井岡大治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井岡大治
いおか だいじ    
生年月日 1914年5月4日
没年月日 (1993-06-27) 1993年6月27日(79歳没)
所属政党 日本社会党

選挙区 大阪2区
当選回数 9回
在任期間 1955年 - 1983年
テンプレートを表示

井岡 大治(いおか だいじ、1914年5月4日 - 1993年6月27日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員(9期)。

経歴[編集]

大阪府出身。1929年大阪市電気局に入る。戦後の1945年大阪交通労組執行委員長に就任。同時に大阪市労組連合会執行委員長も兼務した。1955年第27回衆議院議員総選挙では大阪2区から左派社会党公認で立候補して初当選した。党内では大阪府連委員長や両院議員総会会長などを務めた。

新東京国際空港(現・成田国際空港)開港を妨害を目的とした一坪地主であったが[1]、開港後に反対同盟北原鉱治のもとを實川清之とともに訪れ、岩手の農協施設のポストをあてがうことなどを条件に成田空港問題三里塚闘争の幕引きを図るが物別れに終わる[2]。なお、井岡は1966年全日空羽田沖墜落事故直後の衆議院本会議で「新しく航空路線を開発するために東京周辺に空港を置くべきでない。東京周辺は御承知のように非常に混乱をいたしております。したがって、富里成田市の隣接し、当初の空港建設予定地であった)に第二空港を建設されようといたしておりますが、地元の住民は八五%まで反対をいたしております。昨日も県庁で、住民の方々が御陳情なさったことは御存じのとおりであります。(友納武人)千葉県知事は、政府のこの処置に対して不満を表明されております。したがって、私は、東京周辺に第二空港を設けるべきでない」と訴え、更に遠隔地での空港建設を訴えていた[3]

1983年第37回衆議院議員総選挙には出馬せず引退した(後継者は左近正男)。1993年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。
  2. ^ 北原鉱治『大地の乱 成田闘争―三里塚反対同盟事務局長の30年』 お茶の水書房、1996年、130-131頁。
  3. ^ 衆議院会議録情報 第015回国会 本会議 第14号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。