガーソングライター

2004年シングル『帰ろう。』でデビュー。龍谷大学文学部卒。

概要[編集]

包容力のある、やわらかな歌声が持ち味。30歳で子宮ガン(子宮体癌)を克服した経験と、寺院で生まれ育った僧侶という視点を生かした楽曲を多数制作。生死の苦悩を題材に扱いながらも、命に対するあたたかなまなざしを描き、幅広い層から支持を獲得する。 現在はコンサートの他、講演会活動、エッセイの執筆(YAMAHA会員誌『音遊人』にてエッセイ「やなせななのひだまりの唄」を連載中)や、ラジオ番組のDJとしても活躍。

経歴[編集]

1991年、四天王寺高校(四天王寺中学校・高等学校)に入学。1995年卒業。

1995年、龍谷大学文学部入学。

1999年、同大学を卒業。音楽活動を始める。

2004年6月、シングル『帰ろう。』で全国デビュー。

同年7月より、(株)三晃空調のCMソングに、本人書き下ろしの曲が使われる(関西ローカル)。

同年10月、シングル『街の灯』発売(オリコンインディーズシングルチャート最高18位)。

2005年5月、アルバム『あいのうた』発売。オムニバスCD『カフェミルトンへのサウダージ』に参加(収録曲「遠い約束」)。

同年10月より、京都市コミュニティFM京都三条ラジオカフェにて「やなせななの“ななぽぽラジオ”」(毎週土曜日18:30~)にDJ出演(~2008年1月)。

2006年2月より音楽誌『音遊人』(みゅーじん)(YAMAHA刊)にてエッセイ「やなせななのひだまりの唄」連載開始。

2007年、2007年度滋賀県人権啓発CMソングに、本人書き下ろしの曲が使われる。

同年6月、奈良テレビ放送『エントランスコンサート』に出演。

同年7月、シングル『蝶々/七夕』発売(オリコンインディーズシングルチャート最高17位)。アルバム『遠い約束』発売。

同年7月より、奈良市のコミュニティFM・ならどっとFMにて「やなせななの“夕空メロディ”」(毎週金曜日17:30~)にDJ出演(~2009年3月)。

同年10月より、奈良県王寺町のコミュニティFM・FMハイホーにて「やなせななの“ほのぼのサウンド”」(毎週日曜日17:45~)にDJ出演(~2008年1月)。

2008年3月、朝日新聞(奈良版)の取材に応えて子宮ガン(子宮体癌)だったことを告白。同時期より寺院でのコンサート&トーク活動「歌う尼さん」を本格的に開始する。

同年4月26日、NHK大阪放送局制作『ぐるっと関西プラス』「ぐるっとライブ」に生出演。

同年8月、オリジナル曲「七夕」がニンテンドーDS用ソフト『東京魔人學園剣風帖』のエンディングテーマに起用される。

2009年4月より、オリジナル曲「街の灯」が日本珠算連盟のCMソングに起用される。

2009年10月、アルバム『願い』発売。

2010年3月、華咲山教恩寺(浄土真宗本願寺派)を継ぐ。

2010年4月、自伝エッセイ『歌う。尼さん』(遊タイム出版)刊行。

2010年5月、奈良テレビ放送ゆうドキッ!』に生出演。

2010年6月、毎日新聞(全国版)「ひと」に取り上げられる。

2010年7月22日、NHK奈良放送局ならナビ』にて、その活動が取り上げられ、スタジオ生出演。

2010年8月、全国の仏教系寺院(超宗派)でのコンサート&トーク「歌う尼さん」が100カ所での公演を数える。

2010年9月、読売テレビかんさい情報ネットten!』「ニュース特集」にて、その活動が取り上げられる。

2010年11月、母校龍谷大学校友会より「龍谷奨励賞」を贈られる。

2010年11月~、読売テレビかんさい情報ネットten!』にコメンテーターとして出演(~2011年11月)。

2011年1月、テレビ東京 ミニドキュメント『生きるを伝える』にて、その活動が取り上げられる。

2011年3月、日本テレビNNNドキュメント『歌う尼さん~がん闘病から奏でる命』が放送される。

2011年7~8月、オリジナル曲「街の灯」が曹洞宗のCMソングに起用される(東北ローカル)。

2011年8月、シングル『まけないタオル~東日本大震災支援歌』発売。

2011年8月、朝日新聞(奈良版)『人生あおによし』にて自伝エッセイ(全21回)が連載される。

2011年10月、NHKラジオ第2放送宗教の時間に出演、『歌で伝える仏のこころ』が放送される(その後2012年1月にアンコール放送された)。

2012年3月、ジュスカ・グランペールのアルバム『千年の戀』に参加(収録曲「永久の君」で作詞・歌唱)。

2012年6月、オリジナル曲「春の雪」が曹洞宗東北管区教化センター制作『向き合う 東日本大震災』付録DVD(※非売品)エンディングに起用される。

2012年7月より、エフエム仙台Date fmにて「やなせなな はじまりの日」(毎週月曜日11:30~)にDJ出演。

2012年7月、読売テレビかんさい情報ネットten!』「ニュース特集」にて、その活動が取り上げられる。

2012年7月、BS朝日(ビーエス朝日)『ごごいち!ニュースキャッチ』にて、その活動が取り上げられる(※生出演)。

2012年9月、NHKラジオ第1放送ラジオ深夜便』「明日への言葉」にゲスト出演。

2012年9・10月、NHK Eテレ、『グラン・ジュテ 私が跳んだ日』にて取り上げられる(その後同年12月にアンコール放送された)。

2012年12月、ニンテンドー3DSファンタジーライフ』のエンディングテーマ「きこえるよしあわせの音」を歌唱。

2013年2月、アルバム『春の雪』発売。

2014年11月、エッセイ『ありがとうありがとうさようならさようなら~歌う尼さんの仏さま入門』(さくら舎)刊行。

2015年3月、産経新聞『新・関西笑談』に【心に寄り添う、歌う尼さん(1)~(5)】が掲載される。

2015年4月、文溪堂『5年生の道徳』に「生かされている“今”を大切に」と題して寄稿。

2015年4月20日、NHK奈良放送局ならナビ』「まほろばラウンジ」に生出演。

2015年9月22日、福島中央テレビゴジてれChu!』にて、その活動が取り上げられる。

2016年8月、アルバム『夜が明けるよ』発売。

2016年10月より、奈良市のコミュニティFM・ならどっとFMにて「やなせななの“なないろメロディ”」(毎月第一木曜日15:00~)にDJ出演(~2017年9月)。

2016年11月、CD付き絵本『よるがあけるよ CDブック』(さくら舎)刊行。

2017年11月、やなせななが脚本・企画・音楽を担当した、自主制作短編映画『祭りのあと』を、東京・大阪にて公開(監督・渡辺和徳、主演・大塚まさじ)。

2017年11月20日、NHK奈良放送局ならナビ』「まほろばラウンジ」に出演。

2018年1月5日、NHK Eテレ、『あしたも晴れ!人生レシピ』にて取り上げられる。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 『帰ろう。』(販売終了)(2004年)
  • 『街の灯』(2004年)
  • 『蝶々/七夕』(2007年)
  • 『まけないタオル~東日本大震災復興支援歌』(販売終了)(2011年)
  • 『ひとつの心』(販売終了)(2012年)

アルバム[編集]

  • 『あいのうた』(2005年)
  • 『遠い約束』(2007年)
  • 『願い』(2009年)
  • 『春の雪』(2013年)
  • 『夜が明けるよ』(2016年)

オムニバス[編集]

  • 『カフェミルトンへのサウダージ』「遠い約束」(2005年)

参加作品[編集]

著書[編集]

書籍[編集]

  • 『歌う。尼さん』(遊タイム出版、2010年
  • 『ありがとうありがとうさようならさようなら~歌う尼さんの仏さま入門』(さくら舎、2014年
  • 『よるがあけるよ CDブック』詩・やなせなな、絵・みよこみよこ(さくら舎、2016年

映画[編集]

映画(企画、脚本、音楽)[編集]

ラジオ/CMソング /ゲーム/テレビ[編集]

ラジオレギュラー[編集]

CMソング[編集]

  • 三晃空調(2004年~)

 ※テレビ、ラジオCMソング 書きおろし

  • 滋賀県 人権啓発(2007年)

 ※テレビCMソング 書きおろし

  • 日本珠算連盟(2009年)
    • テレビCMソング「街の灯」
  • 曹洞宗 東北管区教化センター(2011年)
    • テレビCMソング「街の灯」

ゲーム[編集]

テレビ[編集]

外部リンク[編集]