西千石町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 西千石町
西千石町
大久保利通像[1]
北緯31度35分16.6秒 東経130度32分51.4秒 / 北緯31.587944度 東経130.547611度 / 31.587944; 130.547611座標: 北緯31度35分16.6秒 東経130度32分51.4秒 / 北緯31.587944度 東経130.547611度 / 31.587944; 130.547611
日本の旗 日本
都道府県 鹿児島県の旗 鹿児島県
市町村 Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg 鹿児島市
地域 中央地域
地区 中央地区
人口
2020年10月1日現在)
 • 合計 2,321人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
892-0847
市外局番 099
ナンバープレート 鹿児島
運輸局住所コード 46500-0317[2]

西千石町(にしせんごくちょう[3])は、鹿児島県鹿児島市[4]。旧鹿児島府下西千石馬場町鹿児島市西千石馬場町郵便番号は892-0847[5]。人口は2,321人、世帯数は1,493世帯(2020年10月1日現在)[6]1963年(昭和38年)より西千石町の全域で住居表示を実施している[7]

地理[編集]

鹿児島市の中心部、甲突川下流域に位置している。町域の北方には平之町照国町、南方には加治屋町山之口町、西方には西田、東方には東千石町が接している。

町域の北端を鹿児島県道24号鹿児島東市来線が東西に通っており、南端には鹿児島県道21号鹿児島中央停車場線が東西に通っている。以前は加治屋町電停より鹿児島市電伊敷線が分岐していたが、1985年(昭和60年)に廃止となった。西端には甲突川が流れており、町域の南東部にあるライオンズ公園には1979年昭和54年)に除幕された大久保利通像がある[1]。東部には鹿児島市立山下小学校が所在している。

町名の由来[編集]

西千石町の「千石」はかつて一帯に千以上の所領をもつ上級武士の屋敷が多くあったことに由来しており[1]鹿児島城(鶴丸城)を中心として千石を東西に分けた西側に位置していたことに由来する[8]

歴史[編集]

江戸時代は鹿児島城下の士屋敷であり、主に上級武士の居住地域であった。明治初期に鹿児島県鹿児島府下の西千石馬場町となった[4]

1888年(明治21年)に公布された市制(明治21年法律第1号)に基づき、1889年(明治22年)2月2日に官報に掲載された「Wikisource-logo.svg 市制施行地」(内務省告示第1号)によって鹿児島が市制施行地に指定された[9]3月5日には鹿児島県令第26号によって鹿児島郡のうち50町村が市制による鹿児島市の区域と定められ[10]4月1日市制が施行されたのに伴い、鹿児島郡50町村(山下町、平之馬場町、新照院通町、長田町、冷水通町、上竜尾町、下竜尾町、池之上町、鼓川町、稲荷馬場町、清水馬場町、春日小路町、車町、恵美須町、小川町、和泉屋町、浜町、向江町、栄町、柳町、易居町、中町、金生町、東千石馬場町、西千石馬場町、汐見町、泉町、築町、生産町、六日町、新町、松原通町、船津町、呉服町、大黒町、堀江町、住吉町、新屋敷通町、加治屋町、山之口馬場町、樋之口通町、薬師馬場町、鷹師馬場町、西田町、上之園通町、高麗町、下荒田町、荒田村、西田村、塩屋村)の区域より鹿児島市が成立した[10]。それまでの西千石馬場町は鹿児島市の町名「西千石馬場町」となり[4]、その後1899年(明治32年)には馬場の字を町名から削除し「西千石町」に改称した[4]

1963年昭和38年)9月11日には西千石町の全域で住居表示が実施された[11][7]

人口[編集]

資料統計[編集]

統計年次〔年〕 世帯数〔世帯〕 総人口〔人〕 備考
明治10年代 604 - [4]
1908年(明治41年) 371 1,731 [4]
1922年(大正11年) 559 3,389 [4]
1935年(昭和10年) 635 3,490 [4]

国勢調査[編集]

以下の表は国勢調査による小地域集計が開始された1995年以降の人口の推移である。

人口推移
人口
1995年(平成7年)[12]
1,620
2000年(平成12年)[13]
1,547
2005年(平成17年)[14]
1,885
2010年(平成22年)[15]
2,278
2015年(平成27年)[16]
2,259
2020年(令和2年)[6]
2,321

施設[編集]

教育[編集]

寺社[編集]

  • 大中寺

商業[編集]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[18]

町丁 小学校 中学校
西千石町 全域 鹿児島市立山下小学校 鹿児島市立甲東中学校

交通[編集]

道路[編集]

主要地方道
市道
  • 天神馬場通り
  • 柿本寺通り

著名な出身人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 児島佳代子, 上柿元大輔 & 福森三南美 2014.
  2. ^ 自動車登録関係コード検索システム”. 国土交通省. 2021年4月26日閲覧。
  3. ^ 鹿児島市の町名”. 鹿児島市. 2020年11月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1983, p. 496.
  5. ^ 鹿児島県鹿児島市西千石町の郵便番号”. 日本郵便. 2020年12月12日閲覧。
  6. ^ a b 国勢調査 令和2年国勢調査小地域集計 (主な内容:基本単位区別,町丁・字別人口など)46:鹿児島県”. 総務省統計局 (2022年2月10日). 2022年2月10日閲覧。
  7. ^ a b 永井隆治 (1963年9月5日). “市政だより”. 鹿児島市. 2020年8月5日閲覧。
  8. ^ 木脇栄 1976, p. 89.
  9. ^ 市制施行地(明治22年内務省告示第1号、明治22年2月2日、Wikisource-logo.svg 原文
  10. ^ a b 鹿児島市史編さん委員会 1970, p. 3.
  11. ^ 鹿児島市史編さん委員会 1970, p. 742.
  12. ^ 国勢調査 / 平成7年国勢調査 小地域集計 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2021年1月31日閲覧。
  13. ^ 国勢調査 / 平成12年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2021年1月31日閲覧。
  14. ^ 国勢調査 / 平成17年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2021年1月31日閲覧。
  15. ^ 国勢調査 / 平成22年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2021年1月31日閲覧。
  16. ^ 国勢調査 / 平成27年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2021年1月31日閲覧。
  17. ^ 鹿児島市立山下小学校”. 鹿児島市立山下小学校. 2020年12月12日閲覧。
  18. ^ 小・中学校の校区(学区)表”. 鹿児島市役所. 2020年9月26日閲覧。
  19. ^ 殿堂入りリスト”. 公益財団法人野球殿堂博物館. 2020年12月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 鹿児島市史編さん委員会 (1970年3月25日), “鹿児島市史Ⅱ” (日本語), 鹿児島市史 (鹿児島市) 2, http://www.city.kagoshima.lg.jp/kikakuzaisei/kikaku/seisaku-s/shise/shokai/shishi/kagoshima-03.html , Wikidata Q111372706
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 (1983年3月1日), “角川日本地名大辞典 46 鹿児島県” (日本語), 角川日本地名大辞典 (日本: 角川書店) 46, ISBN 978-4-04-001460-9 , Wikidata Q111291392
  • 木脇栄 『かごしま市史こばなし』1976年。 
  • 児島佳代子、上柿元大輔、福森三南美「ふるさと新聞 西千石町版」『南日本新聞』、2014年7月1日、20面。

関連項目[編集]