小森慶助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小森 慶助(こもり けいすけ、1868年3月19日慶応4年2月26日[1])- 1942年(昭和17年)5月21日)は、日本教育者官僚

経歴[編集]

鹿児島県出身。東京高等師範学校卒業後、兵庫県尋常中学校(姫路中学校)長、神奈川県尋常中学校(横浜一中学校)長を経て、1899年に神奈川県視学官に任命された[2]。 その後、兵庫県視学官、文部省視学官という教育行政の要職を歴任するが、1914年5月28日から1918年5月27日(一期)まで静岡市長を務めた[3]

市長退任後は、甲南高等学校の初代校長(1923年-1924年)、1935年には神港中学校長を務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「小森慶助静岡県静岡市長ニ就任ノ件」
  2. ^ 『朝日新聞』(東京)「小森慶助氏」(1942年5月22日)
  3. ^ 同上
  4. ^ 同上

参考文献[編集]

  • 内閣「小森慶助静岡県静岡市長ニ就任ノ件」大正3年。国立公文書館 請求番号:任B00711100