自由ケ丘 (鹿児島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 自由ケ丘
自由ケ丘
—  町丁  —
自由ケ丘の位置(鹿児島県内)
自由ケ丘
自由ケ丘
座標: 北緯31度32分27.1秒 東経130度30分45.8秒 / 北緯31.540861度 東経130.512722度 / 31.540861; 130.512722
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 谷山地域
地区 谷山北部地区
人口 (2010年(平成22年)2月末現在)
 - 計 2,636人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 891-0106

自由ケ丘(じゆうがおか Jiyūgaoka)は、鹿児島県鹿児島市町名。自由ケ丘一丁目及び自由ケ丘二丁目があり、全域で住居表示を実施している。郵便番号は891-0106。人口は2,636人、世帯数は1,076世帯(2010年2月末現在)[1]

地理[編集]

鹿児島市南部に所在している。全域が自由ケ丘団地として台地上に開発された新興住宅地である。町域の北方に中山、南方に清和、東方に東谷山、西方に中山町が接している。

町域全体が自由ケ丘団地として建設されたものであり、付近には中山バイパスがあり、ロードサイド店などが充実している。南方には谷山市街地がある。最寄りの鉄道駅は指宿枕崎線谷山駅鹿児島市電谷山線谷山電停である。

歴史[編集]

自由ケ丘一帯は山地と低湿地であり、地内にある牟田池は永田川の川跡であったとされ、周辺が低湿地となっていた。1968年昭和43年)より自由ケ丘団地として造成が開始された[2]

1990年平成2年)に中山町と上福元町の各一部より分割され自由ケ丘一丁目から自由ケ丘二丁目が成立した[3][4]

2001年平成13年)には自由ケ丘一丁目に上福元町の一部が編入された[5]

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
自由ケ丘一丁目及び自由ケ丘二丁目 1990年平成2年) 中山町の一部
上福元町の一部
自由ケ丘一丁目の一部 2001年平成13年) 上福元町の一部

施設[編集]

公共
  • 自由ケ丘一区公民館
  • 自由ケ丘二区公民館

世帯数・人口[編集]

世帯数・人口[表注 1]
世帯数 人口
自由ケ丘一丁目 528 1,323
自由ケ丘二丁目 548 1,313
1,076 2,636

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[6]

町丁 番・番地 小学校 中学校
自由ケ丘一丁目 1-26、28-36
27番1号 - 17号
鹿児島市立中山小学校 鹿児島市立谷山北中学校
自由ケ丘一丁目 27番18号 - 鹿児島市立清和小学校 鹿児島市立東谷山中学校
自由ケ丘二丁目 全域 鹿児島市立中山小学校 鹿児島市立谷山北中学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 『古地図に見る かごしまの町』 p.133 - 豊増哲雄、春苑堂出版 ISBN 4-915093-37-9
  3. ^ かごしま市民のひろば1990年 (平成2年2月号) 第273号 (PDF) - 鹿児島市(鹿児島市広報デジタルアーカイブ) 2012年4月13日閲覧。
  4. ^ 鹿児島市都市計画関連事業
  5. ^ かごしま市民のひろば2001年 (平成13年8月号) 第411号 (PDF) - 鹿児島市(鹿児島市広報デジタルアーカイブ) 2012年4月13日閲覧。
  6. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年7月29日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度32分27.1秒 東経130度30分45.8秒