岡部伊都子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡部 伊都子(おかべ いつこ、1923年3月6日 - 2008年4月29日)は、日本随筆家

来歴・人物[編集]

大阪府大阪市出身。相愛高等女学校を病気のため中退。婚約者が沖縄戦で戦死し、戦後すぐ結婚したが7年後に離婚。同人誌『文学室』に参加、谷沢永一は、岡部の才能を最初に認めたのは自分であると書いている(『回想開高健』)。

1954年からラジオ番組に書いた随筆をまとめた「おむすびの味」(56年)で認められる。美術・伝統・自然・歴史・戦争・沖縄・差別・環境問題などのジャンルの著書が多数ある。

主要著作は岩波書店より『岡部伊都子集』(全5巻)や藤原書店より『岡部伊都子作品選・美と巡礼』(全6巻)にそれぞれ収められている。

2008年4月29日肝臓がんの為に逝去。85歳没 。[1]

落合恵子佐高信など愛読者が多く、落合と佐高は『岡部伊都子集』の編著を担当した。

主な著書[編集]

1950年代[編集]

  • 『おむすびの味 正続』 創元社 1956
  • 「いとはんさいなら」 創元社 1957
  • 『蝋涙』 創元社 1957
  • 『言葉のぷれぜんと 』創元社 1958
  • 『白』 新潮社 1959
  • 『十代の質問』 創元社 1959

1960年代[編集]

  • 『いのちの襞』 新潮社 1961
  • 『観光バスの行かない… 埋もれた古寺』 新潮社 1962 のち文庫
  • 『古都ひとり 』新潮社 1963
  • 『花の寺 正続』 淡交新社 1963-65
  • 『風さわぐ かなしむ言葉』 新潮社 1964
  • 『美の巡礼 京都・奈良・倉敷』 新潮社 1965 のち学陽書房女性文庫
  • 『秋篠寺法華寺』 淡交新社 1965
  • 『美のうらみ 』新潮社 1966
  • 『奈良残照の寺』 淡交新社 1966
  • 『京の寺』 保育社カラーブックス 1966
  • 『女人歳時記』 河原書店 1967 のち角川文庫
  • 『美を求める心』 講談社 1967 のち文庫、文芸文庫
  • 『鳴滝日記 』新潮社 1968
  • 『仏像に想う 』梅原猛共著 朝日新聞社 1968 のち講談社現代新書
  • 『水かがみ 』淡交社 1968
  • 『わが心の地図』 創元社 1969

1970年代前半[編集]

  • 『鈴の音』 創元社 1970
  • 『おりおりの心 理想への振子』 大和書房 1970
  • 『女人の京』 新潮社 1970
  • 『列島をゆく』淡交社 1970
  • 『蜜の壷』 創元社 1971
  • 『秋雨前線』 大和書房 1972
  • 『二十七度線 沖縄に照らされて』講談社現代新書 1972
  • 『心象華譜』 新潮社 1972
  • 『御伽草子を歩く』 新潮社 1973
  • 『難波の女人』 講談社 1973
  • 『北白川日誌 』新潮社 1974

1970年代後半[編集]

  • 『四季の菓子』読売新聞社 1975
  • 『あこがれの原初』筑摩書房 1975
  • 『こころをばなににたとえん』 創元社 1975
  • 『玉ゆらめく』新潮社 1975
  • 『京の川』 講談社 1976
  • 『京の手みやげ』新潮社 1976
  • 『紅しぼり』創元社 1976
  • 『小さなこだま』創元社 1977
  • 『小さないのちに光あれ 花のすがた』創元社 1977
  • 『小さないのちに光あれ』大和書房 1978
  • 『女人無限』 創元社 1979
  • 『暮しの絵暦』 創元社 1979
  • 『ふしぎなめざめにうながされて』 大和書房 1979
  • 『暮しのこころ』 創元社 1979

1980年代[編集]

  • 『自然の象』 創元社 1980
  • 『鬼遊び』 筑摩書房 1981
  • 『野の寺山の寺』 新潮社 1981
  • 『あしかびのいのち』 PHP研究所 1981
  • 『心のふしぎをみつめて』 筑摩書房 1982(ちくま少年図書館)
  • 『野菜のこよみ・くだものの香り』 創元社 1982
  • 『シカの白ちゃん』 筑摩書房 1983
  • 『紅のちから』 大和書房 1983
  • 『みほとけ・ひと・いのち』 法藏館 1984
  • 『京の地蔵紳士録』 淡交社 1984
  • 『上方風土とわたくしと』 大阪書籍 1984
  • 『賀茂川のほとりで』(全4巻)毎日新聞社 1985-90
  • 『優しい出逢い』 海竜社 1985
  • 『風ありて 伊都子短章』 創元社 1986
  • 『いのち明かり』 大和書房 1987
  • 『伊都子南島譜』 海風社 1988
  • 『お話ひとこと』 冬樹社 1988
  • 『言の葉かずら』 冬樹社 1989

1990年代[編集]

  • 『うぐいす生きて』 孔芸荘 1990
  • 『露きらめく 伊都子短章』 創元社 1991
  • 『ひとを生きる』 海竜社 1992
  • 『生きるこだま』 岩波書店 1992 のち現代文庫
  • 『沖縄からの出発 わが心をみつめて』 講談社現代新書 1992
  • 『こころからこころへ 2巻』 弥生書房 1993-94
  • 『夢をつらねる』 毎日新聞社 1994
  • 『出会うこころ』 淡交社 1994
  • 『朱い文箱から』 岩波書店 1995
  • 『流れゆく今』 河原書店 1996
  • 岡部伊都子集』全5巻 岩波書店 1996.5
  • 『沖縄の骨』 岩波書店 1997
  • 『こころ花あかり』 海竜社 1998
  • 『水平へのあこがれ』 明石書店 1998
  • 『能つれづれこころの花』 檜書店 1999
  • 『未来はありますか おもいを語る』 昭和堂 1999

2000年代[編集]

  • 『思いこもる日々』藤原書店 2000
  • 『京色のなかで』藤原書店 2001
  • 『弱いから折れないのさ』藤原書店 2001
  • 『賀茂川日記』 藤原書店 2002
  • 『朝鮮母像』 藤原書店 2004
  • 『まごころ』 哲学者と随筆家の対話 鶴見俊輔共著 藤原書店 2004
  • 岡部伊都子作品選・美と巡礼』 全5巻 藤原書店 2005
  • 『みほとけとの対話』 淡交社 2005
  • 『遺言のつもりで 伊都子一生語り下ろし』藤原書店 2006
  • 『ハンセン病とともに』藤原書店 2006
  • 『伊都子の食卓』 藤原書店 2006
  • 『清らに生きる 伊都子のことば』 藤原書店 2007

脚注[編集]