ザイロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザイロンの構造式。単位構造はパラフェニレンベンゾビスオキサゾールである

ザイロン (Zylon) は、合成繊維商品名

2007年時点における有機系繊維の中では最高レベルの引張強度・弾性率を持つ繊維であり、ボディアーマー(防弾チョッキ)、コンクリート補強材、卓球ラケットF1ドライバーのヘルメットのバイザーシールドなどに幅広く使用されている。

正式にはポリパラフェニレンベンゾビスオキサゾール (poly p-phenylenebenzobisoxazole) という物質であるが、一般にはザイロン (Zylon®) の商品名で知られている。ケブラーに比べて2倍の強度を持ち、弾性率、650°C高い分解温度、難燃性を持っている。

光や熱、湿気にさらされると想定より劣化が早まる性質があることから、2003年にはザイロン使用防弾チョッキの劣化が問題視され、アメリカマサチューセッツ州にて東洋紡とセカンドチャンス社に対しての訴訟が起こされた。東洋紡との間では最終的に和解が成立したが、セカンドチャンス社は倒産した。

関連項目[編集]