井上密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上密

井上 密(いのうえ ひそか、慶応3年10月2日1867年10月28日) - 大正5年(1916年9月13日)は、日本法学者政治家。専門は憲法学

来歴・人物[編集]

上総国(現・千葉県)出身。独逸学校(獨逸学協会学校とは別)、第一高等中学校帝国大学法科大学出身。京都帝国大学法科大学教授、法科大学長(1909年)、京都法政学校教頭、財団法人立命館初代協議員を歴任。第4代京都市長(在任期間は1913年(大正2年)3月31日 - 1916年(大正5年)7月19日)。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  2. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  3. ^ 『官報』第813号「叙任及辞令」1915年4月21日。
  4. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。