特別警備隊 (警視庁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
特別警備隊

特別警備隊(とくべつけいびたい)は、1933年昭和8年)から1944年(昭和19年)まで、警視庁に設置されていた警備部隊である。現在の警視庁機動隊に相当する。

概要[編集]

昭和に入り桜田門事件血盟団事件五・一五事件など、大きな社会不安を生じさせるテロ事件が続発したことから、同様の事件に対処する目的で昭和8年10月1日訓令甲第85号に基づき創設された。近代日本の警察において、常設の部隊としては初の集団警備組織であった。

隊員は、勤務成績の良い柔道剣道の有者から選抜され、人員は307名(警視(隊長)1名、警部6名、警部補14名、巡査部長26名、巡査260名)であり、本部[1]及び四個中隊で編制された。装備は一般の警察官サーベルを佩用)とは異なり、拳銃短剣警杖を携帯していた。行幸啓警衛国葬大衆運動警備災害時の救助活動[2]等に従事して集団警備力を発揮し、「昭和の新選組」、「警察の華」の通称で警察内部及び市民から頼りにされた。

しかし、1936年(昭和11年)2月26日に起きた二・二六事件では、陸軍反乱部隊が機関銃など圧倒的な火力を有していたことから抵抗することができなかった。首相官邸襲撃の報を受け1個小隊が緊急出動したものの、官邸近くで反乱部隊に阻止されて武装解除されてしまい、本部も警視庁本庁舎とともに野中四郎陸軍大尉の指揮する約500名の反乱部隊[3]の急襲を受けて占拠されてしまった。

1936年(昭和11年)7月25日に上野動物園からクロヒョウが脱走した事件では、2個中隊が出動し、朝日新聞に「新撰組二個中隊出動」と報じられている。

昭和19年4月12日勅令第243号により主要な府県警備隊が設置されることとなり、同年4月21日付で警視庁警備隊が発足し、特別警備隊はこれに発展的に解消して廃止された。

装備[編集]

拳銃を構える特別警備隊

個人装備[編集]

部隊装備[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1934年(昭和9年)3月25日、警視庁本部中庭に庁舎が完成した。
  2. ^ 1938年(昭和13年)の台風による麻布地区土砂崩れ災害等。
  3. ^ 落語家5代目柳家小さんや後の埼玉県知事畑和も参加していた。

参考文献[編集]

  • 『警視庁史 昭和前編』、警視庁史編さん委員会 1962年
  • 『警視庁百年の歩み』、警視庁創立100年記念行事運営委員会 1974年
  • 永峯正義『この剛直な男たち 警視庁機動隊30年のあゆみ』、立花書房 1978年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]