中村恒三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 恒三郎(なかむら つねさぶろう、1886年明治19年)12月[1] - 没年不詳)は、日本内務官僚弁護士

経歴[編集]

東京府出身。中村常吉の四男[1]1916年大正5年)、京都帝国大学法科大学英法科を卒業した[2]岡山県属、福島県西白河郡長、和歌山県理事官秋田県理事官、熊本県理事官、鳥取県書記官、秋田県書記官・警察部長、広島県書記官・警察部長福岡県書記官・警察部長静岡県書記官・警察部長、和歌山県書記官・内務部長、高知県書記官・内務部長、神奈川県書記官・総務部長、京都府書記官・総務部長を歴任し、1937年(昭和12年)に退官した[2][3]

退官後は京都帝国大学書記官、川崎市助役を務めた[4]。その後、弁護士を開業した[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十二年版』日本官界情報社、1937年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』人事興信所、1941年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。 
  • 人事興信所 編 『人事興信録 第19版 下』人事興信所、1957年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3022520