静岡県警察部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

静岡県警察部(しずおかけんけいさつぶ)は、戦前の内務省監督下の静岡県が設置した府県警察部であり、静岡県内を管轄区域とする。

1948年(昭和23年)3月6日に廃止となり、静岡県警察部は国家地方警察静岡県本部静岡市警察などの自治体警察に再編されることになった。

沿革[編集]

  • 1876年(明治9年)4月 静岡県庁に第四課を設置。
  • 1876年(明治9年)8月 浜松県を編入。
  • 1880年(明治13年)4月 静岡県警察本署に改称。
  • 1886年(明治19年)7月 静岡県警察本部に改称。
  • 1890年(明治23年)10月 静岡県警察部に改称。
  • 1905年(明治38年)4月 静岡県第四部に改称。
  • 1907年(明治40年)7月 静岡県警察部に改称。
  • 1928年(昭和3年)7月 特別高等課(特別高等警察)を設置。
  • 1945年(昭和20年)7月 沼津大空襲が起きる。
  • 1945年(昭和20年)10月 特別高等警察が廃止。
  • 1946年(昭和21年)1月 公安課(公安警察)を設置。

組織[編集]

1927年(昭和2年)時点

  • 警務課
  • 高等警察課
  • 保安課  
  • 刑事課
  • 衛生課
  • 工場課

警察署[編集]

1927年(昭和2年)時点

  • 静岡警察署
  • 清水警察署
  • 藤枝警察署
  • 島田警察署
  • 沼津警察署
  • 御殿場警察署
  • 吉原警察署
  • 大宮警察署
  • 三島警察署
  • 伊東警察署
  • 大仁警察署
  • 熱海警察署
  • 下田警察署
  • 松崎警察署
  • 浜松警察署
  • 新居警察署
  • 気賀警察署
  • 見付警察署
  • 森町警察署
  • 二俣警察署
  • 水窪警察署
  • 掛川警察署
  • 金谷警察署
  • 川崎警察署
  • 堀之内警察署
  • 清水水上警察署

歴代部長[編集]

歴代部長[1]
官職名 氏名 就任日 退任日 前職 後職 備考
1 警部長
警察本署長
香取新之助 1882年1月25日 1883年1月20日 静岡県警部 四等警視兼一等警察使
2 山下秀実 1883年1月20日 1884年7月14日 四等警視兼一等警察使 熊本県警部長
3 諏訪棣 1884年7月14日 1886年7月20日 四等警視兼一等警察使 -
警部長
警察本部長
1886年7月20日[2] 1886年8月12日 - 茨城県真壁郡
4 相原安次郎 1886年8月12日 1890年10月13日 非職茨城県大書記官 -
警部長
警察部長[3]
1890年10月13日 1898年7月27日 - 静岡県書記官
5 川上親義 1898年7月27日 1899年2月15日 茨城県警部長 宮崎県警部長
6 久保田政周 1899年2月15日 1899年8月12日 福島県警部長 山口県警部長
7 天野三郎 1899年8月12日 1900年9月4日 非職山梨県警部長 千葉県警部長
8 有川貞壽 1900年9月4日 1903年6月12日 千葉県警部長 福岡県警部長
9 安河内麻吉 1903年6月12日 1905年4月19日 島取県警部長 愛知県事務官・第四部長
10 事務官
第四部長
警務長
小野木源次郎 1905年4月19日[4] 1906年7月28日 愛知県警部長 広島県事務官・第四部長
11 藤崎虎二 1906年7月28日 1907年7月13日 長野県事務官・第四部長 -
事務官
警察部長
警務長
1907年7月13日[5] 1908年6月12日 - 京都府事務官・警察部長
12 龍岡篤敬 1908年6月12日 1911年7月4日 千葉県事務官・警察部長 依願免本官
13 岩井敬太郎 1911年7月4日 1913年6月13日 宮崎県事務官・警察部長 青森県内務部長
14 警察部長 小林一男 1913年6月13日[6] 1915年1月8日 警視庁警視 宮崎県警察部長
15 伊東喜八郎 1915年1月8日 1917年1月29日 宮崎県警察部長 滋賀県内務部長
16 斎藤宗宜 1917年1月29日 1918年1月14日 山形県警察部長 宮城県警察部長
17 豊田勝蔵 1918年1月14日 1919年4月24日 秋田県警察部長 台湾総督府警務官
18 古宇田晶 1919年4月24日 1921年2月12日 宮崎県警察部長 愛知県警察部長
19 辛島知己 1921年2月12日 1922年6月17日 山梨県警察部長 静岡県内務部長
20 堀田鼎 1922年6月17日 1923年10月27日 千葉県理事官 茨城県内務部長
21 村松武美 1923年12月27日 1924年6月27日 新潟県理事官 宮城県警察部長
22 坂本暢 1924年6月27日 1924年12月20日 岐阜県警察部長 -
書記官
警察部長
1924年12月20日[7] 1925年9月17日 - 岩手県書記官・内務部長[8]
23 毛利文治 1925年9月17日 1926年9月28日 長崎県書記官・警察部長 島根県書記官・内務部長[9]
24 横山正 1926年9月28日 1927年5月17日 山口県書記官・警察部長 休職
25 福邑正樹 1927年5月17日 1928年1月10日 埼玉県書記官・警察部長 和歌山県書記官・内務部長[10]
26 金森太郎 1928年1月10日 1929年7月8日 休職茨城県書記官[11] 福島県書記官・内務部長[12]
27 梅津芳三 1929年7月8日 1930年1月11日 山梨県書記官・警察部長 依願免本官
28 中村恒三郎 1930年1月11日 1931年6月27日 福岡県書記官・警察部長 和歌山県書記官・内務部長[13]
29 纐纈弥三 1931年6月27日 1931年12月24日 休職茨城県書記官[14] 三重県書記官・警察部長
30 藤岡長敏 1931年12月24日 1932年6月30日 鹿児島県書記官・警察部長 北海道庁部長・警察部長
31 歌田千勝 1932年6月30日 1935年1月19日 石川県書記官・警察部長 広島県書記官・警察部長
32 橋本清吉 1935年1月19日 1936年4月25日 警視庁刑事部長 内務書記官・警保局警務課長
33 山内逸造 1936年4月25日 1937年6月16日 埼玉県書記官・警察部長 内務事務官兼内閣総理大臣秘書官
34 生悦住求馬 1937年6月16日 1938年7月2日 茨城県書記官・警察部長 内務書記官・土木局港湾課長
35 西広忠雄 1938年7月2日 1940年4月10日 長野県書記官・警察部長 内務書記官・計画局防空課長
36 桂定治郎 1940年4月10日 1940年7月26日 岡山県書記官 警察講習所教授兼内務書記官
37 柘植文雄 1940年7月26日 1942年7月7日 茨城県書記官・警察部長 新潟県書記官・警察部長
38 市来鉄郎 1942年7月7日 1942年11月1日 大政翼賛会総務局庶務課長
兼人事部長
-
部長
警察部長
1942年11月1日[15] 1943年8月11日 - 神祇院調査官兼内務書記官
39 西村直己 1943年8月11日 1944年8月2日 内務事務官 情報局情報官
40 岩沢博 1944年8月2日 1945年10月13日 警視庁部長・消防部長 休職
41 高浜淳 1945年10月13日 1945年10月27日 - - 兼任・本務:静岡県内政部長
42 古屋久雄 1945年10月27日 1946年4月1日 地方副参事・東京都勤務 -
地方事務官
警察部長
1946年4月1日[16] 1946年7月13日 - 静岡県内務部長
43 中川淳 1946年7月13日 1947年2月24日 鹿児島県警察部長 内務省警保局教養課長
44 吉岡恵一 1947年2月24日 1948年3月6日 内務省地方局総務課長 国家消防庁監理局長

主な事件[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『静岡県警察史 上巻』1357-1358頁、『静岡県警察史 下巻』1198-1199頁。『官報』により訂正、加筆。
  2. ^ 地方官官制(明治19年7月20日勅令第54号)
  3. ^ 地方官官制(明治23年10月11日勅令第225号)
  4. ^ 『官報』第6538号、明治38年4月20日。
  5. ^ 『官報』第7212号、明治40年7月15日。
  6. ^ 『官報』第262号、大正2年6月14日。
  7. ^ 『官報』第3701号、大正13年12月22日。
  8. ^ 『官報』第3925号、大正14年9月22日。
  9. ^ 『官報』第4232号、大正15年10月1日。
  10. ^ 『官報』第309号、昭和3年1月12日。
  11. ^ 『官報』第308号、昭和3年1月11日。
  12. ^ 『官報』第759号、昭和4年7月11日。
  13. ^ 『官報』第1349号、昭和6年6月30日。
  14. ^ 『官報』第1348号、昭和6年6月29日。
  15. ^ 『官報』第4744号、昭和17年11月2日。
  16. ^ 地方官官制(大正15年6月4日勅令第147号)の東京都官制中改正等ノ件(昭和21年4月1日勅令第220号)による改正に伴い地方事務官となる。

参考文献[編集]

  • 静岡県警察史編さん委員会編『静岡県警察史 上巻』静岡県警察本部、1978年。
  • 静岡県警察史編さん委員会編『静岡県警察史 下巻』静岡県警察本部、1979年。

関連項目[編集]