中井励作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中井励作

中井 励作(なかい れいさく、1879年明治12年)1月3日[1]1968年昭和43年)2月18日[2])は、農商務官僚商工官僚。実業家。

経歴[編集]

熊本県出身。第五高等学校を経て、1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]。翌年より農商務試補、山林局事務官、水産局書記官、広島大林区署長、高知大林区署長、東京大林区署長、大臣官房文書課長、会計課長、特許局長、山林局長を歴任した[1]1924年大正13年)、農商務次官に就任し、同年末に製鉄所長官に転じた。1934年(昭和9年)、製鉄所が日本製鉄株式会社に改組されると初代社長に就任し、1939年(昭和14年)まで在任した[3]

著書[編集]

  • 『鉄と私 半世紀の回想』(鉄鋼と金属社、1956年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版(下)』 人事興信所、1939年
  • 『昭和物故人名録』 日外アソシエーツ、1983年