易居町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 易居町
易居町
—  町丁  —
鹿児島市役所みなと大通り別館(旧:南日本新聞社本社ビル)
易居町の位置(鹿児島県内)
易居町
易居町
座標: 北緯31度35分49.8秒 東経130度33分35.1秒 / 北緯31.597167度 東経130.559750度 / 31.597167; 130.559750
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 中央地域
地区 上町地区
人口 (2010年(平成22年)2月末現在)
 - 計 1,133人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 892-0815

易居町(やすいちょう Yasui-Chō)は、鹿児島県鹿児島市町名郵便番号は892-0815。人口は1,133人、世帯数は628世帯(2010年2月末現在)[1]。全域で住居表示を実施している。

易居町という町名は、手狭となった城下町を拡張するために住宅地として埋め立てられたこの地を「新地」と呼び、住み易い新地であると言われていたことに由来する[2]

地理[編集]

鹿児島市の中央部に位置する。北方には小川町、北方から西方にかけては山下町、南方には名山町、東方には本港新町にそれぞれ接している。

2001年まで南日本新聞社の本社が所在し、本社屋が鹿児島市与次郎へ移転した後は鹿児島市役所みなと大通り別館として使用されている。また、MBC南日本放送(旧・ラジオ南日本)の演奏所も1953年の開局当初は同紙の社屋に同居していた。

歴史[編集]

1872年(明治5年)以降に易居町の区域が埋め立てられたとされ、1878年明治11年)の「薩隅日三国大小区郷村町」には易居町の名が見え、鹿児島府下下町のうちであった[3]

1889年(明治22年)に市制が施行されたのに伴い、鹿児島市の町名「易居町」となった。1965年(昭和40年)には易居町の一部が名山町に分割され、同時に生産町の一部を易居町に編入した[3]。また、易居町の全域で住居表示が実施された[4]

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
名山町 1965年昭和40年) 易居町の一部
易居町の一部 生産町の一部

施設[編集]

公共
  • 鹿児島市役所みなと大通り別館
  • 鹿児島市中央消防署名山分遣隊
  • みなと大通り公園
寺院
温泉
天然温泉で湧かし直し無の1階銭湯営業かごっま温泉電車バスマイカー公共交通での利便性も良。

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

町丁 番・番地 小学校 中学校
易居町 全域 鹿児島市立名山小学校 鹿児島市立長田中学校

交通[編集]

道路[編集]

県道

鉄道[編集]

鹿児島市交通局

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 Archived 2010年6月9日, at the Wayback Machine. - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 『かごしま市史こばなし』 p.88 - 木脇 栄、1976年
  3. ^ a b 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.630
  4. ^ 『鹿児島市史 第三巻』 p.742 - 鹿児島市 1972年
  5. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度35分49.8秒 東経130度33分35.1秒