西谷山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 西谷山
西谷山
—  町丁  —
鹿児島県立開陽高等学校
西谷山の位置(鹿児島県内)
西谷山
西谷山
座標: 北緯31度31分24秒 東経130度30分28秒 / 北緯31.52333度 東経130.50778度 / 31.52333; 130.50778
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 谷山地域
地区 谷山地区
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 891-0117

西谷山(にしたにやま Nishi-Taniyama)は、鹿児島県鹿児島市町名。西谷山一丁目及び西谷山二丁目があり、西谷山一丁目及び西谷山二丁目の全域で住居表示を実施している。郵便番号は891-0117。

地理[編集]

鹿児島市の南部、木之下川の中流域に位置している。町域の北方から西方にかけて上福元町、南方には谷山中央七丁目及び谷山中央六丁目、西方には下福元町、南西端に慈眼寺町、東方には谷山中央八丁目がそれぞれ接している。

町域の北端を鹿児島県道20号鹿児島加世田線が東西に通っており、南端の谷山中央との境界上を九州旅客鉄道指宿枕崎線が通っている。

中央部に鹿児島県立開陽高等学校及び鹿児島県立鹿児島盲学校、北部には谷山善き牧者幼稚園、鹿児島市高齢者福祉センター谷山、谷山第二中央公園、南部には西谷山保育園が所在している。

歴史[編集]

前史[編集]

現在の西谷山の区域は昭和前期までは水田が広がっていたが、1942年昭和17年)に鹿児島市郡元町(現在の鴨池新町)で航空機の部品製造を行っていた田辺航空工業の本社及び本社工場(約1万坪)が建設され、付近には従業員の社宅による田辺集落が形成されていた[1]

1945年昭和20年)8月6日に田辺航空工業を標的とした空襲が行われ工場が全壊し、終戦後は平和産業への切り替え及び社名を新生工業に改称するが1951年昭和26年)に事業を閉鎖した[1]

1949年昭和24年)12月に田辺航空工業の工場事務所跡に善き牧者の愛徳聖母修道会により児童養護施設である愛の聖母園が設置された[2][3]

1958年昭和33年)1月には鹿児島市鴨池町にあった鹿児島県立農業試験場が田辺地区に移転した[4]。敷地総面積は2,182.7アールであり、主に水田が437アール、畑が594アールであった[5]2006年平成18年)に谷山に設置されていた鹿児島県立農業試験場は廃止され[4]日置市吹上町和田にある鹿児島県立農業大学校敷地内に農業開発総合センターとして改組され移転した。

1997年平成9年)度より谷山第二地区土地区画整理事業として現在の西谷山及び谷山中央八丁目、上福元町の一部、下福元町の一部を区域とした72.9haの区域について土地区画整理事業に着手し、2016年平成28年)に事業施行が完了する予定である[6]。また、西谷山の区域の全域及び谷山中央八丁目の一部が2010年平成22年)に谷山文教・福祉地区に指定されており、谷山地域における文教・福祉施設の拠点として位置づけられた[7]

2003年平成15年)に単位制高校である鹿児島県立開陽高等学校が下伊敷より移転し、2011年平成23年)4月には鹿児島県立鹿児島盲学校が下伊敷より移転している[8]

町名としての西谷山[編集]

2014年平成26年)2月17日に谷山第二地区土地区画整理事業の事業区域の一部で谷山第二地区(第一期)として住居表示が実施され、上福元町及び下福元町の一部(谷山第二地区のうち惣福森山線より西側、御所下和田名線より東側の区域)より西谷山一丁目及び西谷山二丁目が設置された[9]

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
西谷山一丁目及び西谷山二丁目 2014年平成26年) 上福元町及び下福元町の各一部

施設[編集]

鹿児島県立鹿児島盲学校
公共
  • 南部保健センター
  • 南部親子つどいの広場
  • 鹿児島市高齢福祉センター谷山
  • 谷山第二中央公園
教育

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[10]

町丁 街区(番) 小学校 中学校
西谷山一丁目 全域 鹿児島市立西谷山小学校 鹿児島市立谷山中学校
西谷山二丁目 1-19
20 鹿児島市立谷山小学校

交通[編集]

道路[編集]

県道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 谷山市誌 p.607
  2. ^ 谷山市誌 p.971
  3. ^ 愛の聖母園(愛の聖母園のあゆみ) - 愛の聖母園、2014年2月18日閲覧。
  4. ^ a b 農業試験場等の歴史 - 鹿児島県、2014年2月18日閲覧。
  5. ^ 谷山市誌 p.441
  6. ^ 谷山第二地区土地区画整理事業 - 鹿児島市、2014年2月18日閲覧。
  7. ^ 谷山文教・福祉地区 - 鹿児島市、2014年2月18日閲覧。
  8. ^ 本校は移転します(その2) - 鹿児島県立鹿児島盲学校、2014年2月18日閲覧。
  9. ^ 谷山第二地区(第一期)住居表示実施 - 鹿児島市、2014年2月17日閲覧。
  10. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2014年4月8日閲覧。

参考文献[編集]

座標: 北緯31度31分24秒 東経130度30分28秒