中央港新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 中央港新町
中央港新町
—  町丁  —
町域内の全景
中央港新町の位置(鹿児島県内)
中央港新町
中央港新町
座標: 北緯31度32分10秒 東経130度33分6秒 / 北緯31.53611度 東経130.55167度 / 31.53611; 130.55167
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 中央地域
地区 鴨池地区
面積
 - 計 0.103km2 (0mi2)
人口 (2011年(平成23年)4月1日現在)
 - 計 0人
 - 人口密度 0人/km² (0人/mi²)
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 890-0074

座標: 北緯31度32分10秒 東経130度33分6秒 / 北緯31.53611度 東経130.55167度 / 31.53611; 130.55167

マリンポート鹿児島の全体図
濃緑 → 1工区1期
黄緑 → 1工区2期
薄緑 → 2工区
青 → 鹿児島湾などの水域

中央港新町(ちゅうおうこうしんまち[1] Chūōkō-shinmachi)は、鹿児島県鹿児島市町名郵便番号は890-0076。町域全体が人工島上にあり、マリンポートかごしまと呼ばれる湾港施設がある。人口は0人、世帯数は0世帯(2009年9月末現在)[2]。面積は現在は24.0ha[3]

地理[編集]

鹿児島市南部、脇田川河口部に位置し、町域全体が鹿児島湾上に埋め立てられた埋立地であり、現在は主に大型客船専用の湾港施設として利用されている。町域の西方に宇宿が接している他はすべてを鹿児島湾に面している。計画としては現在供用されている1期1工区及び1期2工区と2期から構成されるが、2期の埋め立て工事着手は未定となっている。

現在の区画は1期1工区と1期2工区である。また、利用時間終了後は入口が閉鎖されるため町域内に立ち入ることができない。現在町域内には休憩所兼案内所及び公園、駐車場がある他は湾港施設で占めている。

歴史[編集]

1990年(平成2年)に鹿児島県総合基本計画に「大型観光船ふ頭の整備等」として計画され、翌年1991年(平成3年)に鹿児島県と鹿児島市共同で「鹿児島港ウォーターフロント開発基本計画」として策定される。

その後2007年(平成19年)3月に1期1工区の埋め立てが完了、同年7月10日にマリンポートかごしまの全域に鹿児島市の町名「中央港新町」が新設され[4][5]、同年9月に供用を開始した[6]。 また、2016年(平成28年)7月18日に1期2工区の整備が完了した[7]

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
中央港新町 2007年平成19年)7月10日 公有水面埋立地

施設[編集]

公共

交通[編集]

道路[編集]

  • 鹿児島港臨港道路

湾港[編集]

  • マリンポートかごしま(基本的に大型客船専用)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「中央港新町」を新設 - 鹿児島市公式ウェブサイト 2011年4月15日閲覧。
  2. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ。
  3. ^ マリンポートかごしまの概要 (PDF) - 鹿児島県公式ウェブサイト 2011年4月15日閲覧。
  4. ^ 『鹿児島市史 Ⅴ』p.1224 - 鹿児島市
  5. ^ 「中央港新町」を新設 - 鹿児島市 2011年9月19日閲覧。
  6. ^ マリンポートかごしま計画の経緯 - 鹿児島県ホームページ
  7. ^ マリンポートかごしま1期完工 芝生広場の利用開始 - 南日本新聞 2016年7月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]